WiMAX

WiMAXのWi-Fiルーター(モバイルルーター)はどれがオススメ?

ポケットWi-Fiとして人気の高いWiMAX。現在多くの機種(ルーター)が発売されています。

「ネットで調べてもよく分からない」

「最新機種って結局どれを選べば良いの?」

と疑問に思っている人も多いでしょう。

今回は最新機種W06WX05・HOME L02・HOME01の4機種を中心に機能を紹介し、オススメのWiMAXルーターを解説します。

 

WiMAXのWi-Fiルーター比較表

WiMAXのモバイルルーターは大きく分類すると下記のようになります。

持ち運びできるタイプ

  • 「W」シリーズ(HUAWEI製)
  • 「WX」シリーズ(NEC製)

据え置きタイプ

  • 「HOME L」シリーズ(HUAWEI製)
  • 「HOME」シリーズ(NEC製)
ねとみ
ねとみ
なるほど。持ち運びタイプと据え置きタイプを中国系企業と日本企業がそれぞれ両方とも作っているんですね! 

下の表ではそれぞれの最新機種と現在でも取扱いのあるW05を比較しています。

厳密にいうと他にも古い機種はあるのですが、扱っているプロバイダーはごく少数なので性能的に比較する必要はありません。

機種名 通信速度
(ベストエフォート)
特徴
W06 下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
・下り最速
WX05 下り:440Mbps
上り:75Mbps
・室内に強いWiMAXハイパワー対応
・長時間連続通信
W05 下り:758Mbps
上り:112.5Mbps
・上り最速、下りも速い
HOME01 下り:440Mbps
上り:75Mbps
・据え置き型
・最大同時接続数22台
HOME L02 下り:1.0Gbps
上り:75Mbps
・据え置き型
・最大同時接続数40台
※ 5機種ともWiMAX2+/auLTE回線使用可能

 

WシリーズとWXシリーズは何が違う?

上の図でそれぞれ機種を比較してもらいましたが、この2機種のどちらを買えばいいのか?という質問をよく受けるので、それぞれのスペックとどちらがおすすめかを解説していきます。

W06について

2019年1月にHUAWEIから発売されたWシリーズの最新機種です。

W06の特長はWiMAX端末で最も速い通信速度を出せるというところです。

  • ハイスピードプラスエリアモード:
    下り最高1.2Gbps
  • ハイスピードモード:
    下り最高867Mbps

WXシリーズにはない最高速度を出すことができるのは、256QAM変調方式と呼ばれる同時受信できる情報の量を増やす技術のおかげです。

ただしここに書かれている通信速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により異なります。

ねとみ
ねとみ
でも回線を束ねる特別な技術があるから速くなることは分かったわ

WX05について

2018年11月にNECから発売されたWXシリーズの最新機種です。

現在WiMAX端末で2番目に新しい機種となっています。

下り最大440Mbpsの通信なので特別スピードが速いわけではないのですが、こちらの端末は送信パワーを約20%上げて通信品質を向上させるWiMAXハイパワーに対応しているのです。

このWiMAXハイパワーはWiMAX 2+通信では初めて採用された技術で、従来だと弱くなりがちだった室内の電波をより強く安定したものにしてくれるため、快適なインターネットを楽しむことができるようになっています。

 

小林
小林
WXが最高速度追求型、Wが安定通信追求型という違いなのか!
ねとみ
ねとみ
最高スピードが伸びて欲しいならWシリーズ、自宅の電波が安定して欲しい場合はWXシリーズなど、使い方や電波環境によって選び分けるのがいいですね

 

自宅据え置きタイプ2つはどう違う?

据え置き型2タイプの比較に入る前に、持ち運びできるタイプと据え置き型の違いについて触れておきましょう。

それは同時接続可能台数の違いです。

持ち運び可能なW06は最大16台、WX05は最大10台までなら同時接続可能ですが、据え置き型のHOME L02やHOME 01は20台以上接続可能なのです。

小林
小林
端末はでかいし家でしか使えないから「何がいいんだろう?」って思ってたけどそういうことだったのか!

また有線LANを接続するポートもついているため、無線ではなくパソコンに直接つなげて使えるところも大きな違いです。

据え置き型のデメリット

HOMEシリーズは据え置き型なのでコンセントに接続しないと使えません。

持ち運びできないのは当然デメリットですが、他に大きな問題がひとつあります。

それはW06やWX05のような液晶ディスプレイがないことです。

そのため、設定を変更する時にはスマホやパソコンのブラウザからWiMAX端末にアクセスしなければいけません。

HOME L02とHOME01の違い

据え置き型2タイプの目立った違いはほとんどなく、特筆するとしたら下記の2点です。

  • HOME L02(HUAWEI製)の方が下りが速い(最大1.0Gbps)
    ※同時接続数 最大40台
  • HOME01(NEC製)の方が電波の安定性が高い。一回り小型(75Mbps)
    ※同時接続数 最大22台

なので、設置する場所の電波状況が非常によく、23台以上で同時接続することがある場合などにはL02を選び、そうでない場合は安定性の高いHOME01を選ぶのが良いでしょう。

 

プロバイダはGMOとくとくBBがオススメ

WiMAXの最新機種を扱っているプロバイダで一番オススメなのが、GMOとくとくBBです。

現在WiMAXを販売しているプロバイダはたくさんありますが、どの会社も独自のキャンペーンを行っています。

そして多くはこの2つに大別されます。

  • 月額大幅割引キャンペーン
  • キャッシュバックキャンペーン

両者のもっとも代表的なプロバイダは、月額大幅割引だとカシモWiMAX、キャッシュバックだとGMOとくとくBBです。

⇛→カシモWiMAXの公式サイトはこちら

→GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

 

キャッシュバックを確実受け取れるのであれば、3年間トータルで安くお得に使えるGMOとくとくBBがおすすめです。

しかしGMOとくとくBBでキャッシュバックの手続きを忘れてしまい受け取れなかった場合は、GMOとくとくBBの方がカシモWiMAXに比べて1万円以上高くなってしまいます。

カシモWiMAXは手続き忘れの心配なく、毎月キッチリと割引してもらえますが、3年間の途中で解約した場合はメリットが減ってしまいます。

  • GMOとくとくBBのキャッシュバック:
    受け取るまで約1年かかり、手続きが難しく、受け取れない人が多い
  • カシモWiMAXの月額大幅割引:
    3年間の途中で解約した場合、メリットが減る

どちらも一長一短がありますね。キャッシュバックの手続きを絶対忘れない、安く使いたいという方にはGMOとくとくBBがおすすめです。

まとめ

ポケットWi-Fiを購入する際は十分な比較検討が必要になります。最新機種になるほどスペックは上がりますが、現在は通信速度優先であればW06、バッテリーの持ちが優先であればWX05がおすすめです。

WX05は通信速度はW06に劣りますが、それを補って余るほどの性能(バッテリー駆動時間・WiMAXハイパワーによる安定した通信品質)を誇っています。(通信速度が劣るといっても、特別に大容量の通信をするわけでなければ、充分な速度は出ます)

端末だけでなく、プロバイダや料金プランも選ぶ必要があるので比較検討して、損のない選択をするのが良いでしょう。