WiMAXのプロバイダの違い

やさしくねっと.

WiMAXはプロバイダによって違いはあるのか?通信速度はどうか?

 

WiMAXは無線タイプのインターネットですが、フレッツ光やauひかりのようにプロバイダを選んで契約出来るようになっています。

代表的なものを挙げるとso-netやビッグローブ、GMOとくとくBBやDTI等があり、光回線でもおなじみのプロバイダ業者がWiMAXを提供しています。

本ページではWiMAXはこれらプロバイダによって大きな違いはあるのか?比較しながら解説します。

結論から言うとWiMAXのプロバイダはキャンペーンや月額料金に違いはあるものの回線速度や品質の違い、差はありません。

新規申込キャンペーンの違い

WiMAXは、契約先によってキャンペーン内容が大きく異なっています。

自分が重視するものが何かによって、選ぶべきプロバイダは変わってくるものです。

例えばWiMAXサービスの本家であるUQ WiMAXは、商品券がもらえるなどのキャンペーンが行われることはあるものの、キャッシュバック制度については基本的に取り入れていません。

月額料金を割引にしたかったり、高額なキャッシュバックを受け取りたかったりする場合は、他のプロバイダの新規申込キャンペーンを利用しましょう。

どこで契約しても、WiMAXが2年縛りであることや、通信速度などのサービスに違いはありませんので、ご安心ください。

高額キャッシュバックキャンペーン

キャッシュバック額を基準に考えると、とくとくBBのWiMAXを契約するのが良いでしょう。とくとくBBでWiMAXを契約すると3万円以上のキャッシュバックがもらえる場合もあります。

この他には、so-netやPEPABOもキャッシュバックのキャンペーンを頻繁に行っています。

が、その中でもキャッシュバックされる金額が最も高いのはとくとくBBです。

⇒GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

下記ページではGMOとくとくBBの月額料金や評価等をまとめています。

参考記事:WiMAXの最安と言われるGMOとくとくBBはおすすめなのか?プランや評判をまとめる

月額料金割引キャンペーン

プロバイダによってはキャッシュバックではなく、月額料金を安くして還元しているものもあります。

例えば光回線のプロバイダとしても知名度の高いso-netキャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンの2特典から選ぶことが可能です。

キャッシュバックキャンペーンの場合、いずれも受け取れるのは約1年先で、こちらから手続きをしないと貰い損ねてしまう可能性がありますが、月額料金割ならそういったことはありません。

確実に特典を受け取りたいという人は月額割キャンペーンを行っているプロバイダを選びましょう。

ちなみに私はso-netの月額割キャンペーンでWiMAXを契約しました。

参考記事:評判が良かったso-netのWiMAXを契約してみたので申込方法等解説

img_20160919_142717

商品券やポイント等の特典もある

キャッシュバックや月額割引の他に物品等がもらえる特典もあります。

UQ WiMAXでは1万円程度の商品券がもらえる場合がありますし、BIGLOBE WiMAXではGポイント、2万1600円分を得ることが出来ます。

ビッグローブのGポイントはビッグローブの月額料金に充てたり他のポイントサービス(アマゾンギフト券やnanaco、Tポイント等)に変えることも可能です。

このようにキャッシュバックとは違う特典がもらえるプロバイダもあるため、こういった物が欲しい場合はそのようなキャンペーンを行っているプロバイダを選んで契約しましょう。

⇒ビッグローブの公式サイトはこちら

料金、キャッシュバック以外の違い

月額料金やキャッシュバック以外にも、WiMAXにはいくつかプロバイダごとの違いがあります。

契約時に入手できる端末(モバイルルーター本体)の違い

WiMAXの電波を受信するモバイルWi-Fiルーターには、沢山の種類があります。

それらの中から好きなものを選べるプロバイダもあれば、指定されているため自分で選べないプロバイダもあるのです。

例えばUQ WiMAXの場合はW03、WX02など複数の種類の中から選んで申し込むことができますが、楽天のラクーポンWiMAXだとW03のみを契約可能です。

関連記事:楽天のWiMAX、ラクーポンはおすすめ?

最新の端末のみを選択できたり、少し前に発売された機能が異なる端末を契約できたりと、内容は様々です。

ただし基本的に契約者数の多い主要プロバイダ(so-net、ビッグローブ、とくとくBB、@nifty等)は取り扱っている機種がほぼ同じです。

解約方法も、プロバイダごとに異なっている

WiMAXは2年縛りで、もし契約更新月に解約し忘れたらすでに古くなっている現在契約中の端末でそのままもう2年WiMAXを契約することになってしまいます。

更新する前のタイミング(解約月)以外で解約すると9,500円の違約金が発生してしまいます。全プロバイダ共通です。

それを防ぐためには2年ごとに訪れる解約月で解約する必要があります。

また何らかの理由でWiMAXを解約しようと決めることもあるでしょう。

解約方法は、プロバイダごとに若干違いがあります。

例えばUQ WiMAXは、インターネット上で解約することができません。解約届を送ることで解約手続きが行われるしくみです。

とくとくBBやso-net等は、ネット上のマイページから解約が可能です。

ラクーポンWiMAXも、現在はマイページより解約手続きが可能。

意外にもUQ WiMAXより他のプロバイダの方が、解約方法はかんたんな場合もあります。

キャンセルは原則可能だが期間が変わってくる

WiMAXは以前は一度契約するとキャンセルをすることが出来ませんでしたが、2016年5月からスタートした初期契約解除制度により、契約から一週間前後であれば契約をキャンセルすることが可能です。

キャンセルは解約とは違い、「契約をなかったものにする」ことです。なので当然キャッシュバックキャンペーン等も受けられません。

キャンセル出来る期間は各プロバイダによって変わってきます。

ビッグローブやso-net等は期間に定めがありませんが、おおよそ一週間前後となっています。

GMOとくとくBBの場合は20日間までキャンセルOKとしているので安心出来ます。

⇒GMOとくとくBBの詳細を見てみる

通信速度に違いはある?

WiMAXはプロバイダによって速度が違うのか?

という質問は多いですが、基本的にプロバイダごとに速度が違っていることはありません。

というのもWiMAXは光回線や格安SIMと違い、通信業者(プロバイダ)が回線を買い取って再販しているわけではないからです。

光回線や格安SIMの場合、通信網を所有している回線業者から回線の一部を買い取ってそれを再販しているため、買い取った回線(厳密にはデータ容量で買い取っている)に対してどこまで利用者に割り当てていくか、等で速度に差が出てきます。

例えば100GBを100人に割り当てているA社と同じ100GBを150人に割り当てているB社ではB社の方が回線速度が劣ってしまうというイメージです。

しかしWiMAXの場合キャンペーンを除く月額利用料、プランの種類、契約期間及び違約金、セット端末(モバイルルーター)等がプロバイダによって変わるわけではないため、あくまで窓口としての違いしかないことが予想されます。

サービスの品質をプロバイダが独自に変更することが出来ることになっていれば品質を落として料金を安くすることや、7GB、無制限プランの他に3GBや5GBのプランを出すプロバイダが出てくるはずです。

格安SIMは各社様々なプランを自由に設定していますが、WiMAXはどこで契約してもプランは同じです。

利用できるエリアも同じ

電波が同じなので通信エリアもどのプロバイダを契約しても全く同じです。

ビッグローブよりGMOとくとくBBの方が安いからGMOとくとくBBの方が電波が悪いなんてこともありません。

通信エリアは機種、契約内容で変わる

WiMAXは現在、

  • WiMAX2+(現在主流)
  • 旧WiMAX(現在縮小中)
  • au LTE(オプション)

の3つの回線があります。

どの電波が利用できるかは、モバイルルーター本体によって変わってきます。

関連記事:WiMAXのWi-Fiルーター(モバイルルーター)はどれがオススメ?

このうち現在メインで利用されているのが最速(下り最大220Mbps)のWiMAX2+で、現在どのモバイルルーターを選んでも必ず利用できます。

旧WiMAX回線はWiMAX2+が普及する前の回線で、現在縮小傾向にあります。古い技術のため、新しいモバイルルーターでは利用が出来ません。

au LTEはオプション(月額1,005円)で付帯出来る回線です。利用できるエリアはWiMAX2+よりもずっと広いですが、月間7GBの制限があります。

参考記事:いろいろあってわからない…WiMAXのエリアについて徹底解説

いずれの回線もプロバイダによって変わってくるわけではなく、利用する機種や契約内容(au LTEオプションの有無)によって変わってきます。

まとめ

WiMAXはプロバイダによって違いはあるのか?

をまとめると、月額料金やキャッシュバック等の特典に大きな違いがあり、他はほとんど違いがないということになります。

そのため、契約時の特典を重要しして、それが自分に合っているものを選ぶことが大事です。

まとめてキャッシュバックがもらえるシステムの場合は申請を忘れるとキャッシュバックがもらえませんし、月額料金自体は高くなります。

反対に月額料金の割引だと、毎月の支払額が安くなる代わりにしっかり2年間契約しなければ満額の割引は受けられないことになります。

商品券やタブレットといった物が貰える場合は、キャッシュバックなどと比べると金額的にはイマイチです。

その他に、選べる端末の種類や解約方法も違いがあります。どのプロバイダが良いか、じっくり考えてから契約しましょう。

 

WiMAX    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。