絶対出来るwi-fi構築

アクセスポイントを設置して1階から2階、3階へもWi-Fiを繋げる方法

「鉄筋コンクリートの家で2階や3階にWi-Fiの電波が届きにくい…」

ということはよくあります。

最近では家庭用無線LANルータもかなり高性能な製品が出たためだいぶ改善されましたが、それでもコンクリートに覆われた壁に阻まれるとなかなか難しいのが現状です。

3階建てだとなおさら。

そんな環境でお困りの方は今回のお話が役に立つかもしれません。

ねとみ
ねとみ
家の構造は変えられないので、Wi-Fi環境を変えて快適にインターネットを楽しみましょう!

無線LANを遠くへ広げるためには

一般家庭では普通無線LANルータを一台配置し、そこから各種パソコンやスマホ、タブレットをインターネットに接続しています。 

しかしこれが大きい会社等になると当然一台では不可能ですよね。

大企業はもちろん小さな事務所を除くほとんどの企業では無線LANを導入する際アクセスポイントと呼ばれる機器を設置します。

こんなやつです。アンテナ内蔵タイプのもあります。

アクセスポイント

一般的な中小企業だとこんな感じ。一階のルータからハブ、ハブからLANケーブルで各階のアクセスポイントに繋いでネットワークを構築します。

無線LAN
小林
小林
へぇ〜、会社みたいな大きな建物ではこうやって電波がどこでも安定するようにしているのか〜。
ねとみ
ねとみ
そうなんです。家庭の場合も同じ考え方でWi-Fiエリアを広げることができます。
小林
小林
アクセスポイントを増やすんだね!

無線LANルータを複数設置する方法

アクセスポイントは基本的に法人向けの機器なので家庭向けの製品はあまり発売されていません。

そのため一般家庭で会社と同じ方式を取ろうとするとこうなります。

無線LAN2
小林
小林
でもこれだとケーブルを引くのも大変だし、無線ルータが複数必要だからけっこうお金かかるね…。
ねとみ
ねとみ
そうなんですよね。ケーブルを隠すために業者さんを呼ぶとさらにお金がかかります。なのでオススメなのがWi-Fi中継機を使う方法です。

オススメはWi-Fi中継機を使う方法

「ケーブルの配線が邪魔だなぁ」

「ルーターを複数買うのもったいないなぁ」

という場合はwi-fi中継機で電波を中継して2階・3階に届くようにする方法がオススメです。

これを例えば2階の階段付近に設置すると中継してその階やその上の階までWi-Fiが届くようになります。

設定もとても簡単。

  1. 中継機についているWPSボタンを約2秒間プッシュ
  2. Wi-Fiルーター (親機) のWPSボタンをプッシュ

これだけです。

2階・3階の電波の弱さを改善したい場合は試してみてください。

ねとみ
ねとみ
スマホなどの端末とWi-Fiでつながると、端末のある方向へ電波を強めてくれるビームフォーミング機能などもついていますよ!

メッシュWi-Fiという方法

最近ではルーターを網目状に張り巡らせて部屋全体をWi-Fi対応するメッシュWi-Fiルーターという機器が販売されています。

参考サイト:メッシュWi-Fiとは? 中継器との違い・メリットデメリットを丁寧に解説

メッシュWi-Fiはルーターの数が増え、全体的に速度低下に繋がる恐れもありますが、その分部屋全体にWi-Fiを張り巡らせることができるので、お風呂や寝室など隅の部屋まで対応したい場合は検討してみると良いかも。

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください