ポケットWi-Fiとワイマックスの比較

やさしくねっと.

Y!mobile(ワイモバイル)のポケットwi-fiとWiMAXのコスパ比較

 

持ち運びが出来るインターネット、モバイルルーターと言えばおそらくワイモバイル(旧イーモバイル)か、WiMAXを思い浮かべる人が多いかと思います。

どちらもモバイルルーター(ポケットWi-Fiとも呼ばれる)の先駆者で、特にLTEがなかった時代に重宝されてきました。

現在どちらも月間通信制限なしのプランがありモバイルルーターの双璧的存在です。

ちなみにポケットWi-Fiはイーモバイル(現在社名が変わりワイモバイルになっています)の商標で、モバイルルーターと言えばイーモバイルのPoketWi-Fiのイメージが強かったので今でも持ち運びが出来るインターネット、モバイルルーターをポケットWi-Fiと呼ぶ人は多いようですね。

スマホのLTEが普及した今、モバイルルーターがそれほど重要でなくなったようにも思えますが反面スマホやタブレットなどのスマートデバイスが普及したことによりまだまだ利用者は多いです。

本ページに訪れた人もモバイルルーターを求めている人、興味がある人だろうと思います。

というわけで本ページではモバイルルーターで最も人気のあるワイモバイルのポケットWi-FiとWiMAXではどちらがコスパが良いか

をまとめたいと思いますが、結論から言うとキャンペーン(キャッシュバック、月額割等)があるWiMAXの方がお得感があるように思います。

 

ワイモバイルとWiMAXを比較する

さっそくワイモバイルとWiMAXを比較していきましょう。

ワイモバイルはネット使い放題の「Pocket WiFiプランL」。

WiMAXは月額料金の安い「So-netのWiMAX」「GMOのペパボワイマックス」の2種を選出しました。

どちらもキャッシュバックがあるプランもありますが、ワイモバイルがキャッシュバックを行っていないので月額料金割引キャンペーンプランで比較します。

WiMAX2種のプランも使い放題のギガ放題で比較します。

価格はすべて税別、キャンペーン適応価格としています。カッコ内はキャンペーン終了後の月額料金です。

プラン名通信速度(下り)月額料金
Pocket WiFiプランLAXGPは最大187.5Mbps

(月間は無制限、3日間で約10GB以上で規制)
4,380円
so-net WiMAX最大440Mbps
(3日間で約10GB以上で規制)
1~2カ月:2,480円
3~24カ月:3,280円
25か月目以降:4,179円
GMO WiMAX最大440Mbps
(3日間で約10GB以上で規制)
1~2カ月:3,609円
3カ月目以降:4,263円

ワイモバイルの通信速度は最大187.5MbpsのAXGP(無制限)と最大37.5Mbsの標準モード(7GB以上で制限)の二種類の回線があります。

AXGPは無制限(速度制限を施す可能性もありとのこと)で速度も速いので便利ですがエリアが狭いので標準モードと行き来しながら使うような感じになりそうです。

※エリアに関しては後述。

月額料金はso-netのWiMAXが圧勝

調査時のキャンペーンが特別に割引額が大きいのかもしれませんが、so-netが段違いに安くなっています

次いで安いのがGMOペパボのWiMAXですが、2ヶ月の割引なので正直たいして変わりはないですね。

ワイモバイルのポケットWi-Fiはキャンペーン期間が終了したWiMAXと同じくらいの価格水準となっています。

WiMAXのキャンペーンがなければワイモバイルも検討しても良いと思うんですが、これだと価格面では明らかにWiMAXに軍配が上がりますね。

参考記事:WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきこと

長期的に使うならどれか?

キャンペーンで最初の金額を下げて最初の契約月を超えると月額料金が上がります。

では5年、10年使おうと考えている場合はどれが得かというと、その場合最も安いのはso-netのWiMAX(月額4,179円)となっています。

次いでGMOのWiMAX、ワイモバイルのプランLは4,880円と少し割高のように感じます。

解除料金や解約条件を比較する

月額料金の次に気になるのが解約に関する条件、違約金ですよね。

こちらもそれぞれ表にまとめました。

プラン名契約期間解除料金等
Pocket WiFiプランL3年で自動更新9,500円
+機種代分割残額
so-net WiMAX2年で自動更新12ヶ月以内:19,000円
13~24ヶ月以内:14,000円
26ヶ月目以降:9,500円
GMO WiMAX2年で自動更新

ワイモバイルのポケットWiFiはWiMAXと比べて違約金が安いように感じますがポケットWiFiは機器(モバイルルーター本体)を分割して購入するようになっているためその分割代金が払い終わっていないと残額を支払う必要があります

ワイモバイルのポケットWiFiは別途本体代を支払う必要はありませんが携帯電話のプランのように分割代金と同等の金額を割引しているという体裁を取っているため途中解約すると残額を支払わなければなりません。

ちなみにWiFIプランLで使用する機種、305ZTは1,750円(税込)を24カ月の分割で支払うという形になっているので早期に解約して支払い残額が10カ月残っていると17,500円が解除料金に上乗せされます。

違約金、解約条件はワイモバイルの方が厳しい

ワイモバイルは一見WiMAXと比べて違約金が安いように感じますが2年以内に解約すると機種代が掛かってしまうため実際は高くなる可能性があります。

契約期間もWiMAXは2年ですがワイモバイルは3年なので解約月までが長いです。ただその分ワイモバイルの更新月(違約金が発生しない月)が2カ月間あるのでその点においてはWiMAXよりも優しいと言えます(WiMAXの更新月は1ヵ月間)。

対象エリアの比較

最後にそれぞれの対象エリアですが、どちらも人口カバー率90%を超えているためよほどの限界集落にでも住んでいない限りほぼエリアは対象内となるでしょう。

ワイモバイルのAXGP(無制限高速通信)エリアはまだまだカバーしきれていないところがあります。

参考に関東地方エリアマップをで比較してみます。

・ワイモバイルの対象エリア

青が無制限高速通信エリア、赤が標準モード(LTE)のエリアです。

 

・WiMAXの対象エリア

WiMAXは最新規格であるWiMAX2でもエリアがかなり広いので安心して使えそうです。

ただ、WiMAXはワイモバイルの標準モード(LTE)ほどエリアが広いわけではないので過疎地域等で全く繋がらなくなってしまう恐れもあります。※WiMAXもオプションでLTEを導入することは出来ます。

まとめ・総評

これまでワイモバイルとWiMAXを比較してきましたが、以上をまとめると、

    • 月額料金はWiMAXが安い
    • 通信速度はWiMAXが速い
    • WiMAXはキャッシュバックがある場合もある
    • 解除料金、縛りの条件はワイモバイルの方が厳しい
    • エリアはLTEが標準で使えるワイモバイルの方が有利だがLTEは制限がある

となります。

とすると、総合的にWiMAXの方が買いであると言えますね。

WiMAXはまだまだユーザー数を伸ばしていて満足度も非常に高いサービスです。

是非ご検討ください。

特にso-netはキャンペーンの割引が格段にお得なのでおすすめです。キャッシュバックプラン(約2万円)も選べます。

⇒So-net モバイル WiMAX 2+公式サイトはこちら

 

タグ : 

WiMAX    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。