windowsPhone

やさしくねっと.

久しぶりに再登場。wiodows Phoneは流行るのか

 

マドスマ

マウスコンピュータからwindows8.1が搭載されたスマホ、「MADOSMA Q501」が発売されるらしいです。

発売日は6月18日。予約受付中ですw

マドスマ

MADOSMA

世界とつながる、進化する「Windows Phone 8.1 Update」搭載

 

マウスコンピュータってまあ普通に生活していたら知らない人も多いかもしれませんが、一般的にはゲーミングパソコンやビジネスパソコン等で知られている国内のメーカーです。どちらかというとハイスペックを求めるユーザー向けなイメージ。

そのマウスコンピューターがついにスマホに着手しました。実は私としてはwin8.1のスマホよりそれを出したのがマウスコンピュータって方が驚きです。

スポンサーリンク

まるでダメだったwindows Phone

知っている人は知っていることですがwindows Phoneが発売されるのはこれが初めてではありません。

実は国内で初めてwindowsが搭載された端末が登場したのは2011年11月でまだ「スマホ」という言葉が誕生してまだ間もない頃です。

ちなみに国内では富士通製の端末をKDDIを発売したそれっきり。しばらくwindows Phoneは眠っていました。

まあキツイですよね。

日本では当時も今もiPhoneが売れまくっているし(iPhone4が発売されたのが2010年)、Androidを販促するメーカーも多かったわけです。

それに当時はまだまだガラケー支持者も多かったので選択肢が多かった。windowsのスマホがあったなんて知らないって人もおおいんじゃないかなと思います。

そんな感じでいつの間にか忘れ去られていたwindows Phone、通称「MADOSMA」が今月中ごろに登場します。

今気づいたんですがウインドウだから窓なんですね。窓スマ。

MADOSMAのスペック

画面サイズは5インチなので今のスマホの主流サイズですね。正直もう少し小さい方が自分は好きなんだけど、まあwindowsが入っていると考えれば最低これくらいは欲しいところか。

もちろん全面、背面ともにカメラは搭載。画素数は800万画素とローエンドモデルレベル。

CPUは詳細は分かりませんが64bitのクアッドコアなのでまあ快適に使えるのではないかなと思います。メモリは1GB。

記録装置は内蔵が8GBでmicroSDカードのスロットがあるらしい。どちらかというとAndroid端末に似ていますね全体的に。

ただ、ちょっと驚いたのが価格。

税込33,800円と以外と安い。これくらいなら試しに買ってもいいかなって人(とってもちょっと変わった人)が結構いるんじゃないかなあと思います。

スペックが控えめなのはどうやら価格を抑えるためのようですね。賢明です。VAIO Phoneもせめてこれくらいの価格帯ならもっと売れていたんじゃないかと思う。

というわけでどうよ?

5年前とは違い、今から新しく携帯を買う人はだいたいがスマホです。ガラケーはかなり少数派になってきました。

そして今回のMADOSMAはみんなが使っているwindows8.1がそのまま入っているため抵抗なく使いやすいです。価格も安い。

と、考えると結構売れそうだなと密かに予測しています。

まあIPhone&Androidにどれだけ差別化出来るかってところが鍵ですかね。後アプリが充実しないとダメでしょう。

そう言えばwindows8.1ってwindowsストアからアプリをダウンロードすることが出来るんですが、これどれくらいの人が使っているんでしょうかね?

すでに地盤が固まっているなら期待出来ますがどうもそんな風には見えない。

気になる方は公式サイトから詳細をご覧ください。

<窓>とあなたが、もっとつながる。 Windows OS搭載スマートフォン「MADOSMA」 | BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューター

 

 

スポンサーリンク

 

タグ : 

トレンド    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。