WiMAXはクーリングオフ出来る?

やさしくねっと.

WiMAXの契約はクーリングオフでキャンセル可能?プロバイダごとにまとめる

 

クーリングオフとは、契約後、一定期間内であれば契約を解除できる制度です。

「WiMAXを契約したけどやっぱり契約をキャンセルしたい…」
「実際に使ってみたら環境が良くなかったのでキャンセルしたい」

という人もいるでしょう。

そこで本ページでは、実際にクーリングオフが適応されるのかどうか、キャンセルについてプロパイダごとにまとめました。

結論からいうと、契約から8日以内であればキャンセルできます。

契約から8日以内であればキャンセルできる

WiMAXを始め、スマホ(携帯電話)やポケットWi-Fi、光回線などの電気通信サービスは「初期契約解除制度(2016年5月発足)」という独自の制度によってキャンセル規定が定められています。

初期契約解除制度とは、契約書に記載されている契約日から8日以内なら契約が解除できる制度のことです。
総務省が定めた消費者を保護するためのルールで、電気通信事業者の合意なく消費者側の都合のみによって契約を解除できるルールですね。

クーリングオフとは異なる

初期契約解除制度はクーリングオフと似ている制度ですが、クーリングオフとは異なります。

クーリングオフは電話・訪問販売のみの適応で、通信販売には対応していませんでした。

そのため2016年5月に初期契約解除制度が発足される以前は携帯電話や光回線の契約をキャンセルすることが出来なかったのです。

(法律上、提供会社が出来ないとしても良かったが独自でキャンセルOKとしていた通信会社も多かった)

しかし現在は初期契約解除制度によって通信販売や店舗販売を含め、どのような販売方法であっても適応されます。そのため、WiMAXをネット経由で購入しても適応され、契約解除が可能になっています。

初期契約解除制度の注意点について

契約から8日以内に初期契約解除制度を使ってキャンセルを行う場合、違約金は支払う必要はありません。

契約規定に高額な違約金が発生すると書かれていても、制度を使ってキャンセルする場合は支払う必要がなくなります。高額な違約金に悩まされることも、違約金の支払いを避けるために無理をして契約を継続する必要もありません。

ただし、8日以内にキャンセルを行っても、以下の費用は支払う必要があります。

    • 解除日までのサービスの利用料
    • 契約解除までに行われた工事費
    • 契約の際にかかる事務手数料


サービス利用料は基本的に日割りで算出します。

また、工事費と事務手数料については、法令で定められた上限額までしか支払う必要がありません。

事務手数料は3,000円が上限で、工事費は集合住宅か一戸建てか、職員が派遣されたかどうか、工事をした日時などによって上限額が変わります。

8日を1日でも過ぎると無効

初期契約解除制度は8日以内に電話、または文書によって解約する旨を伝える必要があります。

8日を過ぎると無効となり、初期契約解除は適用されません。

WiMAXの初期契約解除制度が起算される日、つまり初日は「契約後に送付される契約書面をお客さまが受領した日、またはUIMカードが到着した日のいずれか遅い日」となっています。

前者については郵送、またはマイページに届くメールとなっています。後者に関しては機器(ルーター本体)と同時に届きます。

この2つのいずれかの遅い日が初日となり、そこから8日以内であれば無条件で解約することが可能です。

なモバイルWi-Fiルーターが届いたらすぐに使ってみて、電波状況等が理由でキャンセルしたい場合は早急に解約したい旨を伝えるようにしましょう。

 

WiMAXのキャンセル規定はプロバイダによって異なる

WiMAXをキャンセルするための規定は、原則は初期契約解除制度に従うことになっています。

しかし、プロバイダによって規定が異なっているケースもあるのでチェックしておきましょう。

下記は主要なプロバイダキャンセル規定です。

名称 
GMOとくとくBB20日以内
so-net8日以内(個人のみ)
ビッグローブ8日以内
BroadWiMAX8日以内
DTI8日以内
UQwimax8日以内
3WiMAX

8日以内

基本的には初期契約解除制度に従って、8日以内であればキャンセルすることが可能です。

契約後に何らかの理由でキャンセルをしたいと思った場合は、必ず8日以内に解約手続きを行いましょう。

独自のキャンセル規定があるのはGMOとくとくBBとso-net

基本的には8日以内であればどんな理由でもキャンセルが可能ですが、一部独自のキャンセル規定を設定しているプロパイダもあるので覚えておきましょう。

例えばGMOとくとくBBだと、利用して満足できなかった場合は20日以内であればキャンセル可能です。

いわゆる「返金保証制度」のようなものが設定されています。この規定はピンポイントエリア判定が「○」のみの場合が対象で、違約金無料でキャンセルできます。

※エリア判定は下記サイトから出来ます。

⇒GMOとくとくBBのWiMAX2+はこちら

20日と長めに設定されているので「エリア判定はOKでも、実際に契約してみると通信速度に不満が出るかもしれない…。」と考えている方でも安心して試すことができます。エリア判定が「〇」以外の場合は初期契約解除制度に合わせて8日以内であればキャンセルが可能です。

その他に、So-netは個人の場合のみ初期契約解除制度が適応されます。法人は対象外となっているので初期契約解除制度が使用できません。

⇒so-netのWiMAX公式サイトはこちら

 

まとめ

WiMAXをはじめとした通信サービスは、実際に使ってみないと通信速度がハッキリとは解らないことがあります。

自分が使用するエリアが通信可能エリアに入っていても、室内だと十分な速度が出ずに使い物にならなかった…。ということもあります。

しかし一定の期間まで継続利用しないと違約金が発生するため、使えないWiMAXをそのまま継続して利用せざるを得ないというケースもありました。そんなトラブルに対応した制度が「初期契約解除制度」です。

この制度があるおかげで、通信速度に不安があっても違約金などを気にすることなく申し込みが可能になりました。もし満足につながらない、通信速度が遅いと感じたら制度が利用できる8日以内に電話連絡をしてキャンセルの手続きを行いましょう。9日以降になると違約金の支払い義務が発生するので必ず8日以内に連絡をしてください。

8日間は短いと感じる方は、GMOとくとくBBなら20日以内ならキャンセルOKというサービスを行っているのでチェックしてみるといいでしょう。

参照記事:WiMAXの最安と言われるGMOとくとくBBはおすすめなのか?プランや評判をまとめる

 

WiMAX    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 高橋 より:

    端末が宅配されてきたのでカードを装着したら、端末画面で私の知らない「PINコード」を尋ねられ、入力を3回失敗したら「PINロック」をかけられ、その結果、一度も使用できてません。(売り込んでいた時は、「PINコード」が必要だなんて一度も言っていなかったのに。これで、私は、初回手数料・端末代金・初回通信料などをムダに取られてしまいます。何も使っていないのに。) このようなサポートの薄さでは、「PINロック」は解除できないんでしょうね?

    • T.K.エルモ より:

      購入した窓口のサポートに問い合わせしてみてください。
      まともな業者であればちゃんと使えるように対応してくれるはずです。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。