ワイモバイルの光セット割はお得?

やさしくねっと.

ソフトバンク光とワイモバイルのセット割引は本当にお得か

 

2017年4月11日から、のワイモバイルの携帯とソフトバンク光の回線を契約している人向けの新しい割引プラン「光セット割」がリリースされました。

携帯と固定回線の割引は、ソフトバンク光の「おうち割」や、auひかりの「auスマートバリュー」などがありますが、割引はあるものの、そもそもの携帯料金が高いというのが悩みどころでした。

ワイモバイルとはそれら大手キャリアと比べ月額料金が安く「光セット割」が適用されると非常にお得に利用できます。

本記事では、光セット割は本当にお得なのか?また、どのくらいお得なのかを説明します。

既にソフトバンク光、またはワイモバイルを契約している人は、ぜひご自身の月額料金と比較してみてください。

ワイモバイルの光セット割とはどんなもの?

ワイモバイルのスマホとソフトバンク光(またはソフトバンクエアー・Yahoo!BB光シティ)をセットで契約すると、ワイモバイルの月々の料金が割引されるというサービスです。

既にスマホを利用している方も、これから新規契約したり乗り換えたりする人も申し込めば割引が受けられます。

光セット割の条件

光セット割を適応させるには以下の条件を満たしている必要があります。

 対象料金プラン
スマホ回線スマホプラン(タイプ1、タイプ2)、データプランL、Pocket WiFiプラン2
固定回線Softbank Air
SoftBank 光 自動更新ありプラン
Yahoo! BB 光シティ

また、ソフトバンク光の場合は、指定されたオプションに加入する必要があります。加入しなければならないオプションは以下のとおりです。

・光BBユニット
・Wi-FiマルチパックorWi-Fi地デジパック
・ホワイト光でんわ、BBフォンまたはひかり電話BBフォン

これらのオプションは「基本パック(N)」として500円で加入することが可能です。

光セット割の値引額

セット割が適応されるとスマートフォンの月額料金が割引されます。セット割の値引き額は以下のとおりです。

対象サービス
対象プラン
割引額
ソフトバンク光
SoftBank Air
スマホプランS500円
スマホプランM700円
スマホプランL1000円
データプランL
Pocket WiFiプラン2
500円

ワイモバイルでは現在スマホプランでワンキュッパ割という契約から1年間1,000円が割り引かれるキャンペーンが行われています。そこからさらに光セット割が適応されると、それぞれのプランでは最初の1年間で以下のような月額料金になります。

・スマホプランS…2G:月額1,480円(2年目以降2,480円)
・スマホプランM…6G:月額2,280円(2年目以降3,280円)
・スマホプランL…14G:月額3,980円(2年目以降4,980円)

また、家族でワイモバイルを契約していたり、1人で2台以上持っているという場合は最大10回線まで割引が適応されます。例えば家族4人がスマホプランMでワイモバイルを契約している場合なら、1人あたり700円×4人で月々2,800円割引になります。

おうち割とどっちがお得なの?

ワイモバイルではなく、ソフトバンクの携帯とのセットで適応される「おうち割」との比較をしてみました。

おうち割はソフトバンク携帯とソフトバンク光をセットで加入することで適応される割引です。最大で毎月2,000円が割り引かれます。プランごとの値引き額は以下のとおりです。

対象機種対象サービス24カ月25カ月目以降
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額 5GB1,522円1,008円
データ定額 20GB 1,522円1,008円
データ定額 30GB 2,000円1,008円
スマ放題データ定額ミニ
(1/2GB)
500円500円
データ定額
(3G ケータイ)
500円500円
ホワイトプラン指定のパケット
サービス
最大1,522円最大1,008円
( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE500円500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G500円500円
4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+(ポケットWi-Fi)1,522円1,008円

ワイモバイルは500円~1,000円という値引き額なので、1,500円や2,000円も値引きされるおうち割の方が一見お得に見えます。しかし、元々の携帯料金を比較するとワイモバイルの方が圧倒的に低価格です。

例えばワイモバイルのスマホプランM(6G)とソフトバンクのスマ放題のデータ定額5GBを比べてみましょう。

・ワイモバイルスマホプランM…月額2,280円(2年目以降3,280円)
データ通信容量6GB 10分以内の通話が無制限で無料 Yahoo!プレミアム

・ソフトバンクデータ定額5GB…月額6,588円(3年目以降7,992円)
データ通信容量5GB 通話し放題

このように、ソフトバンクのスマホ料金は元々が高額なので値引き額が大きくても比較するとワイモバイルの方が安くなります。ワイモバイルでは通話し放題が10分以内の通話に限定されますが、長電話をしない、電話はあまり使用しないという場合はワイモバイルを選んだほうがお得です。

申し込み特典でお得な今がチャンス

今なら、光セット割の申し込み特典があります。

光セット割は本来、回線が開通しないと割引が適応されません。この特典では、ソフトバンク光を新規契約する人を対象に、申し込みをした翌月の利用分かあら開通するまでの間の最大5か月間、割引が適応されます。値引き額は光セット割と同額です。

つまり申し込みをすれば開通するまでに時間がかかってしまったとしても、ちゃんとスマホの料金が値引きされるというキャンペーンになります。

(参考:http://www.ymobile.jp/corporate/open/agreement/pdf/hikarisetwari2.pdf)

まとめ:ワイモバイルユーザーなら加入しよう!

ワイモバイルの光セット割も、ソフトバンク光のおうち割も、値引き額はさほど変わりません。どちらかと言えば、ソフトバンク光の方が値引き額は大きいです。

しかし元々の携帯料金がワイモバイルの方が圧倒的に低価格なので、割引が適応されれば更にお安く、お得にスマートフォンとネット回線を運用できます。

現在ワイモバイルを契約していて、ソフトバンク光に加入していない場合は上記でご紹介したキャンペーンもあるので特にオススメです。

 

光回線 ソフトバンク光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。