絶対出来るwi-fi構築

Wi-FiとWiMAXの違いについてわかりやすく解説

「Wi-FiとWiMAXって何が違うの?」
「どちらもWi-Fiじゃないの?」

インターネットの世界はとても複雑で、専門用語だらけで困惑しますよね。
実はWi-FiとWiMAXはまったく別の通信なんです。

本ページではその違いについて詳しく解説していきます。

どちらを契約しようか悩んでいる方のためのガイドラインも用意しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Wi-FiとWiMAXは通信規格がそもそも違う

Wi-FiもWiMAXも、インターネットへ接続するための通信手段であることは同じです。

ですが2つの通信規格は異なります。

Wi-FiはLAN(ローカルエリアネットワーク)と呼ばれるもので、自宅やオフィスなど限られた範囲をネットワークで結ぶもの。

WiMAXはワイドエリアネットワークと呼ばれるもので、地区・県をまたいでネットワークを結ぶものです。

使い方などそれぞれの特徴について以下で詳しく解説していきます。

WiMAXは月額料金を払って利用するネット回線

WiMAXは持ち運びができる無線のインターネット回線の一つです。

スマホ(ドコモ、au、ソフトバンク)などで利用する回線とは少し違い、通話はできません。ネット専用のサービスとなります。

専用のモバイルルーターなどの機器でWiMAXの電波を受信し、Wi-Fi接続でスマホやタブレット、パソコンなどの端末へネットを繋げます。

wi-fi図解(ポケットwi-fi)

持ち運べるモバイルルーター以外にも、固定回線の代わりとして据え置き型になっている機器もあります。

WiMAXとは何か?メリットとデメリットを分かりやすく解説WiMAXをご存じでしょうか? WiMAXは正式には携帯電話の3GやLTE等と同じ移動体通信方式の(世界基準の)規格の一種で、日本...

Wi-Fiは限られた範囲でしか使えない

Wi-Fiとは、無線LANの規格名の1つです。

スマホやパソコン・タブレット・ゲーム機・テレビなど様々な機器を無線で接続する技術のこと。

Wi-Fiを利用すればスマホの通信容量を気にせずにネットを使うことも可能です。

テレビをWi-Fiに繋いでVODなどで高画質のビデオコンテンツを視聴したり、ゲーム機をWi-Fiに繋いでオンライン対戦を楽しむことがなどができます。

光回線が導入済みなら、無線ルーターを設置すればすぐに自宅でWi-Fiが利用できるようになります。

無線ルーターは光回線のオプションでレンタルすることもできますし、自分でルーターを購入すればWi-Fiが使えるようになります。

Wi-Fiスポットのある場所なら、外出先で無料でインターネット接続をすることも可能です。

Wi-Fiスポットには無料のもの以外にも会員登録をしていれば使えるもの有料で使えるものなどがあります。

通信可能エリア

WiMAXとWi-Fi、それぞれの通信可能なエリアをチェックしてみましょう。

WiMAXは機器があればエリア内ならどこでも使える

WiMAXは対応エリア内であればどこでも使うことができます。

ただしWiMAX対応のルーターや機器が必要です。

家では据え置き型のルーター、外出先ではモバイルルーターがあれば使えます。

対応エリアは以下のページから確認できます。

UQ WiMAX公式サイト

Wi-Fiルーターの近く、またはWi-Fiスポットのある場所で使える

Wi-Fiは家の中で使う場合はルーターの性能によって使える範囲が異なります。

基本的にはルーターを設置している部屋なら問題なく使えますし、障害物に強いルーターなら別の部屋や2階、庭などルーターから離れた場所でも使用可能です。

外でWi-Fiを利用したい場合は、無料のWi-Fiスポットの周辺が通信可能エリアとなります。

Wi-Fiスポットの検索は以下のページから可能です。

freespot

「どこで」「どれくらい」つかうのか考える

WiMAXを契約するべきなのか、Wi-Fiを導入するべきなのか迷っている方は自分がどこでどのくらいのデータ通信を行うのかを考えてみましょう。

以下の表はどこでどのくらいつかうのかを想定し、より適した通信方法を示したものです。

情報収集や連絡程度の少ないデータ通信がメイン 動画・音楽・ゲームなどの大容量コンテンツをよく利用
外出先で使う WiMAX WiMAX
家でよく使う WiMAX Wi-Fi

外出先での利用がメインならWiMAX

外出先で良く使用するという方は、WiMAXを契約してモバイルルーターを持ち運んで利用した方が良いでしょう。

Wi-Fiも無料Wi-Fiのある場所でなら外出先で利用できますが、スポットを探さなければなりませんし、使える場所が限定されてしまいます。

自宅で大容量のコンテンツをよく利用するならWi-Fi

家でよく使う場合は、据え置きタイプのWiMAXを利用しても良いと思いますが、WiMAXには3日間で10GBを超えると速度制限がかかるというデメリットがあります。

動画や音楽、ゲームなどの大容量のコンテンツを自宅で使うという場合は光回線など固定回線を引き、ルーターなどを使ってWi-Fiでスマホやゲーム、テレビやパソコンなどを繋いでネット利用することをおすすめします。

まとめ

ご紹介したように、WiMAXとWi-Fiは似た名前ですが、全く異なるものです。

WiMAXは電波塔から電波を受信し、地域をまたいでさまざまな場所で自由にインターネット接続ができるようにする携帯型の機器です。

Wi-Fiは固定回線やWiMAXを起点に、そこから限られた狭い範囲でインターネット接続をできるようにする無線のローカルネットワークです。

Wi-Fiを導入したい方は以下の記事も参考にしてみてください。

ど素人でも出来る!自宅でWi-Fiを使うための無線LAN構築方法スマートフォンやタブレット等のWi-Fi対応の機器を日常で使うことが増えてきました。 スマートフォンで使用する回線(LTE)は通信...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください