ワイモバイル

ワイモバイルの家族割は格安SIMで最強!一番お得に使う方法を解説

大手キャリアにもある「家族割」が使える格安SIMブランドはたくさんありますが、中でもワイモバイルの家族割は格安SIMで最強と言われているほどお得な割引サービスです。

家族で使う場合はもちろん、自分で複数台を使う場合にもオススメです。

本ページではワイモバイルの家族割について詳しくご紹介。一番お得に活用する方法を解説していきます。

家族でスマホを持ちたいけど、安く持つ方法を探しているという方や1人で複数台契約したいからお得な方法を探しているという方はチェックしてくださいね。

ワイモバイルの家族割とは?

ワイモバイルの家族割は毎月500円割引になります。

例えば1,980円のスマホプランSなら毎月1,480円で使用することが可能になります。

家族割は割引期間が決まっておらず、ずっと割引され続けます。

スマホプランが2台目から500円引きに

例えば高校生と中学生の子供を持つ家族4人でスマホを持った場合は、以下のような金額になります。

  • お父さん(主回線)…スマホプランM:2,980円
  • お母さん…スマホプランS:1,980円→1,480円
  • 16歳:子…スマホプランM:2,980円→2,480円
  • 14歳:子…スマホプランL:4,980円→4,480円
  • 合計…12,920円→11,420円

全員がスマホの場合は4人家族なら毎月1,500円もお得です。

1,500円と聞くとそこまで大きなインパクトはないかもしれません。

しかし、格安SIMはそもそもの値段が安く、他社格安SIM会社の家族割は数十円程度。

そこまで加味すると、ワイモバイルの家族割が破格の割引だということがよくわかります。

家族全員のスマホ料金を抑えたいなら全員で乗り換えて家族割に加入することをオススメします。

家族割の条件

家族割が適応される条件は以下のとおりです。

  • 2台目以降であること
  • 主回線をのぞいて9回線まで
  • 同姓であるか、もしくは同じ住所であること

家族であることを証明するために、申し込み時には「家族確認書類」が必要になります。

家族確認書類とは家族、または同姓もしくは同住所であることが確認できる、それぞれの運転免許証やパスポートなどのこと。

そのほか住民票記載事項証明書、在留カード(旧 外国人登録証明書)+外国パスポートなどでもOK。

どんな書類が必要になるのかは以下のページに詳しく記載されています。

家族割に必要な確認書類について

基本的にはそれぞれの家族の免許証や学生証などがあれば問題ありません。

同性のパートナーである場合でも「同性とのパートナーシップを証明する書類」があれば受け付け可能になっています。

また、同一名義であっても家族割を適応させることができます。

家族割内でも請求は分けられる

家族割を申し込むと、「家族割引グループ」に追加されます。

同じグループになっていても、請求先を分けることは可能です。

例えば子供の分は子供が自分のお給料で支払うという場合や、同一世帯でも2世帯で請求先は分けたいという場合でもOKということになります。

2台目以降の手続きはオンラインでも可能

公式サイトのQ&Aでは申し込み方法はワイモバイルショップで行うと掲載されていますが、実は契約と一緒に家族割を申し込む場合はオンラインからでも可能となっています。

店舗が近くにないという方や忙しくてなかなか行けない人でも申し込みが出来るので便利ですね。

オンラインでの手続き方法はいたって簡単。

「家族のスマホまとめてキャンペーン」を行っていますので、このキャンペーンのページから申し込めば自動的に家族割が適応されることになります。

通常通り本人確認書類をスマホやカメラで撮影してアップロードするなどしてオンラインで手続きをすればOKです。

契約後に家族割を適応させることもできるのですが、その場合はワイモバイルのショップに出向いて本人確認書類や家族割同意書の用意をする必要があるので少し手間がかかります。

そのためこれから契約を検討している方は、家族のスマホまとめてキャンペーンのページから申し込んで、契約と同時に手続きすることをオススメします。

家族のスマホまとめてキャンペーン

上記でご紹介した「家族のスマホまとめてキャンペーン」は2台目以降のスマホの申し込みと家族割の申し込みを行うと受けられるキャッシュバックキャンペーンです。

5,000円還元してもらえる高額キャンペーンなので家族割の加入を検討している方は絶対にチェックしておきましょう!

契約と同時申込みなら事務手数料が無料に

契約と同時に家族割を申し込む場合はオンラインで手続きが可能だとご紹介しましたが、実は事務手数料が無料になるというメリットもあります。

契約後に家族割に加入した場合は事務手数料が無料になることはありません。

新しくワイモバイルを契約して家族割に入りたいと考えているなら、オンラインで手続きすればキャッシュバックも受けられて事務手数料も無料になり、総額約8,000円もお得になります。

まとめ

ワイモバイルは家族割に力を入れているので、家族全員でワイモバイルに乗り換えている人も増えています。

大手キャリアでそろえると家族4人で4万以上かかることもある携帯料金が、4人で1万円程度になれば大幅な節約になりますよね。

さらに家族割を適応させればもっとお得になりますし、キャンペーンを利用すればキャッシュバックでお金も貰えてさらにお得です!

ワイモバイルショップではキャンペーンを実施していない場合もあるようですし、事務手数料もかかってしまいます。

確実にキャンペーンが受けられて手数料もかからないオンラインからの申し込みがオススメなので家族割を検討している方はキャンペーンページをチェックしておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください