WiMAXと光回線比較

やさしくねっと.

WiMAXと光回線はどちらを選ぶべきか比較する

 

自宅でインターネットを使うためには、通信環境が必要です。

通信環境を用意するにはいくつかの方法がありますが、大きく分けるとWiMAX(モバイルルーター)光回線のどちらかを選ぶこととなります。

以前は自宅でインターネットをするというと、光回線等の固定回線を使ったネット通信だけが唯一の方法でした。

しかし最近では、WiMAXなどのモバイル回線を固定回線代わりに使用するケースも増えています。

本ページではWiMAXとモバイル回線のどちらを選べばいいのか、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて詳しく説明します。

WiMAXか光回線のどちらが良いかは使い方によって変わる

結論から言うと、WiMAXか光回線のどちらが良いかは使い方によって変わります。

下記にそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

種別メリットデメリット
WiMAX ・工事が不要
・料金が安い
・外出先でも使用可
・通信制限あり
・通信が不安定
光回線・通信制限がない
・通信が安定している
・工事が必要
・料金が高い
・利用は屋内のみ

WiMAXと光回線の違い

WiMAXとは、無線で使用できるインターネットのことです。

専用のルーターを使用して電波を受信し、その電波の中継器となってスマホやタブレット、パソコンやゲーム機をネットに繋ぐことができます。

自宅で利用することはもちろん、モバイルルーターを使用すれば持ち運ぶことができるので外出先でもネットを利用することができます。
光回線は、光ケーブルで通信を行う固定回線のことです。

光ケーブルと呼ばれるケーブルを使用してデータ通信を行います。

自宅やオフィスでの使用に限られるので、外出先に持ち運んで使用することはできません。
この2つの基本的な違いについてご紹介します。

通信に回線工事が必要かどうか

光回線は、光ファイバーケーブルを通して通信を行います。そのため利用するには回線を引く開通工事が必要です。

一方WiMAXは、スマホなどと同様に無線で通信を行うので、開通工事は不要です。

ルーター端末さえあればすぐにでも通信を行うことが可能です。

回線工事をすると工事費用がかかりますので、早期の引っ越しなどを考えている人はあまりおすすめしません。

    • 光回線は工事が必要→工事費がかかる
    • WiMAXは工事が不要→工事費がかからない

と覚えておくといいでしょう。

WiMAXの方が月額料金は安い

WiMAXも光回線も、色々な会社がサービスを提供しています。

それぞれの会社で違いはありますが、基本的に月額料金が安いのはWiMAXです。

WiMAXはGMOとくとくBBWiMAX、光回線は「ドコモ・au・ソフトバンク」の3社で料金を比較しました。

種類ファミリータイプマンションタイプ
GMOとくとくBB WiMAX1~2カ月目:3,609円
3~24カ月目:4,263円
auひかり5,100円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
ソフトバンク光5,200円3,800円

光回線に一戸建て(ファミリータイプ)と集合住宅(マンションタイプ)で料金が変わるため、ファミリータイプとマンションタイプで分けています。

しかし、WiMAXは料金プランが1つしかなく、一戸建てでもマンションでも同じ料金となります。
WiMAXと光回線を比較すると、一戸建ての場合はWiMAXの方が安く利用できます。マンションの場合はやや高いケースもあります。

光回線は通信量を気にせず使える

光回線・WiMAX共に通信量を無制限で使用できますが、WiMAX3日間で10GB使用すると速度制限がかかってしまいます。

10GBもあれば一般的な利用者の多くは規制が掛かることはありませんが、毎日3時間以上動画を視聴したり、ネットフリックスで4K動画を視聴したりすると規制が掛かってきます。
光回線は、制限もなければ速度が遅くなることもありません。

データ通信量の大きい高画質な動画の視聴も、気にせず行うことができるというメリットがあります。

光回線は通信速度が安定している

光回線は回線ケーブルを自宅まで引き込んで使用するため、通信が安定しているというメリットがあります。

一方WiMAXは基地局から発される電波を拾って通信を行うため、屋内だとどうしても電波が繋がりにくくなります

さらに、速度が不安定になるというデメリットがあります。
速度が不安定だと高画質の動画を視聴していると途中で止まったり、オンラインゲーム中に止まってしまうといったトラブルが起きることもあります。

データ量の大きい動画やゲームでの使用がメインの場合は、安定して使用できる光回線の方が適しています。

WiMAXは外出先でも使用できる

WiMAXの場合、モバイルルーターを使用すれば外出先でもネット通信ができるようになります。

フリーWi-Fiが無い場所でパソコンやタブレットを使って通信が可能になるので、外出先で仕事をする方などはとても便利です。
光回線は持ち運びができないので、自宅での使用に限られています。

まとめ

それぞれの特徴を考えると、下記のような人にオススメです。

    • WiMAX:屋外で使用する人・ネットを通常利用する人
    • 光回線:屋内のみで使用する人・ネットで動画やゲームをする人


自宅で使うなら光回線外出先など屋外でも使う場合はWiMAXを選ぶことをオススメします。
また、ネットで動画を見たり、オンラインゲームをするという場合は光回線がいいでしょう。

動画やゲームは多くの通信を必要とするので、WiMAXでは速度も通信量も不十分になる可能性があります。

反対に、ネットは通常利用程度で、軽い動画やメールを使うぐらいの人はWiMAXが適しています。

 

WiMAX 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。