スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

一人暮らしで自宅でWi-Fiを使う3つの方法

 

一人暮らしを始めたら、まずはWi-Fi環境を整えたいところ。

新居に始めからネットが付いているのであればいいですが、そうでなければ全て自分で用意しなければいけません。

しかし最近のネット回線は種類も多く、何にすればいいのかわかりずらいですよね。自宅でWi-Fiを使うには、以下3つの方法があります。

  1. 光回線+ルーター
  2. ポケットWi-Fi
  3. 工事不要の据え置き型ルーター

本ページでは、1人暮らしの人が自宅でWi-Fiを使う上記3方法について具体的に解説していきます。

この記事を読めば自分が何を選べば良いのかわかるようになっているので、是非参考にしてください。

光回線+Wi-Fiルーターの利用

Wi-Fi環境を揃えるのに主流になっているのが光回線の導入です。

光回線とは、自宅に光ファイバーという線を通すことでインターネットを利用できるようにする回線です。導入には取り付け工事が必要です。

そこにWi-Fiルーターを取り付けることで、自宅まで届いたネット回線を無線化(Wi-Fi化)してくれます。

自宅までは有線でネットを繋いでくれるので、後述のポケットWi-Fiなどと比べて速度が安定しやすいのが特徴です。

一番有名なのはフレッツ光ですが、auひかりやNURO光、最近では光コラボと呼ばれるソフトバンク光やドコモ光も人気です。

自宅で安定してネットを使いたい人は光回線がおすすめ

光回線の特徴は何よりもネット回線が安定する点です。安定した環境でネットを使いたい人は光回線をおすすめします。

また、ポケットWi-Fiなどの最高速度は440Mbps程度なのに比べて、光回線は最大1Gbpsや2Gbpsと、かなり高速です。あくまで最大速度なので実際にそこまで出ることはありませんが、上限が2倍以上大きいので速度は出やすいです。高速でネットを使いたい人にもおすすめできます。

光回線の選び方はケース毎で考える

光回線はフレッツ光をはじめ多種類あります。選択肢が多くてわかりずらいので、何を重視するかによっておすすめの回線をまとめました。

利用中の携帯キャリアで選ぶ

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯キャリアも光回線を提供しています。もしも3社いずれかのスマホを契約中であれば、同じ系列の光にするのがおすすめです。ドコモはドコモ光、auはauひかり、ソフトバンクはソフトバンク光となります。

スマホと光回線を揃えるとセット割引がプランに応じて適用されます。場合によっては毎月2,000円ほど割引になることも。

キャリアスマホを使っている人はセットにしましょう。

参考記事:ドコモ光ってどう!?月額料金や光スマホ割について分かりやすく解説
参考記事:auで統一すべき?auスマートバリューの条件、対象プランまとめ
参考記事:ソフトバンク光ってどう!?月額料金や評判、話題のおうち割を考察

キャッシュバックで選ぶならauひかり

光回線の契約にはキャッシュバックがつくことが多いです。

なかでもキャッシュバック金額が大きいのがauひかり。契約すると30,000円ほどのキャッシュバックがつくものも。

引っ越しは何かとお金がかかって大変なので、少しでもキャンペーンを適用して補填したい人はauひかりを選びましょう。

auひかりの公式キャンペーンを確認する

速さ重視ならNURO光

一般的な光回線は最大速度が1Gbpsですが、NURO光の場合は2Gbpsと国内最速です。

とにかく速い回線でネットを利用したい人はNURO光が一番おすすめです。

しかし、NURO光は他社光と比べてまだエリアが狭く、対応していない可能性もあります。

関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県)東海(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)関西(大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県)は対応エリアとなっていますがエリア内でも対応可否があるのでまずは確認してみましょう。

NURO光のエリアを確認してみる

ポケットWi-Fiの利用

ポケットWi-Fiとは、名刺サイズで持ち運びできるタイプのルーターをさします。携帯と同じように電波を受けて、その電波をWi-Fiに変換してとばしてくれます。

ポケットWi-FiはWiMAXが有名で聞いたことある人も多いはずです。

外でWi-Fiを使う人はポケットWi-Fiがおすすめ

ポケットWi-Fiと光回線の一番の違いは持ち運びができる点です。

自宅だけでなく、Wi-Fiを繋ぎたいという人にはおすすめです。

また取り付け工事がない点も大きなメリットです。

光回線の場合は工事が発生するので、工事費もかかりますし、引っ越しをする際には新しい家でも再度工事する必要があります。

そのぶんポケットWi-Fiは工事は不要ですし、引っ越ししてもそのまま利用ができます。

速度などは光回線に劣りますが、その分気軽に使えるといったイメージです。

ポケットWi-Fiの選び方

ポケットWi-FiはWiMAXが提供しているものが主流で、それをSo-netやOCNなどプロバイダと呼ばれる会社が仲介をしています。

契約する窓口が違うだけなので、どこで契約しても中身は同じです。しかし、契約窓口によってキャンペーンは大きく変わってくるので注意しましょう。

WiMAXキャンペーンの比較を確認する

据え置き型ルーター、ソフトバンクエアーの利用

最後に据え置き型ルーターのソフトバンクエアーについて。

光回線と同様据え置き型ですが、ソフトバンクの電波を利用してネットをつなげるため、回線工事が不要です

前述のソフトバンク光と同様、ソフトバンクのスマホを使っているとセット割がつくのも特徴の一つです。

自宅でしかWi-Fiを使わない場合はソフトバンクエアーがおすすめ

ソフトバンクエアーは光回線とポケットWi-Fiの間に位置するイメージです。

光回線のように据え置き型ですが、ポケットWi-Fiのように工事不要で手軽に利用できるのです。

ソフトバンクエアーは以下の3点を満たす人におすすめです。

  1. ソフトバンクスマホを利用している
  2. 外でWi-Fiは使わない
  3. 工事なしでWi-Fiが使いたい

3つとも当てはまらない場合はソフトバンク光やポケットWi-Fiなどの他の方法を選んだ方が良いでしょう。

⇒Softbank Airの詳細はこちら

まとめ

まとめると以下のようになります。

光回線:回線スピード・安定感

ポケットWi-Fi:外でWi-Fi利用・工事不要

ソフトバンクエア:自宅据え置き・工事不要

引っ越し直後はやることが多くて大変です。しかし、今はネット回線やWi-Fiが生命線と言ってもおかしくない時代です。早めに手続きを始めて快適な生活を送りましょう。

 

絶対出来るwi-fi構築    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。