WiMAX申し込み時の注意点

やさしくねっと.

WiMAXを新規契約する際に必ず注意したい4つのポイント

 

ワイマックスクレードル

外出時に自由にネットに繋げたくて持ち運びが出来るインターネット、モバイルWi-Fiルーターを検討する人は多いと思います。
モバイルWi-Fiルーターの中でもWiMAXは通信制限なしで、新規申込特典もあるということで真っ先に検討する人が多いのではないでしょうか。

しかしWiMAXはauショップや家電量販店、ネットショップ等様々なところで販売されており、どこで契約するかによって月額料金が大幅に変わってくることもあります。

本ページではこれからWiMAXを契約しようと検討している人に向けて、必ずチェックしたいポイントを解説します。

お得なキャンペーンを受けられるか

WiMAXを新規契約する際に、新規申込キャンペーンが行われている場合があります。

タイミングによっては行われていないことがあったり、契約した次の月にはさらに条件の良いキャンペーンが行われたりしますので、契約するべき時を見極める必要があります。

契約先をどこにするかも重要です。WiMAXはどこで契約しても通信速度などのサービス内容に違いはありませんが、契約するプロバイダごとに、月額料金やキャッシュバックの金額が異なります。

ネットで申し込むプロバイダなら、キャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーンがとても豪華です。

参考記事:WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきこと

auショップや家電量販店は特典がほとんどない

WiMAXはauショップや家電量販店でも販売されていますが、これらで契約することはあまりお勧めできません。

というのも量販店やauショップでは新規申込特典がほとんどなく、割高になってしまうからです。

参考記事:auユーザーでもauのポケットWi-Fiはお得ではないと言われる理由

せっかく新規申込キャンペーンでキャッシュバック2万円とか受け取れるのでのインターネット上で契約できるプロバイダ等から契約することをおすすめします。

ちなみにWiMAXは基本的にauショップが対応窓口となっているので、もし機器の破損や紛失などがあった時はauショップに行くと対応してくれます。

これは別にauショップで購入していないからと言って対応してくれないわけでもないのでご安心ください。

キャッシュバックはちゃんと受け取れるか

WiMAXをプロバイダと契約したあとに貰える場合があるキャッシュバック。

しかし、多くの場合は契約してすぐに貰えるわけではありません。

プロバイダによって受取条件は違う

WiMAXの契約によるキャッシュバックの受取条件は、プロバイダによって大きく異なります。自分の契約するプロバイダの場合はどうなっているのか、確認しておきましょう。

下の表はWiMAXを提供している各プロバイダのキャッシュバック条件をまとめたものです。

※金額はキャッシュバック金額

とくとくBB@Niftyso-netGMO PEPABO
最大29,000円20,000円20,000円23,500円
11ヶ月目に基本メールアドレス宛に口座確認の案内が届き、振込先の登録後に振り込まれる9ヶ月目に登録した受取口座に現金振込11ヶ月目にso-netメールアドレス宛に案内メールが届き、専用サイトから受取口座を指定後に振込12ヶ月目に口座の指定後振り込まれる
ビッグローブDTI3WiMAXbroadWiMAX
20,000円25,000円28,000円なし
(月額料金大幅割)
契約から1週間程度で届くアンケートに回答(回答期限あり)。
11ヶ月目に振替払出証書が郵送で届くので郵便局にて受取手続き。
13ヶ月目にDTIメールアドレス宛に案内メールが届き、メルマネにて45日以内に送金手続き安心サポートプラス,My SSサポートのオプションに加入(商品到着後の解約可能)。
13ヶ月目に指定のエントリーフォームから手続き。
安心サポートプラス・My Broadサポートのオプションに加入(商品到着後の解約可能)。

多くのプロバイダは専用のメールアドレスに、1年近く経ってからキャッシュバックに関するメッセージが届くしくみなので、事前にメモしておかないと忘れてしまい、キャッシュバックを受け取れなくなります。

あらかじめ手帳やスマホのカレンダーなどに印をつけておいたり、専用のメールアドレスにメールが来たら通知が来るように設定しておいたりすることが大事です。

また、申込する業者によってはキャンペーン受け取りまでに月額料金の滞納があったり、受取手続きに不備があったりするとキャッシュバック受け取り対象外となってしまい、受け取りが出来なくなる恐れがあります。

