WiMAX

WiMAXと光回線はどちらを選ぶべきか比較する

自宅でインターネットを使うためには、通信環境が必要です。

通信環境を用意するにはいくつかの方法がありますが、大きく分けるとWiMAX(モバイルルーター)光回線のどちらかを選ぶこととなります。

以前は自宅でインターネットというと、光回線等の固定回線を使ったネット通信だけが唯一の方法でした。

しかし最近では、WiMAXなどのモバイル回線を固定回線代わりに使用するケースも増えています。

本ページではWiMAXとモバイル回線のどちらを選べばいいのか、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて詳しく説明します。

WiMAXと光回線のメリットとデメリット

結論から言うと、WiMAXか光回線のどちらが良いかは使い方によって変わります。

下記にそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

種別 メリット デメリット
WiMAX ・工事が不要
・料金がやや安い
・外出先でも使用可
・通信制限あり
・通信が不安定
光回線 ・通信制限がない
・通信が安定している
・工事が必要
・利用は屋内のみ

回線工事の有無は大きい

WiMAXと光回線の大きな違いは工事必要かどうかです。

WiMAXは無線タイプのインターネットなので工事が不要で、工事費も発生しません。

光回線は工事が必要で、原則工事費が掛かります。

  • 光回線は工事が必要→工事費がかかる
  • WiMAXは工事が不要→工事費がかからない

この違いが大きく、工事不要のWiMAXには以下のようなメリットがあります。

回線工事が必要ないWiMAXのメリット

回線工事が必要ないことは、実はかなり大きなメリットです。
上述のように工事費用がかからないだけでなく、

  • 撤去費用もかからない
  • 引っ越しも簡単
  • 契約期間も引っ越しに左右されない
  • すぐに使える(申込みから2~3日)

といったメリットがあります。

逆に回線工事が必要な場合以下のようなデメリットが発生します。

回線工事が必要な光回線のデメリット
  • 初期工事費が発生する
  • 契約から利用開始まで時間が掛かる(1ヶ月前後)
  • 引っ越しする際も工事が必要

そのため、

「すぐに使いたい」

「引っ越しが多い」

という方は必然的に工事不要のWiMAXを選ばざるを得ません。

ビッグローブWiMAX
「BIGLOBE WiMAX 2+」

選べるキャンペーンが魅力

・月額料金が安い
・キャッシュバックも選べる

・大手プロバイダで安心

などのメリットがあるビッグローブのWiMAXは現在最もお得なWiMAXとなっています。大手プロバイダが提供しているため最新機種も同料金で利用出来ます。

対応エリアが広く、すぐに配送されるので手軽に使えるのも魅力的ですね。

詳細を見てみる

 

回線速度、品質は光回線の方が良い

ただその反面、通信の安定性や回線速度は固定回線である光回線の方が優秀です。

光回線は現在どれも下り最大1Gbpsとなっており、実測値でも100Mbps以上出ることが少なくありません。

また、WiMAXも最近は回線速度がとても速いですが、3日間で10GB以上使うと通信制限が掛かってしまいます。

10GBはパソコンで映画を観ると3本くらいで使い切ってしまう容量です。

なので現状では家族で複数人で使う場合は間違いなく光回線を選んだ方が良いです。

光回線は制限を設けていないため、特殊な使い方をしない限り制限されることはありません。

enひかり(月々3,300円)
enひかり

契約期間に縛りなし!

・解約手数料なし
・業界最安水準
・料金体制がシンプル

などのメリットが多いenひかりは知名度は低いですが、現在もっともおすすめできる光回線です。

特に「解約手数料なし」というのがポイントで、他社にない魅力となっています。

月額料金も安く業界最安水準で、しかもその料金が途中で上がったりすることもありません。

キャッシュバックこそありませんが、月額料金がずっと安いので安心して利用したい方におすすめです。

詳細を見てみる

結果的に、

  • すぐに使いたい、引っ越しが多くて工事が煩わしい人はWiMAX
  • 速度重視、安定性重視、家族で使う場合は光回線

という選び方が正しいです。

外出時にも使えるのがWiMAX

WiMAXは外出時に持ち運びが出来るというメリットがあります。

光回線は固定回線なので自宅専用となってしまいますが、WiMAXはポケットに入れて持ち運びが出来るので、電波が入る限り外出時にもスマホやタブレット、ノートパソコンに繋いでインターネットが利用できます。

その点を考慮すると、

  • 外出時にも使いたいならWiMAX

というのは言うまでもありません。

WiMAXと光回線の月額料金比較

次に月額料金を比較してみます。

月額料金は全体的にWiMAXの方が安いですが、最近は光回線の料金がかなり下がってきているため料金にそれほど大きな差はありません。

老舗プロバイダ、ビッグローブで比較

WiMAXも光回線も、色々な会社がサービスを提供しています。

今回WiMAXも光回線も提供している大手老舗プロバイダ、ビッグローブの料金を比較してみましょう。

ちなみにビッグローブは他社に比べて月額料金が安くおすすめ。私も利用しています。

ビッグローブが提供する、

  • WiMAX
  • ビッグローブ光(光回線)
  • ビッグローブ auひかり(光回線)

の月額料金をまとめました。光回線の工事費は含まれています。

種類 ホーム マンション
WiMAX
初月:無料
1〜36ヶ月目:3,800円
37カ月目以降:4,380円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
auひかり 5,100円 3,800円

光回線にした場合は一戸建て(ホームタイプ)と集合住宅(マンションタイプ)で料金が変わるため、ホームタイプとマンションタイプで分けています。

WiMAXは料金プランが1つしかなく、一戸建てでもマンションでも同じ料金となります。

WiMAXと光回線を比較すると、一戸建ての場合はWiMAXの方が安く利用できます。マンションの場合、光回線が全体的に安くなるのでマンションで利用する場合は光回線の方が割安に利用できそうですね。

結局どっちを選ぶべき?

それぞれの特徴を踏まえると以下の選び方をするのがおすすめです。

  • WiMAX:屋外で使用する人・ネットを通常利用する人
  • 光回線:屋内のみで使用する人・ネットで動画やゲームをする人

月額料金が大きく変わらないので、自宅で使うなら光回線外出先など屋外でも使う場合はWiMAXを選ぶことをオススメします。

また、ネットで動画を見たり、オンラインゲームをするという場合は光回線がいいでしょう。

動画やゲームは多くの通信を必要とするので、WiMAXでは速度も通信量も不十分になる可能性があります。

反対に、ネットは通常利用程度で、軽い動画やメールを使うぐらいの人はWiMAXが適しています。

自宅のインターネット回線の選び方と選ぶ際の注意点新春、引っ越しや入学、単身赴任等で自宅に新しくネット回線を契約したいと思う人は多いと思います。 私が初めてインターネットを利用する...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください