WiMAX

WiMAXとsoftbankAirはどっちを選ぶべきか

インターネットの工事をせずにWi-Fiの設定も簡単に出来る手軽さで人気のあるWiMAX(ワイマックス)とSoftbank Air(ソフトバンクエアー)。

WiMAXは外出時も持ち運びが出来ることに対し、Softbank Airは自宅専用という違いがあります。

金額的には現在WiMAXの方が手頃な値段となっていますが、工事不要のインターネットを選ぶ際にどちらにすべきか悩みどころではあります。

というわけで上記二つの回線を比較することにしてみました。

先に結論から言うと、

  • 総合的にWiMAXが良い
  • ただしソフトバンクのスマホ利用者で自宅専用ならsoftbankairもあり

順番に比較してみましょう。

⇛BroadWiMAXの詳細を見る

⇛ソフトバンクエアーの詳細を見る

 

ざっくり比較すると下記の通りとなります。

比較項目 WiMAX Softbank air
月額料金 1~2カ月:2,726円
3~24カ月:3,411円
25カ月目以降:4,011円
1~12カ月:3,800円
13カ月目以降4,880円
キャンペーン 月額料金割引 キャッシュバックあり
通信速度 下り最大1.2Gbps 下り最大481Mbps
(一部エリア内962Mbps)
通信制限 3日間で10GB 制限明記なし
利用場所 屋内及び屋外 自宅専用
契約期間 3年 2年間

対象エリアの比較

まずは対象エリアから。

と言ってもどちらもよほど田舎の方でもない限り極端な差はなく地方都市はもちろん郊外でも十分エリア対象となっていることが多いです。

WiMAXのエリア

まずはWiMAXから見ていきます。

WiMAXのエリア確認はこちらから可能です。

下の画像は関東地方のエリアです。WiMAXは初代WiMAXと新しい方式のWiMAX2+でエリアが別れていますが関東地方の方では画像の通りどちらも多くの地域をカバーしています。

※ピンク色の範囲(画像上)がWIMAX2+、オレンジ色の範囲(画像下)が旧WiMAXの範囲です。

ウィマェリア

Softbank Airの対象エリア

Softbank Airはソフトバンクの関連会社であるWireless City Planning 株式会社が提供する通信網を利用しています。

そのため対象エリアの詳細はWireless City Planning 株式会社のホームページより確認が可能です。

固定回線なので利用場所がエリア対象外だった場合は契約することが出来ません。

下画像は関東地方の対象エリアです。

softbank airエリア

やはりこちらも人が住んでいるところはほぼ網羅していると言えます。

エリア比較結果

やはり持ち運び可能なWiMAXの方が圧倒的にエリアが広い印象です。

WiMAXは元々光回線等の有線ケーブルによるネット環境構築が難しい地方のための通信手段として注目された技術です。そのため地方の山間部であってもかなり電波が届きます。

一方でSoftbank Airはどちらかというと都市向きな印象です。関東地方はもちろん地方でもそれなりに人口のある地域なら問題ありませんが過疎地域では電波が入らないことが多いようです。

価格の比較

次に価格を比較します。

WiMAXについてはプロバイダが複数あったり、キャンペーンがあったり、プランもいろいろあったりで分かりにくいので最も月額料金が安く、人気のあるso-netの「WiMAX2+」を対象としします。

とした場合価格は下記の通りとなります。

種別 月額料金
Broad WiMAX 1~2カ月:2,726円
3~24カ月:3,411円
25カ月目以降:4,011円
SoftbankAir 1~12カ月:3,800円
13カ月目以降4,880円


※SoftbankAirはオプションなし、本体買い取りプランの価格を記載しています。

圧倒的にWiMAXの方が安いですね。

月額料金はWiMAXに軍配が上がる

上記比較表の通り、月額料金では3年間通してBroad WiMAXの方が安くなります。

SoftbankAirは現在35,000円のキャッシュバックがあります。それを考慮すると2年契約ではSoftbankAirの方が安く、3年契約ならSo-net WiMAXの方が安くなります。

月額料金が安い方がいい人はBroad WiMAXがおすすめ。

WiMAXはプロバイダや販売店によってさまざまな新規申し込みキャンペーンがあるのでWiMAXを検討している人は合わせて下記ページもご覧ください。

WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきことまとめ無線のインターネットとして人気のあるWiMAX。WiMAXはauショップ家電量販店等で販売され、そこから購入する人が多いです。 し...