もらい損ねないように注意事項を必ず確認しましょう。

月額割引キャンペーンが充実

キャッシュバックは不安がある場合、月額料金が毎月割り引かれる形式を取っているプロバイダで契約することをおすすめします。

毎月の割引額はそれほど多くないように見えますが確実に割引が適用されますし、24ヶ月間の合計金額はキャッシュバックとそれほど変わらない場合もあります。

ちなみに私が契約したのはso-netの大幅月額割引キャンペーンです。

割引キャンペーンであれば特典をもらい損ねるということがないのでお勧めです。

参考記事:評判が良かったso-netのWiMAXを契約してみたので申込方法等解説

通信容量、エリアを確認

WiMAXを契約する場合、通信容量とエリアの確認は怠ってはいけません。

「使い放題だと思って買ったら通信規制があった」

「契約したのに電波が全然入らなくて使い物にならなかった」

という声は少なからずあります。

使い放題でも制限はある

WiMAXのギガ放題という人気のプランは使い放題をウリにして販売されています。

確かに月間での通信制限はありませんが、実際は高速通信(下り220Mbps)には制限があります。

直近3日間につき3GBまでがWiMAXの制限で、もしも直近3日間の合計の通信量が3GBを超えた場合は、速度がだいたい4~5Mbps程度に制限されます。

速度が制限されてもYouTube等の動画は問題なく見られますし、ブラウザの閲覧程度ならストレスなくこなせますが、大容量のデータを扱う場合はダウンロード速度等が遅くなりますので、注意しましょう。

また、通信環境によっては通信制限によって著しく速度が低下してしまうのでやはり使い放題とはいかない部分があります。

WiMAX2+のエリアを確認しておこう

WiMAXの現在展開されているサービス「WiMAX2+」は、使えるエリアが決まっています。

エリアは非常に広いので都市部であればほぼ問題なく使えます。

下の画像のピンクの部分が関東のWiMAX2+の対象エリアです。

wimax2エリア1

都市部であれば問題なく利用できますが、一部山間部や市町村で全く使えない地域もあります。

公式サイトから確認できるエリアに自分のWiMAXを使う自宅などが含まれているか、事前に確認しておきましょう。

参考サイト:WiMAX公式サイト

またエリア内だとしても、屋内だと電波が受信しづらくなるため、場合によってはWiMAXを使えないこともあります。

WiMAXは原則契約から数日以内であれば、使えなかった場合に解約することも出来ますが、地方に住んでいて心配な方は申し込む前に一度プロバイダに問い合わせしてみましょう。

最低利用期間と違約金について

WiMAXには、最低利用期間と違約金があります。

解約のタイミングによっては多額の違約金が発生するので、よく確認しておきましょう。

WiMAXは2年ごとの自動更新となる

WiMAXは、どこで契約しても2年ごとの自動更新です。ドコモなどキャリアのスマホと同じ、いわゆる2年縛りが存在することになりますね。

契約更新月に解約手続きをしなかった場合は、今使っている端末でそのままもう2年契約することになってしまいます。

契約更新月はしっかりと控えておきましょう。

WiMAXの違約金

WiMAXの違約金は、最初の2年間は数ヶ月ごとに変動するしくみが取られています。

WiMAX2+の違約金は、

    • 課金開始される1ヶ月目から13ヶ月目までは19,000円
    • 14ヶ月目から25ヶ月目までが14,000円
    • 26ヶ月目は契約更新月であるため0円
    • それ以降解約月以外で解約すると9,500円

もしも2年以内に解約したくなった場合は、今解約するのと数カ月後に違約金が変わってから解約した場合のどちらがお得かを計算してみましょう。

まとめ

WiMAXを契約する際は、確認すべきことがたくさんあります。

キャッシュバック等の特典や月額料金はプロバイダごとに違っているので、どのプロバイダが自分に合っているかはじっくりと調べましょう。

エリアや制限についても理解し、また違約金についても確認したうえでWiMAXを申し込むことが大事ですね。

 

WiMAX    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。