WiMAX

Y!mobile(ワイモバイル)のポケットWi-Fiはオススメか?サービスや評判について他社ルーターと徹底比較

ワイモバイルのポケットWiFiが利用料の安さで注目を集めています。

WiMAXをはじめ多くの会社が販売しているモバイルWi-Fiルーター。

契約を検討している人もどれを選んでいいのかわからない、というのが本音だと思います。

そこでこの記事では、「業界最安級」とうたっているワイモバイルのポケットWi-Fiはオススメできるのか?他社モバイルルーターと比較しながら解説していきます。

結論から言うと、基本的には他社(WiMAXなど)ルーターがオススメだが、場合によってはワイモバイルのポケットWi-Fiがオススメです。

なぜそうなのか、詳しく見ていきましょう。

ワイモバイルのポケットWiFiはどんなサービスか

ワイモバイルのポケットWiFiでは2つの機種(プラン)を出しています。

  • Pocket WiFi プラン2:高速データ通信容量7GBまで
  • Pocket WiFi プラン2 ライト:高速データ通信容量5GBまで

「Pocket WiFiプラン2」は通信容量が7GBまでのプランですが、アドバンスオプションを利用すると無制限でインターネットを利用できます。

下の表は、月間制限なしで利用できる「Pocket WiFiプラン2」にアドバンスオプションを加えたプランの詳細です。

比較項目 ワイモバイルのポケットWi-Fi
(603HW)
月額料金 1~3カ月目:3,696円
4カ月目以降:4,653円
(アドバンスオプション込み)
通信速度
(下り最大値)
612Mbps
通信制限 アドバンスドモードのみ月間制限なし
(3日間で約10GB以上で規制)
標準モードは月間7GB以上で規制
契約期間 3年

月間制限なしのプランはアドバンスモードのみ対応となっています。詳しくは後述しますが、アドバンスモードの対応エリアは限られています。

それ以外のエリアでは7GBの制限が掛かります。

ポケットWi-Fiのアドバンスモードとは?メリット、デメリットまで解説ワイモバイルのポケットWi-Fiには、アドバンスモードという通信モードがあります。 「無制限で使える」という特徴はありますが、実際...

 

ワイモバイルのポケットWi-Fiの特徴

  • 最速お申し込みの翌日からルーターが利用可能
  • 他のYahoo!サービスと相性が良い
  • 対応エリアが広い
  • Yahoo!プレミアムが無料になる

などがあげられます。

特に、翌日からルーターが使えるのは嬉しいメリットです。

自宅の固定回線と比較すると、工事なども必要なくスピーディーにインターネット接続が可能ですので、「今すぐにでも」と思っている人にはうってつけのサービスになります。

またソフトバンクやワイモバイルのスマホ利用者の場合、自動的にYahoo!プレミアム会員になっているので、月額料金が1216円も安くなる点も見逃せないポイントです。

メリットやデメリットをより詳しく知りたい方はこちらもご覧くださいね。

ワイモバイルのポケットWi-Fiはおすすめ出来る?メリットとデメリットをまとめる外出先でもインターネットを楽しむことができるポケットWi-Fiいいですよね。 各社からポケットWi-Fiはさまざまなものが販売され...

ワイモバイル ポケットWi-Fiのプラン、料金をどんなときもWiFiと比較

wimax2

次にそれぞれのプラン、エリア、サービス内容や違約金等を比較します。

ここでは、モバイルルーターの中でも人気のある「どんなときもWiFi」と比較してみましょう。

双方利用するにあたってモバイルルーター(画像のような機器)が必要ですがどちらも月額料金に組み込まれた形での販売となっています。

ワイモバイルのポケットWi-FiとどんなときもWiFiのプラン比較

それぞれのプランは下記の通り。どんなときもWiFiは料金の支払い方法によって月額料金が違います。

種別 プラン名・機種名 月額料 通信速度
(通信制限)
ワイモバイルのポケットWi-Fi
(603HW)
Pocket WiFi プラン2
603HW
1~3カ月目:3,696円
4カ月目以降:4,653円
(アドバンスオプション込み)
最大612Mbps
(3日間10GB)
どんなときもWiFi クレジット払い 1〜24ヶ月:3,480円
25ヶ月以降:3,980円
最大150Mbps
口座振替 1〜24ヶ月:3,980円
25ヶ月以降:4,410円

ご覧の通り通信制限のないプランであればどんなときもWiFiの方が基本的に安いです。

どんなときもWiFiの口座振替を選択すると、最初の1〜3ヶ月目はワイモバイルの方が安いですが、長期的にはどんなときもWiFiの方がお得です。

 

ワイモバイル ポケットWi-Fiのエリアはどうか

エリアについてはどうでしょうか。ここでは、モバイルルーターとして人気のあるどんなときもWiFiと比較しながら説明していきます。

根本的な話になりますが、ワイモバイルは提供してる会社がソフトバンクです。

つまりワイモバイルはソフトバンクを利用した回線速度とエリアになっています。

しかし、どんなときもWiFiはクラウドWi-Fiという仕組みを使ったサービスです。

どんなときもWiFiはドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線に対応しており、そのエリアの中で最も電波の強い回線を掴んで接続します。そのため、山間部など一部地域を除くと圏外になる心配がほぼありません。