双方スマホとのセット割がある

詳細はそれぞれ下記ページ、

工事不要の固定回線 softbank Airは買いなのか?料金比較、評判等をまとめる

WiMAXとは何か?メリットとデメリットを分かりやすく解説

を見て頂くと分かるのですが、それぞれsoftbankairならソフトバンクのスマホとセットで月額料金が安くなり、WiMAXはauのスマホとセットで安くなるという割引サービスを行っています。

なので現在お持ちのスマホのキャリアから選択するのも一つの手ですね。

Softbank air×ソフトバンクスマホで1000円、WiMAX×auスマホでこちらも1台につき1,000円ほど月額料金を割引することが出来ます。

通信速度の比較

次に通信速度の比較をします。

それぞれ下りの最大速度は下記の通りとなっています。

  • WiMAX – 1.2Gbps(最新機種W06の最大値) または最大758Mbps
  • softbankAir – 962Mbps(一部エリアの最大値)または最大481Mbps

WiMAXの方が通信速度は速いです。しかしあくまでベストエフォートなので実際はどちらもそれほど高速にはならないと思います。

使ってみないと分からないところがある

じゃあ実際どっちの方が速いの?安定してるの?

って疑問を抱くことだと思いますが、正直こればっかりは使ってみないと分からないという部分が大きいです。

ただ、一点言えることはWiMAXの方が電波が障害物に遮られやすいのでエリアが間違いなく入っている場所でもビルや山に電波が遮られて全然使えない状況になるということが少なからず起きているようです。

私も何年か前にWiMAXを利用していたことがあるんですが電波がかなりシビアな印象でした。少し場所が違っただけで入り方が全然違っていたり・・・

SoftbankAirの方は今のところそういった話を聞いたことないんですが、こちらもやはり快適に使えるという声とそうでない声が分かれており、やはり利用環境によって違ってくるとしか言えない部分があります。

ちなみに現在は自宅でSoftbankairを使っていますが特に電波が弱くて回線が安定しないといったことはありません。

softbank Airを契約してみたので設定方法の解説と速度等の感想を書く工事不要でモバイル回線を利用した固定回線という一風変わったインターネット、SoftbankAir。 月額料金が比較的安く、設定もほ...

WiMAXの速度制限について

WiMAXに関しては「3日間で10GB以上利用時」と明記があります。

  • 3日間で10GBを超えた場合、翌日のみ規制されます。
  • 規制時間は、夜6時から深夜2時頃までです。
  • 規制時の通信速度はおおむね1Mbps程度のため、YouTube視聴程度は可能です。

SoftbankAirの速度制限について

softbankAirに関しては明確な通信規制のラインはありませんが、「音声通話やテレビ通話、画像や動画ファイルの受信、動画閲覧等のコンテンツに対して通信規制を行う可能性がある」と公式サイトで公言しています。

明記されていないので何とも言えませんが使いすぎると規制されるかもしれません。

※SoftbankAirがどれくらい使うと規制されるのかは現在調査中です。

回線速度はWiMAXの方が評判が良い

あくまで管理人のリサーチによる印象でしかありませんが、ソフトバンクエアーは全体的に「遅い」という口コミが多く、実測値はWiMAXの方が「速い」という声が多いように思います。

ソフトバンクエアーはエリアにもよりますが、混雑している地域では「遅い」と評判が悪いことも多いようです。

まとめ

以上、要点をまとめると、

  • エリアはWiMAXの方が広い
  • 月額料金はWiMAXの方が安い
  • SoftbankAirはソフトバンク、WiMAXはauとのスマホセット割がある
  • 通信速度はWiMAXのほうが速い
  • 利用者はWiMAXの方が圧倒的に多い
  • WiMAXは外出先でも使えるが、softbankAirは自宅専用

まとめてみるとWiMAXの方が総合的に良いです。

ご検討ください。

⇒キャッシュバックをもらえるsoftbankAirはこちら

⇛月額料金最安級のWiMAXはこちら

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください