スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

無制限は本当?WiMAXの通信制限条件と制限が掛かった場合どうなるか解説

 

WiMAXの利用時に、制限がかかると通信が遅くなって不便ですよね。

仕事などでネットを使っている人はもちろん、動画閲覧や調べ物をしている時などにネットに繋がらないと困ってしまいます。

通信制限は、その条件を知ることで回避できます。

今回は通信制限の条件と、制限後にどうなるのか、その対策を詳しく解説していきます。

通信制限がかかる条件は2つ

WiMAXには通常プラン(7GB制限)ギガ放題プラン(月額通信料無制限)があります。

通信制限がかかる条件は、プランによって異なります。

ギガ放題プランは3日間で10GBまで

ギガプランは3日間の合計通信料が10GBを超えると速度制限がかかります。

速度制限の期間は翌日18時から26時頃まで。

3日間で10GBを超えないように調節して使えば、速度制限がかかることはありません。

通信料はルーター端末で確認をすることが可能です。

※画像はWX02のものです。ボタン1つで確認が可能です。

※この機種が販売された当時は3日間3GB制限だったため、3GBまでの表示となっています。

 

「10GBってどのくらい使ったら超えてしまうの?」と感じる方も多いでしょう。

YouTubeを使用した時の10GB目安は以下の通りになっています。

引用元:UQWiMAXWiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について

通常の画質で47時間、1日あたり約15時間ほどYouTubeを視聴すると3日間の合計使用量が10GBを超えてしまいます。

しかしよほどのヘビーユーザーでなければ、そこまで通信料を使うことはないと思います。

下記の画像は、どういう場合に3日10GBの制限がかかるかを示したものです。

引用元:UQWiMAXWiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について

このように1日あたり3G~4G前後を使用していると、制限がかかったり解除されたりを繰り返してしまいます。

1日3G以上になることが多い場合は、端末で通信量をチェックしながら調節しましょう。

3日10GB以上にならなければ、制限はかからないので通信量をコントロールするといいですね。

通常プランは月7GBまで

通常プランでは、月間で7GB以上使用すると通信制限がかかります。

月の途中で7GBを超えると、その月はずっと制限がかかったままになるシステムです。

翌月になれば制限は解除されます。

※WX02では通常画面がこのようになっている

通信制限後は速度が1Mbps程度になる

通信制限がかかる条件は分かりました。

では通信制限がかかると、どうなるのかを説明します。

WiMAXの通信制限は、ギガ放題(無制限プラン)の場合は速度が1Mbps程度まで遅くなります。

1Mbpsは、YouTubeの動画が通常再生できるレベルです。

重いページだと少し読み込みが遅くなることもあるようですが、画像やテキストなど通常のインターネット利用であれば問題なく使用できる速度です。

7GB制限のあるプランは128kbpsまで速度が遅くなります(上述した1Mbpsの10分の1近く)。こうなるとウェブページの画像の読み込みさえも表示に時間が掛かってしまいます。

通信制限は期間を過ぎれば解除される

通信制限は一定期間を過ぎれば、自動的に解除されます。

その期間はプランによって異なります。

ギガ放題プランは2日後に解除される

上記でもご説明したように、ギガ放題の場合は3日間の合計が10GBを超えた日の翌日18時~26時ごろまで制限がかかります。

制限がかかる時間はネットが混雑する時間に設定されています。

場合によっては、朝6時ごろまで制限されるケースもあります。

基本的には26時を過ぎれば速度制限は解除されます。

速度制限がかかるのは、夜間の限定的な時間なのでそこまで気になりません。

通常プランは翌月に解除

通常プランの場合は7Gを超えた時点から、その月の間はずっと制限がかかります。

制限がかかった月の翌月に、ようやく解除されます。

月の初めに7Gを超えてしまうと、制限がかかっている期間は長くなります。

逆に月の終わりごろに7Gを超えた場合は、制限がかかっている期間は短くなります。

この数日程度我慢すればよいので、あまり気にならない方も多いでしょう。

通常プランの場合は、月の初めに制限がかからないように注意が必要ですね。

すぐに制限を解除したいなら容量を追加で購入しよう

すぐに速度制限を解除して高速通信を利用したい場合、容量を追加で購入することも可能です。

データチャージサイトから購入することができます。

追加データ容量の価格は以下の通りです。

    • 100MB:200円(税抜)
    • 500MB:500円(税抜)

500MBはウェブサイトが2,500回観覧できる程度の容量です。

通常画質のYouTube動画を視聴した場合は、合計約23時間程度使用できます。

ヘビーに使う人はauLTEオプションがおすすめ

WiMAXにはauのLTEが使える「LTEオプション」というオプションサービスがあります。

LTEオプションは月額1,005円で月間7GBまで使えるのでコストパフォーマンスは結構高いです。

WiMAXの7GBプランが月額3,000円~4,000円程度掛かることを考えればかなり割安な気がします。データ通信専用の格安SIMも7GBだと2,000円以上するので、WiMAXのLTEオプションはかなり割安と言えます。

何よりauのLTEは利用エリアが広いのでWiMAXの電波が届きにくい大型ショッピングモール内や過疎地域でも活躍できます。

申込さえすれば後から追加することも出来るので必要性を感じる場合は検討しましょう。

まとめ

今回はWiMAXの通信制限について説明しました。

制限条件はプランによって異なるので注意しましょう。

まとめると、下記のようになります。

    • 通常プラン・・月7GBまで→制限は翌月に解除
    • ギガ放題・・・3日10GBまで→制限は2日後の早朝に解除

また、もし速度制限がかかっても普通にネットを見る程度なら問題なく使えます。

ただ制限前に比べて、速度はかなり遅くなるので注意しましょう。

端末で通信量をチェックすることができるので、制限を超えないように調節して使うのがいいですね。

 

WiMAX    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。