無線LAN

やさしくねっと.

アクセスポイントを設置して1階から2階、3階へもwi-fiを繋げる方法

 

そふとばんく

一般家庭で3階建ての家は少ないかもしれませんが、鉄筋コンクリートで2階までwi-fiが届きにくいってことは結構あるんじゃなかなと思います。

最近では家庭用無線LANルータもかなり高性能な製品が出ており、電波もよくなりました。

しかしコンクリートに覆われた壁に阻まれるとこれがなかなか難しい。3階建てだとなんとか届いても快適に使うのはかなり厳しいです。

そんな環境でお困りの方は今回のお話が役に立つかもしれません。


スポンサーリンク

無線LANを遠くへ広げるためには

一般家庭では普通無線LANルータを一台配置し、そこから各種パソコンやスマホ、タブレットをインターネットに接続しています。

しかしこれが大きい会社等になると当然一台では不可能ですよね。

大企業はもちろん小さな事務所を除くほとんどの企業では無線LANを導入する際アクセスポイントと呼ばれる機器を設置します。

こんなやつです。アンテナ内蔵タイプのもあります。

アクセスポイント

一般的な中小企業だとこんな感じ。一階のルータからハブ、ハブからLANケーブルで各階のアクセスポイントに繋いでネットワークを構築します。

無線LAN

同じ要領で家庭にもアクセスポイントを配置することでwi-fiのエリアをどんどん広げられます。

無線LANルータを複数設置する

アクセスポイントは基本的に法人向けの機器なので家庭向けの製品はあまり発売されていません。というのもすでに出回っている無線LANルータの大半がその役割を担っているからです。

つまり、一般家庭で例えば届きにくい3階までwi-fiを快適に使いたかったらこのような配置になります。

無線LAN2

上の画像では各階に無線LANルータを設置していますが2階にあれば十分かなと思います。もちろん状況次第ですが。

無線LANルータの設定

無線LANルータを複数設置する場合、必ず行わないといけないのが片方(子機)のルータをAP(アクセスポイント)モードにすることと、チャンネルの設定です。

APモードというのは言い換えるとルータ機能OFFモードです。一つのネットワークにルータが2台並ぶとネットワークが機能しなくなるのでそれを避けるためのモードです。

チャンネル設定とは電波の周波数の変更のことで、同じチャンネルにしてしまうと双方電波干渉が起きてしまい通信が上手くいかないことがあります。

無線3

上記二つの設定は機種によってできないものもありますが現在発売されているバッファローの製品ならほぼ問題ないでしょう。

設定はこちらのページが参考になります。機能としてあればどのメーカーでも同じ要領で設定可能です。

BUFFALO製無線LANのチャンネルを手動で変更する方法

問題はLANケーブルの配線か

ルータから無線LANルータまでの配線はもちろん有線で行わなければなりません。最近の新築物件やリフォーム物件には各階にLANケーブルのコンセントがあったりしますのでそこにAPモードに設定した無線LANルータを接続してやればいいです。

が、問題は各階にLANケーブルが通っていない場合。

この場合は自分で配線するか電気屋さんにお願いしてLANケーブルを引っ張る必要があります。

電話のコンセントがあればそのルートを利用して割と簡単に引くことはできますが、まあ全くの素人なら専門家に依頼した方がいいですね。良心的なところなら2万前後でやってくれるんじゃないかと思います。

鉄筋コンクリートに阻まれてwi-fi環境が悪いって人は各階にwi-fi飛ばして快適に使いましょう。

wi-fi中継機を使う

LANケーブルの配線工事にお金を掛けるほどでもないという場合はwi-fi中継機で中継する方法もあります。

こういうやつ。見た目普通の無線ルータと変わりません。モノによっては中継機能のある無線ルータもあります。

こいつを例えば2階の階段付近に設置すると中継してその階やその上の階までwi-fiが届くようになります。

設定もとても簡単に出来るので説明書見ながらやってみてください。

同軸モデムを導入する

中継器じゃキツイ場合はこれ。

おそらくほとんどの家庭ではインターネットのケーブルはなくてもテレビのケーブルを指すコンセントはあると思います。

こんなやつですね。

テレビコンセント

新たにLANケーブルを引くのは大変なのですでに引いてあるテレビのケーブル、同軸ケーブルを利用しようという製品があります。それが同軸モデムと呼ばれるモノ。最近は学校などにも結構入ってます。

同軸

 

画像の同軸モデムは単機能の割に16,000円くらいと結構しますので2台揃えると電気屋さんに配線工事を依頼するより高くなるかもしれませんね。

(サン電子)TLC-1500 TLCモデム(同軸LANシステム)

あくまで参考に。

スポンサーリンク

 

絶対出来るwi-fi構築    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。