ワイヤレスゲートの料金やプランについて

やさしくねっと.

最安プランは月額480円!ワイヤレスゲートの料金やプランについて解説

 

ワイヤレスゲート

安い無制限プランが使えることで話題のワイヤレスゲート。無線LANスポットの使い放題など、データを多く利用する方に注目されています。SIMサービスのプラン内容や料金について解説します。

ちなみにワイヤレスゲートは法人向けのWi-Fi環境の構築や個人向けにWiMAXやデータ通信サービスなどを提供している会社です。

 

スポンサーリンク



ワイヤレスゲートの基本料金プラン

データ通信専用SIMと音声通話対応SIMの2種類があります。今までは色々なプランがありましたが、2016年3月にリニューアルし、より充実したプランを厳選して提供しています。

※データ通信専用SIMプラン

プラン名データのみSMS付き
Fonプレミアムプラン1,556円1,741円
480円プラン445円584円

※音声通話付きプラン

プラン名月額料金
音声+Fonプレミアムプラン2,980円

SMSは国内送信3円(税込)/1通、海外送信50円(非課税)/1通。国内通話は20円(税抜)/30秒、テレビ電話などは36円(税抜)/30秒となります。

SIMカードのパッケージ代金は3000円です。

どのプランも通信制限は設けられておらず、無制限でデータ通信が出来ます。ただし標準的な通信速度が480円プランで250kbpsFonプレミアムプランで最大で3Mbpsとなっています。ドコモのxi・FOMAネットワークを使った通信が可能ですが他社が採用しているLTEに比べて通信速度は遅いです。

スマホセットは販売されておらず、SIMカードのみの販売となります。

豊富なWiFiスポットが利用できる

ワイヤレスゲートのSIMの最大の特徴は、様々なWiFiスポットが利用できるという点です。利用できるのは、以下のWiFiスポットとなります。

    • BBモバイルポイント
    • eoモバイルWiFi
    • Wi2
    • ワイヤレスゲートWiFi
    • Fon(Fonプレミアムプランのみ)

Fonは国内のみならず、海外も含めると全世界で約1900万カ所で使えます。仕事などで海外でもデータを利用する方や、よく利用する施設にWiFiスポットがある方などにとっては、非常に便利です。

安い価格で利用できるので、固定回線が不要になる可能性もありますね。

プレミアムプランと480円プラン、どちらが使える?

プレミアムプランの場合は3Mbpsが無制限で使えますが、実際にはそこまでの速度が出ていないという声もあります。

 

午前中やお昼など回線が比較的込み合っていない時間帯であれば問題なく使える場合も多いようですが、夜間の通信や動画観覧をする際に遅いと感じる方が多いようです。海外利用が多い方やFonのWiFiスポットを利用したい場合はオススメ。

一方480円プランは高速通信が出来ません。動画などはほとんど見ることが出来ませんが、メールやLINEなどであれば使えます。

ただしLINEの通話は通信が遅く利用できないという声もありました。

250kbpsでは最近の高画質画像の読み込みも遅くなってしまうので480円プランはメールやLINE、チャット専用として使った方がよさそうです。

2つのプランでは現在圧倒的に480円プランの方が人気があります。自宅でWiFiが使える方や、普段よく過ごす場所や施設に使えるWiFiスポットがあるなら動画観覧やアプリのダウンロードなどの重い通信も問題なく利用できます。

楽天モバイルやDMMmobileなど同様のサービスを提供しているSIMと比べても安いので、低速通信使い放題のSIMを検討している方にはワイヤレスゲートがオススメです。

ヨドバシカメラのショップで購入可能

ワイヤレスゲートのSIMは、ヨドバシカメラのネットショップ「ヨドバシ・ドット・コム」とヨドバシカメラの店頭(一部取扱いがない店舗もあります)で販売しています。

他社のSIMやSIMフリースマートフォンも多数取り扱っているので、比較して検討したい方やスマホも一緒に購入したい方はネットショップまたは店頭をチェックしてみると良いですね。

Fonルーターが貰えるキャンペーン

現在SIMカードを購入するとFonルーター「Fonera mini」が無料で貰えるキャンペーンが行われています。

購入すると5,000円前後のルーターなのでとてもお得。1万名限定となっているので、既に数が少なくなっていますが、2016年6月の時点では、ヨドバシ・ドット・コムでルーターとセットのSIMカードが注文可能になっています。

このルーターがあれば、Fonプレミアムプランに入らなくても世界中のFonWiFiスポットが利用できるようになります。

Fonルーター公式サイトはこちら

ワイヤレスゲートの注意点

ワイヤレスゲートに限らず格安SIMを利用する際には、以下の3点に注意が必要です。

    • 通話し放題プランがない
    • キャリアメール(@docomo~等)のメールアドレスが使えない
    • ドコモショップ等の窓口がない


その他格安スマホについてあまり詳しく解らないという方は下記ページをご参照ください。

知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリット

解約金は0円ですが、契約後に他社へMNP転出する際には、12か月目までなら11,000円13か月目以降なら3,000円の転出手数料が必要になります。

音声通話プランを契約後すぐに解約すると費用がかかるので、契約の際は注意しておきましょう。データ通信プランの場合は、解約金は発生しません。

ワイヤレスゲートは店頭販売もあり、サポートも受けられますが、あくまでも購入時のサポートに限られています。ドコモ、au、Softbank等3大キャリアの窓口のようなサービスは受けられません。

利用する際はある程度自分で調べて手続き等を行う必要があります。

まとめ

通信速度に問題があると言われているワイヤレスゲートですが、メールのチェックなどができれば良い、動画観覧などの重い通信はWiFiで行うから問題ないという方にとっては、480円プランが他社と比べても最も安く運用できるSIMカードとなっています。

    • 2台持ち
    • 色々な格安SIMを端末によって使い分けしている
    • サイト観覧などもあまりしないライトユーザー
    • 一番安いプランを試してみたい

という方にはオススメです。1台で運用する方や格安SIM初心者の方は、通信速度が安定している他社のSIMも検討してみてください。

 

スポンサーリンク



 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。