スマホを家族で統一していない場合や格安SIMを利用している時のおすすめはenひかり

自宅で複数人でインターネット接続する場合、かつスマホを統一していない(または格安SIMを利用している)場合は、

  • 月額料金が非常に安い
  • 解約時に違約金が発生しない

という2つのメリットがあるenひかりがおすすめです。

enひかりの2つのメリットの詳細

enひかりは、株式会社縁人が提供する光コラボサービスの1つで、2017年にスタートました。

最大のメリットは最低利用期間がないこと

通常の光回線は契約期間を設定する代わりに割引というのが基本です。

そのため契約期間内に解約すると違約金がかかります。

光回線は通常2年縛りがあり、途中解約すると違約金がかかることを説明した図

しかしenひかりはいつ解約しても違約金はかかりません。

最低利用期間がないということは、自分の好きなタイミングで乗り換えや解約ができます。

業界最安値水準の月額料金

また、enひかりはとにかく月額料金が安いことが特徴的です。

料金プランは至ってシンプル。

以下の2つのみとなっています。

  • ファミリータイプ:月額4,300円
  • マンションタイプ:月額3,300円

ただ他社の戸建てタイプの料金と比較検証してみた結果、もっと安い光回線があるので、実際のところ「最安値」ではありません。

とはいえ他社は「にねん割」など一定の期間利用する前提で割引された料金であることを考えると、たしかに最安値水準といえるでしょう。

【ホームタイプ契約時の2年間の月額料金比較】

回線名月額料金工事費総支払額
(最初の2年間)
so-net auひかり3,500円
(工事費含む)
625円×60ヶ月
(実質無料)
84,000円
So-net光プラス3,980円
(工事費含む)
400円×60ヶ月
(実質無料)
95,520円
enひかり4,300円15,000円118,200円
NURO光4,743円実質無料113,832円
ドコモ光5,200円500円×36ヶ月136,800円
Softbank光5,200円400円×60ヶ月134,400円
OCN光5,100円500円×30カ月
+3,000円
134,400円
エキサイト光4,360円18,000円122,640円
ぷらら光4,800円600円×30カ月129,600円
楽天ひかり4,800円18,000円133,200円
フレッツ光(西日本)4,590円500円×30カ月
+3,000円
125,160円
フレッツ光(東日本)
公式へリンクします
5,380円500円×30カ月
+3,000円
144,120円
DMM光
※新規受付終了
4,820円現在キャンペーン
にて無料
115,680円

デメリットはお得なキャンペーンがないこと

デメリットを挙げるとすれば、enひかりにはお得なキャンペーンがないことです。

ドコモ光やソフトバンク光などは新規申し込みによってキャッシュバックがあったりしますが、enひかりにはそれがありません。

ただその分月額料金が安いことと、解約時に違約金が発生しないことが魅力です。

ソフトバンク光を契約してキャッシュバック3万円もらったところで、毎月の支払いが高くて違約金も支払っていたら全然特になりません・・・

現状では、

  • スマホを家族で統一していない
  • 格安SIMを利用している

という場合はenひかりがお得です。

公式ページはこちら

 

あまりインターネットを利用しないならモバイルWi-Fiも

家族が全体的にあまりインターネットを利用しない場合はモバイルWi-Fiでも十分なケースもあります。

  • ネットの利用はWEBページやSNSの閲覧がメイン
  • 動画を日常的に観ない
  • オンラインゲームをしない

という場合は家族利用であってもモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)で十分です。

最近のモバイルWi-Fiは大容量なので自宅用として十分おすすめできます。

モバイルWi-Fiはたくさんありますが、その中でも特におすすめな3機種を紹介します。

mugen WiFi(格安プラン)
どんなときもWiFi ルーター本体
項目格安プラン
月額料金ずっと3,280円
キャッシュバックなし
選べる機種G4
評価
月額料金★★★★★
非常に安い。最安級。
通信容量★★★☆☆
月間無制限、短期での制限明記なし
縛り期間★★★★☆
2年間、以降は縛りなし
対応エリア★★★★★
明記していないがソフトバンクが中心と思われる
会社の信頼性★★★☆☆
従業員数14名の小さい会社。

総合評価:

Mugen WiFiは驚くほど月額料金が安いのが特徴的です。

Mugen WiFiの月額料金ずっと変わらず3,280円は無制限WiFiの中でも最安級です。

対応エリアは明記されていませんが、ソフトバンクの電波をよく掴むのでソフトバンクメインのWiFiとなっている様子。

ソフトバンク回線はエリアが広いので対応エリアは◎です。

Mugen WiFiのデメリット

月額料金が非常に安く、契約期間も2年なので総合的におすすめしやすいポケットWi-Fiですが、1つデメリットがあります。

それは短期的な速度制限が明記されていないことと、会社の信頼性です。

「◯日間◯GB以上で制限」などが明記されていないので、いつ制限されるかわかりません。

ただ、現状ではネットの閲覧やSNSメインの利用の仕方で速度制限がされるという情報はないので、日常的な使い方であれば問題ありません。

契約期間に定めはありますが、2年以降は縛りがないですし、違約金も高額ではありませんので、安心して利用出来ます。

詳細ページ公式ページ

 

 

SPACE Wi-Fi
SPACEWiFi
項目格安プラン
月額料金ずっと3,680円
キャッシュバックなし
選べない機種ソフトバンクの801ZT
またはWiMAXのW05
評価
月額料金★★★★☆
かなり安い
通信容量★★★☆☆
月間無制限
ソフトバンク1日3GB
WiMAX3日間10GB
でそれぞれ制限
縛り期間★★★★★
縛りなし
※注意点の確認推奨
対応エリア★★☆☆☆
ソフトバンクかWiMAX
選べないため低評価
会社の信頼性★★★★☆
資本金3億円のIT不動産会社

総合評価:

SPACEWiFiは長期契約型のサービスではなく、レンタルWiFiの部類になります。

そのため契約期間の縛りはなく、すぐに解約しても違約金は発生しません。※ただし日割りはされません。

月額料金も比較的安価で現在最もおすすめ出来るWiFiの一つとなっています。

SPACE WiFiのデメリット

最大のデメリットは機種を選べないことです。

同じ回線同士の機種で選べないのならそれほどデメリットにはなりませんが、エリアが違ってくるWiMAXとソフトバンクで選べないので、結構問題が生じてきます。

ただ、多くはソフトバンクの機種が送られてくるということなので(あくまでネット上の口コミからの情報です)、ソフトバンクを想定して申込することをおすすめします。

ただ、必ずしもソフトバンクが送られてくるとも限らないので、やはり少々問題点であると言えます・・・

縛りなしのWiFiとしては「縛りなしWiFi」が有名ですが会社の規模、信頼性を比較するとこちらの方がおすすめできます。

SPACE WiFiを運営している会社は資本金3億円で、HPに役員などもしっかり紹介されているので安心できます。

詳細ページ公式ページ

 

どんなときもWiFi
項目格安プラン
月額料金1~24カ月:3,480円
25カ月目以降:3,980円
キャッシュバックなし
選べない機種D1
(Us2と同等)
評価
月額料金★★★☆☆
2年目以降はやや高め
通信容量★★☆☆☆
月間無制限、短期での制限明記なし
縛り期間★★★☆☆
2年間の自動更新
対応エリア★★★★★
明記していないがソフトバンクが中心と思われる
会社の信頼性★★☆☆☆
従業員約600人の中規模会社。
評判はよくない

総合評価:

どんなときもWiFiは無制限Wi-Fiとして最も知名度が高く利用者も多いです。

月額料金も比較的安く月間制限なし。2年縛りなので比較的縛りが緩いです。

どんなときもWiFi自体のネット上の評判は悪くないので、「安さ重視」というのであれば選んでも良いと思います。「安かろう悪かろう」です・・・

ただ「安さ重視」なら上述したMugen WiFiの方が安いのそちらを選んだ方が良いかなと・・・

詳細ページ公式ページ