Y!mobileの料金プランや特徴等

やさしくねっと.

無料通話がある格安スマホ、Y!mobileの料金プランや特徴を解説

 

ymobile

格安SIMの中でも最大手で、「ふてにゃん」のCMでも話題のY!mobile。最近は桐谷美玲ちゃんやあばれるくんが出ているCMも話題になっていますよね。

Softbankが運営しているので、格安SIMスマホ初心者の方や、良く解らないけど安いプランに入りたい!という方に人気。

ネットでの購入のみが多い格安SIMですが、Y!mobileは店頭販売も多く、専門のストアも次々にオープンしています。

そんなY!mobileのプランや特徴についてご紹介します。

Y!mobileのスマホプラン

273114d404d28ed4982b0d9e30ea065b_s

Y!mobile にはスマホプランの他にもガラケー向けのケータイプランやタブレット向けのタブレットプランなどがあります。

ここではiPhoneやスマートフォンに対応している、スマホプランについてご紹介します。

プラン名データ容量月額料金(税抜)
スマホプランS1GB2,980円
スマホプランM3GB3,980円
スマホプランL7GB5,980円

通話は基本料金に組み込まれており、他社携帯や固定電話などの電話先でも、月300回までなら10分以内の通話が0円です。

Y!mobileのスマホセットプラン

Y!mobileはソフトバンクが運営しているということもあり、iPhoneのセット販売があります。他にも多数の人気スマホとのセット販売があります。

Y!mobile製品ページ

24回の分割払いと一括払いが選択でき、主な機種の金額は以下の表の通りとなります。

機種名24回払い一括払い
iphone5S(16G)2,268円54,432円
iphone5S(32G)2,700円64,800円
AQUOS CRYSTAL Y2(SHARP)2,052円49,248円
AQUOS Xx-Y(SHARP)2700円64,800円
Nexus 5X3348円80352円
LUMIERE(503HW / HUAWEI)1,080円25,920円
DIGNO C(404KC / 京セラ)1,296円31,104円

スマホセットの月額割引がお得!

スマホセットプランの最大の特徴となるのが、2年契約を結ぶことでプランによって割引を受けることが出来るという点です。

ドコモ・au・ソフトバンクなどでスマホを購入するときも2年契約で月額料金が割り引かれ、実質価格が下がることがありますよね。それと全く同じシステムが採用されています。

購入後は、契約の翌月から基本料金から24か月間割り引かれます。割引額は以下の通りです。

    • スマホプランS 毎月-1,080円
    • スマホプランM 毎月-1,620円
    • スマホプランL 毎月-1,944円


例えば、AQUOS CRYSTAL Y2をスマホプランMで24回分割払いで購入すると、

本体価格2,052円(税込)+スマホプランM月額使用料4,298円(税込)-月額割引1,620円(4,730円

2年間はこの価格で月々の運用が可能です。スマホ本体の価格は機種の金額やプランによって様々ですが、この割引を使うことで実質月々200円~1000円前後になります。

人気のiPhone5S(16GB)の場合は別途セット料金が設定されておりスマホプランSで月額2,980円、Mで3,980円、Lで5,980円となっています。

光とのセット割でさらに安くなる?

Y!mobileにはSoftbank光とのセットでさらに安くなる「光おトク割」というプランがあります。

softbank光の戸建プランに入っていれば、Y!mobile1回線につき月々500円割引

スマホ以外にタブレットやpocketwi-fiなど複数回線を申し込んだり、家族で使用している場合など、4回線以上持っていれば月々5,200円も割引されます。

他の格安SIMのサービスと比べても光とのセットでの割引額が高いので、すでにSoftbank光に入っている人や、これから入ろうと検討している方は、かなり安くスマホを持つことが出来ますね。

ソフトバンク光については下記ページをご参照ください。

ソフトバンク光ってどう!?月額料金や話題のスマート値引きを考察

オプションや独自のサービスでもっと使えるスマホに

格安SIMの中でもY!mobile は魅力的なオプションが沢山あります。

まずは通話し放題のオプション。「スーパーだれとでも定額」というオプションでは月々1,000円で国内通話が誰とでも時間問わず無料で通話し放題になります。

また、yahooと連携したサービスも特徴的です。

yahooアプリやスマホサイトにログインしたり、ヤフオクやYahoo!ショッピングでお買い物をすると『マイル』が貯まり、それに応じてデータの使用容量がアップします。

Y!mobileのプランは全体的にデータ使用容量が少なめですが、こういったサービスで補うことが出来ます。

yahooのコンテンツやショッピングサイトをよく使う、という人にはオススメですね。

Y!mobileの注意点

Y!mobileに限ったことではありませんが格安SIMを利用する際には、以下の3点に注意が必要です。

・通話し放題プランがない

・キャリアメール(@docomo~等)のメールアドレスが使えない

・ドコモショップ等の窓口がない

Y!mobile は通話し放題はオプションを付ければ選択でき、ワイモバイルショップがあるのでこの格安SIMの注意点には当てはまらない点があります。

その他格安スマホについてあまり詳しく解らないという方は下記ページをご参照ください。

知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリット

Y!mobileに関する注意点としては、様々な割引プランに関する契約事項をしっかりチェックしておくことです。

月額料金2,980円~のプランを紹介しましたが、このプランは2年間の契約を条件としたもの。2年以内に解約すると契約解除料金9,500円がかかります。

大手携帯会社と同じようなシステムなので、注意しておきましょう。

縛りの無いプランもありますが、月額料金はスマホプランSで5,480円となります。

他のプランも同様に2年契約のものとは3,000円ほど金額が違うので、個人的には2年契約で割引のあるプランに加入することをオススメします。

まとめ

Y!mobileは知名度も高く、運営会社も大手なので信頼できる格安スマホと言えますね。

窓口もまだ数は少ないですが、年々増えているのでサポートも充実しています。

回線はSoftbankのものと同じものが使われているので、現在Softbankのスマホを使っている人が多く移行しているようですので、Softbankからの乗り換えも良いでしょう。

特に現在Softbank光に入っている方・格安スマホは初めての方にオススメです。

通常のプランで10分以内の通話無料があるので通話料が高くなる心配もありません。

是非ご検討ください。

 

タグ : 

格安スマホ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。