WiMAX

Y!mobile(ワイモバイル)のポケットwi-fiとWiMAXのコスパ比較

持ち運びが出来るインターネット、モバイルルーターと言えばおそらくワイモバイル(旧イーモバイル)か、WiMAXを思い浮かべる人が多いかと思います。

どちらもモバイルルーター(ポケットWi-Fiとも呼ばれる)の先駆者で、特にLTEがなかった時代に重宝されてきました。

現在どちらも月間通信制限なしのプランがありモバイルルーターの双璧的存在です。モバイルルーターを選ぶ時は「WiMAX vs ワイモバイル」という構図ですね。

ちなみにポケットWi-Fiはワイモバイルの母体であるソフトバンクの商標。かつてはモバイルルーターと言えばイーモバイルのイメージが強かったので今でも持ち運びが出来るインターネット、モバイルルーターをポケットWi-Fiと呼ぶ人は多いようですね。

スマホのLTEが普及した今、モバイルルーターがそれほど重要でなくなったようにも思えますが、動画を見る機会の多くなった今は、制限のない快適な通信環境を求めてWiMAXやワイモバイルを使う人は多いです。

ねとみ
ねとみ
動画をたくさん見るならモバイルルーターは必須ですよね

 

というわけで本ページではモバイルルーターで最も人気のあるワイモバイルのポケットWi-FiとWiMAXではどちらがコスパが良いか?をまとめたいと思いますが、

結論から言うとWiMAXの方がお得です。キャッシュバック、月額割等のキャンペーンがあるだけでなく、解約条件もやさしいです。

ワイモバイルとWiMAXを比較する

さっそくワイモバイルとWiMAXを比較していきましょう。

ワイモバイルはネット使い放題の「Pocket WiFiプラン2」。

WiMAXは月額料金の安い「Broad WiMAX」「BIGLOBE WiMAX」の2種を選出しました。

どちらもキャッシュバックがあるプランもありますが、ワイモバイルがキャッシュバックを行っていないので月額料金割引キャンペーンプランで比較します。

WiMAX2種のプランも使い放題のギガ放題で比較します。

価格はすべて税別、キャンペーン適応価格としています。カッコ内はキャンペーン終了後の月額料金です。

プラン名 通信速度(下り) 月額料金
Pocket WiFiプラン2 最大612Mbps
(月間は無制限、3日間で約10GB以上で規制)
1~3ヶ月:3,696円
4ヶ月目以降4,380円
Broad WiMAX 最大758Mbps
(3日間で約10GB以上で規制)
1~2カ月:2,726円
3~24カ月:3,411円
25か月目以降4,011円
BIGLOBE WiMAX 1~2カ月:2,595円
3~24カ月:3,880円
25ヶ月目以降:4,380円

月額料金はBroad WiMAXが圧勝

最初の2ヶ月の料金はBIGLOBE WiMAXが安いですが、トータルではBroad WiMAXが段違いに安くなっています

次いで安いのがBIGLOBEのWiMAX。ワイモバイルのポケットWi-Fiはキャンペーン期間が終了したWiMAXと同じくらいの価格水準となっています。

WiMAXのキャンペーンがなければワイモバイルも検討しても良いと思うんですが、これだと価格面では明らかにWiMAXに軍配が上がりますね。

WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきことまとめ無線のインターネットとして人気のあるWiMAX。WiMAXはauショップ家電量販店等で販売され、そこから購入する人が多いです。 し...

長期的に使うならどれか?

契約から3年経って最初の契約月を過ぎると月額料金が上がります。

では5年、10年使おうと考えている場合はどれが得かというと、その場合でも最も安いのはBroad WiMAX(月額4,011円)となっています。

次いでBIGLOBEのWiMAX(4,380円)、ワイモバイル(4,380円)となります。3年以内でも、3年以降でもBroad WiMAXが一番お得です。

⇛ 業界最安級のBroad WiMAXのサイトを確認する

解除料金や解約条件を比較する

月額料金の次に気になるのが解約に関する条件、違約金ですよね。

こちらもそれぞれ表にまとめました。

プラン名 契約期間 解除料金等
Pocket WiFiプランL 3年で自動更新 9,500円
+機種代分割残額
Broad WiMAX 3年で自動更新 12ヶ月以内:19,000円
13~24ヶ月以内:14,000円
26ヶ月目以降:9,500円
BIGLOBE WiMAX 3年で自動更新

ワイモバイルのポケットWiFiはWiMAXと比べて違約金が安いように感じますがポケットWiFiは機器(モバイルルーター本体)を分割して購入するようになっているためその分割代金が払い終わっていないと残額を支払う必要があります

ワイモバイルのポケットWiFiは別途本体代を支払う必要はありませんが携帯電話のプランのように分割代金と同等の金額を割引しているという体裁を取っているため途中解約すると残額を支払わなければなりません。

ちなみにWiFIプラン2で使用する機種・601ZTは1,026円(税込)を36カ月の分割で支払うという形になっているので、契約期間を12カ月残して解約すると、解除料金9,500円に機種代金の残額10,260円が上乗せされ、19,760円が解約時に請求されます。

違約金はワイモバイルの方が厳しい

ワイモバイルは一見WiMAXと比べて違約金が安いように感じますが2年以内に解約すると機種代が掛かってしまうため実際は高くなる可能性があります。

WiMAXをちょうど1年で早期解約すると解約料は19,000円ですが、ワイモバイルの601ZTを1年で解約すると30,020円です。

契約更新月がワイモバイルの方が長い

契約期間はWiMAXもワイモバイルも3年で同じ。

ただワイモバイルは更新月(違約金が発生しない月)が2カ月あるのでその点においてはWiMAXよりも優しいと言えます。

WiMAXの更新月は1ヵ月間のみ。うっかり解約を忘れてしまうと解約料がかかるので注意が必要です。

対象エリアの比較

最後にそれぞれの対象エリアですが、どちらも人口カバー率90%を超えているためよほどの限界集落にでも住んでいない限りほぼエリアは対象内となるでしょう。

参考に関東地方エリアマップをで比較してみます。

・ワイモバイルの対象エリア

青が無制限高速通信エリア(アドバンスモードエリア)、赤が標準モード(LTE)のエリアです。

 

・WiMAXの対象エリア

WiMAXは最新規格であるWiMAX2+でもエリアがかなり広いので安心して使えそうです。

ただ、WiMAXはワイモバイルの標準モード(LTE)ほどエリアが広いわけではないので過疎地域等で全く繋がらなくなってしまう恐れもあります。※WiMAXもオプションでLTEを導入することは出来ます。

まとめ・総評

これまでワイモバイルとWiMAXを比較してきましたが、以上をまとめると、

  • 月額料金はWiMAXが安い
  • 通信速度はWiMAXが速い
  • WiMAXはキャッシュバックがある場合もある
  • 解除料金はワイモバイルの方が厳しい
  • 更新月はワイモバイルの方が長い
  • エリアはLTEが標準で使えるワイモバイルの方が有利だがLTEは制限がある

となります。

総合的にWiMAXの方が買いであると言えますね。

WiMAXはまだまだユーザー数を伸ばしていて満足度も非常に高いサービスです。

是非ご検討ください。

⇒業界最安級のBroadWiMAXのキャンペーンを見てみる

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。