通信速度は現時点(2019年8月)でワイモバイルのポケットWi-Fiは下り最大612Mbps、どんなときもWiFiが下り最大150Mbpsとなっています。

エリア(関東)は下画像の通り。

上がワイモバイルのポケットWi-Fi(ソフトバンク)、エリアも下がどんなときもWiFiのエリアです。

【ワイモバイルのエリア】

青い部分がアドバンスモード対応のエリアです。ワイモバイルの月間制限なしプランでは、この青い部分でしか無制限で使うことが出来ません。

アドバンスモード対応エリアは都市部であれば問題なく対応していますが、山間部などになると非対応となります。

それ以外のオレンジ色の部分は7GBまたは5GB通信制限が掛かるエリアです。

契約する際には利用エリアが対応しているかどうかの確認は必ずしましょう。

⇒自宅付近のエリアを見てみる

 

【どんなときもWiFiのエリア】

参考:auサービスエリア

赤色で塗られている部分が、auのLTE回線対応エリアです。先ほどの青いエリアに比べると圧倒的に利用できる場所が多いですね。

こちらのauのLTE回線対応エリアに、docomoとソフトバンクのエリアも加わります。

 

どちらも都市部や人口が集中している地域に関してはしっかりカバーしてくれています。

人口の少ない場所はエリアもまちまちなので、必ず確認してから契約するようにしましょう。

通信速度について

通信速度はワイモバイルが612Mbps、どんなときもWiFiが150Mbpsなので、数字だけみるとワイモバイルの方がよくみえます。

10Mbps以上の速度があれば快適にネットを使えるため、通信速度はどちらも十分あるといえますね。

ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるかネットを使うときに、気になるのが回線速度です。 「動画を見たり、ゲームをする場合は少しでも速い方がいい」とは分かっ...

エリアや速度に関しては目安なので、利用したいエリアで実際にどうなのか、を確かめてみるのが確実だと言えます。

契約期間と違約金について

前述した通りワイモバイルは1個3万円前後するモバイルルーターとのセットなので契約期間に縛りがあり、契約月以外、早期解約をすると違約金が発生します。

ワイモバイルのポケットWi-Fiの解除料金

ワイモバイルのポケットWi-Fiの場合、最初の解約月までの解除料金が非常に細かく設定されていて(違約金+モバイルルーター分割代金の残り)大まかに上げると下の表のようになります。

経過期間 モバイルルーター端末代金の残り
0か月 41,400円
6か月 34,500円
1年 27,600円
1年6カ月 20,700円
2年目 13,800円
3年目 0円

すぐに解約すると解約月以外で解約した場合の違約金9,500円+モバイルルーターの分割代金の残りを全部支払う必要があるので約5万円ほどの解除料金が掛かってしまうこともあります。

3年毎の自動更新のため契約から3年以上経っても解約月(商品到着から3年目の翌月)以外に解約すると必ず違約金(9,500円)が発生します。

知らずに契約して解約料金に驚く、、という声も多数みられます。契約前に確認しておきましょう。

どんなときもWiFiの解除料金

どんなときもWiFiの契約期間は2年で、解除料金は下記のようになります。

契約期間 解除料金
0~12カ月 19,000円
13~24カ月 14,000円
25カ月目 解除料なし
26カ月〜 9,500円

契約から25カ月目にが解約月となりその月に解約すると違約金は発生しません。

そこから3年間の自動更新となり、それ以降解約月以外で解約しようとすると必ず違約金(9,500円)が発生します。

ワイモバイルのポケットWi-Fiに比べて比較的解除料金が安いように思えますが、長期的に利用する場合はどちらも同じ違約金となっています。

しかし、どんなときもWiFiにはいつでも解約サポートというサービスがあります。契約してみて通信速度に満足がいかなかった場合は、希望に合った別のインターネット回線を紹介してもらうことも可能です。

紹介された回線に乗り換える場合は、違約金がかかりません。利用しているうちに回線速度に不満が出てきても、乗り換えが検討しやすいのはメリットですね。

どんなときもWiFiの評判やメリット・デメリットを解説!これはかなり良いかも!どんなときもWiFiをご存知ですか? どんなときもWiFiは2019年3月から始まった新しいサービスにも関わらず、 「どれだ...

総評

それぞれの特徴、比較結果をまとめる以下のようになります。

  • 通信速度はワイモバイルの方が速い
  • 回線のエリアは、クラウドWi-FiであるどんなときもWiFiの方が広い
  • 無制限プランは長期的にみるとどんなときもWiFiの方が安い

総合的にみると、どんなときもWiFiの方がオススメできる、という結論になります。

しかし、以下の場合はワイモバイルのポケットWi-Fiを検討する価値がありそうです。

  • すでにYahoo!プレミアム会員になっている
  • ゲームや動画視聴が多いため、速度を重視したい

ご自身の状況に合わせて、検討してみてください。

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください