WiMAX

WiMAXはプロバイダによって違いはあるのか?通信速度はどうか?

WiMAXは無線タイプのインターネットですが、フレッツ光やauひかりのようにプロバイダを選んで契約出来るようになっています。

代表的なものを挙げると

  • so-net
  • ビッグローブ
  • GMOとくとくBB
  • DTI

といった光回線でもおなじみのプロバイダ業者がWiMAXを提供しています。

小林
小林
いろいろあるけど、プロバイダによって違いはあるのかなぁ?

 

結論から言うとWiMAXのプロバイダはキャンペーンや月額料金に違いはあるものの回線速度や品質の違い、差はありません。

ねとみ
ねとみ
本ページではWiMAXを提供しているこれらプロバイダによる違いを比較しながら解説します

 

新規申込キャンペーンの違い

WiMAXは、契約先によってキャンペーン内容が大きく異なっています。

※キャンペーンは予告なく変更される場合があります。

自分が重視するものが何かによって、選ぶべきプロバイダは変わってくるものです。

例えばWiMAXサービスの本家であるUQ WiMAXは、商品券がもらえるなどのキャンペーンが行われることはあるものの、キャッシュバック制度は基本的に取り入れていません。

月額料金の割引や高額なキャッシュバックを受け取りたい場合は、UQ WiMAXではなく他のプロバイダの新規申込キャンペーンを利用しましょう。

どこで契約しても、通信速度などのサービスに違いはありませんので、ご安心ください。

高額キャッシュバックキャンペーン

キャッシュバック額を基準に考えると、GMOとくとくBBのWiMAXを契約するのが良いでしょう。とくとくBBでWiMAXを契約すると最大3,9000円のキャッシュバックがもらえます。
※2019年1月現在

この他には、so-netやPEPABOもキャッシュバックのキャンペーンを頻繁に行っていますが、その中でもキャッシュバック額が最も高いのはとくとくBBです。

⇒GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

下記ページではGMOとくとくBBの月額料金や評価等をまとめています。

あわせて読みたい
WiMAXの最安級?!GMOとくとくBBはおすすめか?プランや評判をまとめる無線のインターネット、モバイルWi-Fiルーターとして定評のあるWiMAX。 WiMAXは現在so-netやビッグローブ、ニフティ...

月額料金割引キャンペーン

プロバイダによってはキャッシュバックではなく月額料金で還元しているものもあります。

キャッシュバックキャンペーンの場合、受け取れるのは約1年先で手続きをしないと貰い損ねてしまう可能性がありますが、月額料金割ならそういったことはありません。

確実に特典を受け取りたいという人は月額割キャンペーンを行っているプロバイダを選びましょう。

このタイプのキャンペーンで有名なのはBroad WiMAXです。月額2,726円~と、かなり安くなっています。

あわせて読みたい
業界最安のBroadWiMAXは本当に買うべき?評判等をまとめる無線インターネット、モバイルWi-Fiルーターとして知名度が高いのがWiMAXです。 WiMAXを取り扱っているプロバイダは多数あ...

キャンペーン比較表

WiMAXのプロバイダのキャンペーンを比較すると下記の通りとなります。

名称 月額料金 キャッシュバック
GMOとくとくBB 1~2カ月目:3,609円
3カ月目以降:4,263円
39,000円
クラウドモバイル 1~3カ月目:2,800円
4~24カ月目:3,500円
25カ月目以降:4,100円
20,000円
※アマゾンギフト券
So-net 初月:無料
1~36ヶ月目:3,620円
37ヶ月目以降:4,379円
なし
ビッグローブ キャッシュバックタイプ
1~2ヶ月目:3.695円
3ヶ月目以降:4,380円
30,000円
【月額料金割タイプ】
1~2カ月目:2,695円
3~24カ月目:3,380円
25~36カ月目:4,380円
なし
@nifty 1ヶ月目:0円
2~3カ月目:3,670円
4カ月目以降:4,350円
30,100円
UQWiMAX 1~3カ月目:3,696円
4カ月目以降:4,380円
なし
BroadWiMAX 1~2カ月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円
25カ月目以降4,041円
なし
※月額料金割

各社それぞれキャッシュバック金額や月額料金が変わってきますが、どれもだいだい似たり寄ったりです。

現状では僅かながらですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック金額が大きく、お得であると言えます。

料金、キャッシュバック以外の違い

月額料金やキャッシュバック以外にも、WiMAXにはいくつかプロバイダごとの違いがあります。

契約時に入手できる端末(モバイルルーター本体)の違い

WiMAXの電波を受信するモバイルWi-Fiルーターには、沢山の種類があります。

それらの中から好きなものを選べるプロバイダもあれば、指定されているため自分で選べないプロバイダもあるのです。

例えばUQ WiMAXの場合はW05、WX05など複数の種類の中から選んで申し込むことができますが、クラウドモバイルだとW05のみ契約可能です。

あわせて読みたい
クラウドモバイルのWiMAXが特別キャンペーンにより最安級になっているWiMAXは光回線や格安SIMと違い、申込み先で性能が変わることはありません。 GMOとくとくBBで申込みをしても、ビッグローブで...

最新の端末のみを選択できたり、少し前に発売された機能が異なる端末を契約できたりと、内容は様々です。

ただし基本的に契約者数の多い主要プロバイダ(so-net、ビッグローブ、とくとくBB、@nifty等)は取り扱っている機種はほぼ同じです。

解約方法も、プロバイダごとに異なっている

WiMAXは3年契約なので、もし契約更新月(解約月)に解約し忘れると契約中の端末のままもう3年自動的に契約が更新されます。

解約月以外のタイミングで解約すると9,500円以上の違約金が発生します。違約金の金額は全プロバイダ共通です。

それを防ぐためには3年ごとに訪れる解約月で解約する必要があります。

38ヶ月目だけ無料で解約できる

 

解約方法は、プロバイダごとに若干違いがあります。

例えばUQ WiMAXは、インターネット上で解約することができません。解約届を送ることで解約手続きが行われるしくみです。

とくとくBBやso-net等は、ネット上のマイページから解約が可能です。

ラクーポンWiMAXも、現在はマイページより解約手続きが可能。

意外にも本家のUQ WiMAXより他のプロバイダの方が、解約方法はかんたんなのです。

キャンセルは原則可能だが期間が変わってくる

WiMAXは以前は一度契約するとキャンセルをすることが出来ませんでしたが、2016年5月からスタートした初期契約解除制度により、契約から一週間前後であれば契約をキャンセルすることが可能です。

キャンセルは解約とは違い、「契約をなかったものにする」ことです。なので当然キャッシュバックキャンペーン等も受けられません。

キャンセル出来る期間は各プロバイダによって変わってきます。

ビッグローブやso-net等は期間に定めがありませんが、おおよそ一週間前後となっています。

GMOとくとくBBの場合は20日間までキャンセルOKとしているので安心出来ます。

⇒GMOとくとくBBの特別キャンペーンを見てみる

通信速度に違いはある?

WiMAXはプロバイダによって速度が違うのか?

という質問は多いですが、基本的にプロバイダによって速度が変わることはありません。

というのもWiMAXは光回線や格安SIMと違い、通信業者(プロバイダ)が回線を買い取って再販しているわけではないからです。

光回線や格安SIMの場合はプロバイダによって速度が変わります。通信網を所有している回線業者から回線の一部を買い取ってそれを再販しているため、買い取った回線(厳密にはデータ容量で買い取っている)に対してどこまで利用者に割り当てていくか、等で速度に差が出てくるのです。

例えば100GBを100人に割り当てているA社と同じ100GBを150人に割り当てているB社ではB社の方が回線速度が劣ってしまうというイメージです。

しかしWiMAXの場合、キャンペーンを除く

  • 月額利用料
  • プランの種類
  • 契約期間及び違約金
  • セット端末(モバイルルーター)

等がプロバイダによって変わるわけではないため、あくまで窓口としての違いしかないのです。

サービスの品質をプロバイダが独自に変更することが出来ることになっていれば品質を落として料金を安くすることや、7GB、無制限プランの他に3GBや5GBのプランを出すプロバイダが出てくるはずです。

格安SIMは各社様々なプランを自由に設定していますが、WiMAXはどこで契約してもプランは同じです。

利用できるエリアも同じ

電波が同じなので通信エリアも契約したプロバイダによって変わることはありません。

料金が安いプロバイダで契約したから電波が悪いなんてことはWiMAXの場合はないのです。

通信エリアは機種、契約内容で変わる

WiMAXは現在以下3つの回線があります。

  • WiMAX2+(現在主流)
  • 旧WiMAX(現在縮小中)
  • au LTE(オプション)

どの電波が利用できるかは、モバイルルーター本体によって変わってきます。

あわせて読みたい
WiMAXのWi-Fiルーター(モバイルルーター)はどれがオススメ?ポケットWi-Fiとして人気の高いWiMAX。現在多くの機種(ルーター)が発売されています。 「ネットで調べてもよく分からない」 ...

このうち現在メインで利用されているのが最速(下り最大758Mbps)のWiMAX2+で、現在どのモバイルルーターを選んでも必ず利用できます。

旧WiMAX回線はWiMAX2+が普及する前の回線で、現在縮小傾向にあります。古い技術のため、新しいモバイルルーターでは利用が出来ません。

au LTEはオプション(月額1,005円)で付帯出来る回線です。利用できるエリアはWiMAX2+よりもずっと広いですが、月間7GBの制限があります。

あわせて読みたい
WiMAXはプロバイダによって違いはあるのか?通信速度はどうか?WiMAXは無線タイプのインターネットですが、フレッツ光やauひかりのようにプロバイダを選んで契約出来るようになっています。 代表...

いずれの回線もプロバイダによって変わってくるわけではなく、利用する機種や契約内容(au LTEオプションの有無)によって変わってきます。

まとめ

この記事のテーマは「WiMAXはプロバイダによって違いはあるのか?」でした。

まとめると、月額料金やキャッシュバック等の特典に大きな違いがあるが、他はほとんど違いがないということになります。

そのため、契約時の特典を重要視して、それが自分に合っているものを選ぶことが大事です。

まとめてキャッシュバックがもらえるシステムの場合はうっかり申請を忘れるとキャッシュバックがもらえません。結果として月額料金自体は高くなるので注意が必要です。

反対に月額料金の割引だと毎月の支払額が安くなりますが、3年間の契約期間中に解約すると満額の割引は受けられないことになります。

商品券やタブレットといった物が貰える場合は、キャッシュバックなどと比べると金額的にはイマイチです。

基本的にWiMAXのプロバイダの違いはキャンペーンの特典内容の違いなので、人気プロバイダの違いを徹底比較した下記の人気ランキングを参考にしてみてください。

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください