キャッシュバックが多いGMOとくとくBBのプラン

やさしくねっと.

WiMAXの最安と言われるGMOとくとくBBはおすすめなのか?プランや評判をまとめる

 

gmo%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

無線のインターネット、モバイルWi-Fiルーターとして定評のあるWiMAX。

WiMAXは現在so-netやビッグローブ、ニフティ等の大手プロバイダを始めたくさんの通信会社が販売、提供しています。

その中でもネットで最安!とおすすめされていることが多いのがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBWiMAXはキャッシュバック金額が大きく(最大3万円)、月額料金の割引もあり、ネット上で一押しとされているのをよく見ます。

しかしso-netやビッグローブ等の大手プロバイダと比べGMOは知名度が低く、「本当に大丈夫なの?」と不安になる人も多いと思います。

というわけで本ページではGMOとくとくBBのWiMAXはおすすめなのか?

プランや評判をまとめます。

GMOとくとくBBの料金プランとキャンペーン

GMOとくとくBBの料金プランやキャンペーン、特徴をまとめると下記の通りとなっています。

ギガ放題は月間通信制限なしのプラン、ツープラスは7GB制限ありのプランです。

項目ギガ放題ツープラス
月額料金1~2カ月目:3609円
3~24カ月目:4263円
3609円
キャッシュバック24000円~29000円
受け取り方法11カ月後に振り込み
他キャンペーンクレードル無料
選べる機種W03、WX03、WX02、Home+CA、Uroad-Home2+
支払方法クレジットカードのみ
解約方法マイページ

いずれのプランでもキャッシュバックキャンペーンを行っており、違いは7GB制限ありプランの方が月額料金が安いことくらいです。

GMOとくとくBBのおすすめポイント

GMOとくとくBBの特徴は、キャッシュバック金額が業界ナンバーワンであることです。

最もキャッシュバック金額が高いので、キャッシュバックを求めるならGMOとくとくBB一択と言えるでしょう。

他社でもキャッシュバック自体は行われていますが、金額はGMOとくとくBBの方が上です。

参考記事:WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきこと

また、GMOとくとくBBは月額料金も少し他社に比べて安いです。

例えばUQ WiMAXはギガ放題が月額4380円ですが、GMOとくとくBBだと4263円です。100円程度の違いとはいえ、2年間だと2400円近く安くなり、さらにキャッシュバックも得られると考えるとかなりお得ですよね。

ただしGMOとくとくBBに限らず、WiMAXのキャッシュバック制度はちょっと複雑なので必ず手順を理解しておきましょう。

⇒GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンを見てみる

キャッシュバックの受け取り方法

11ヶ月目に使用継続の確認されたら、GMOの基本メールアドレス宛にキャッシュバックに関する案内のメールが届きます。

このメールから振込先を登録することでその翌月末にキャッシュバックが振り込まれるシステムです。

つまり11ヶ月以内に解約するとキャッシュバックはもらえません。

また、11ヶ月経っても勝手にキャッシュバックが振り込まれるわけではなく、基本メールアドレスに届くメールから設定をしなければ振り込みは行われないのです。

ネット上ではこの手続きをしなかったためにキャッシュバックが振り込まれたかったという声もよく見受けられます。よく注意しましょう。

評判はどうか

GMOとくとくBBのWiMAXは本当にお得なのか?

使い勝手は悪くないのか?

実際に利用している方達の意見をTwitterで調べてみました。

 

通信速度が規制されてからもとくに速度が遅くなってはいないという意見があり、実際速度が下り17.16Mbps出ているツイートもありますが、たしかにこの速度なら格安SIMの高速通信時とほとんど変わりなく、快適に使えられると考えられます。

しかしどこでもいつでも速度制限時にこのくらいの速度が出るとは限らないので、注意が必要ですね。

モバイルルーターを紛失すると解約するしかないのは難点ですね。モバイルルーターは小さいのでなくしてしまう可能性はないとは言えません。紛失しないように、気をつけましょう。

評判を見てみると、「電波が繋がらなかった」という意見も見受けられます。

GMOとくとくBBのWiMAX2+におけるエリアは、UQ WiMAXなどの他のWiMAXと完全に同じで差はありません。

WiMAXはプロバイダごとに通信容量を割り振ってプロバイダが再販しているわけではなく、あくまで購入窓口としての役割でしかないのでプロバイダによって速度やエリアが変わるということはありません。

ちなみに格安SIMは各社が通信容量を買い取って再販しているので会社によって変わってくる可能性があります。

電波が届かない場合はキャンセルが出来る

ユーザーの声にある「繋がらなかった」は単にエリア外であるためか、室内で電波をうまく拾えなかったためであると考えられます。

WiMAXは契約する前に自宅等、メインで使うエリアが◯判定になっているかは確認しておかなければいけません。

また、エリアが対応しているにも関わらず電波が届かなかったとしても対処法はあります。

GMOとくとくBBをはじめ、WiMAXの多くのプロバイダは利用開始から1週間以内程度であれば契約のキャンセルが可能です。

GMOとくとくBBは契約から20日以内ならキャンセルが可能です。契約のキャンセルなので違約金なども掛かりません。

もしも契約する際にエリアが○判定だったのにまったく使えなかったら、キャンセルが可能であることを覚えておきましょう。

まとめ

GMOとくとくBBのWiMAXは、システムについてよく理解している人におすすめのWiMAXです。

キャッシュバックは高額ですが、貰うまでの手順は少々複雑です。これに関してはネットでWiMAXを契約する場合どれも同じような手順となるので高額キャッシュバックを得たい場合は不回避ですが。

基本メールアドレス(プロバイダから提供されるメールアドレス)がいつでもメールの受信を確認できるようになっていなければ見逃してしまい、キャッシュバックを受け取れなくなってしまいます。

しかし、最も高い特典を得られるのもまたGMOとくとくBBです。

どこで申し込みをしても機能面ではほぼ変わらないのでせっかくならGMOとくとくBBで高額キャッシュバックを受け取りましょう。

⇒GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンを見てみる

 

WiMAX    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。