WiMAX

月額料金最安で使える通信無制限のWiMAXはどれ?実質料金をランキング形式で比較

WiMAXは家電量販店やauショップ、また、so-netやビッグローブ等のプロバイダから販売されていますが、商品自体はどれも同じで、通信速度やサービス面での違い等はありません。

しかし購入する窓口によって新規申込キャンペーンを行っていることもあり、特に始めの2年間は月額料金が大幅に安く利用できます。

ねとみ
ねとみ
月額料金4千円後半⇒3千円台になることも

本ページでは月額料金大幅割引キャンペーンを行っている販売店をピックアップし、それぞれ特徴等を解説します。

WiMAX最安ランキング

先にWiMAXの月額料金の安い順にランキング形式で紹介します。

使い放題プラン(ギガ放題)の契約年数である3年間で実質が最も安いWiMAXは35,000円キャッシュバックがあるGMOとくとくBBのWiMAXでした。

次いで安いのはJP WiMAX、キャッシュバックではなく月額料金でお得なのはbroadWiMAXという結果となっています。

プロバイダ 3年総額 備考
GMOとくとくBB 117,160円 キャッシュバック
35,000円分を考慮
JPWiMAX 121,000円 キャッシュバック
10,000円分考慮
BIGLOBE 126,310円 キャッシュバック
30,000円分を考慮
niftyWiMAX 127,790円 初月無料
キャッシュバック
23,100円分を考慮
BroadWiMAX 128,986円 月額料金割
カシモWiMAX 130,368円 月額料金割
(最安級プラン)
hi-ho WiMAX 138,960円 キャッシュバック
6000円分考慮
UQ WiMAX 142,628円 キャッシュバック
13,000円分を考慮
Drive WiMAX 144,540円 最初3カ月無料
を考慮
So-net 145,656円 月額料金割

 

GMOとくとくBBが総合的にお得

トータル割引額No.1!

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が現在35,000円と高額です。

月額料金割引もあるので総合的なコストを考慮すると最もお得なWiMAXと言えるでしょう。

また、高額キャッシュバックだけでなく月額料金も他社より安いこと、最新機種のW06を申し込めることも魅力です。

月額料金とキャンペーン

1~2カ月目:3,609円

1~24カ月目:4,263円

25カ月目以降:4,263円

キャッシュバック35,000円

GMOとくとくBBの詳細

GMOとくとくBBはとにかく総合的にお得です。

項目 ギガ放題 ライトプラン
月額料金 1~2カ月目:3,609円
3カ月目以降:4,263円
3,609円
キャッシュバック 最大32,050円
(毎月変更します)
受け取り方法 11カ月後に振り込み
他キャンペーン クレードル無料
選べる機種 W06、W05、WX05、WX04、
Speed Wi-Fi HOME L02、HOME 01
支払方法 クレジットカードのみ
解約方法 マイページ

  • キャッシュバックが高額
  • 月額料金が安い
  • 初月無料
  • 20日以内であればキャンセル可能
  • 最新機種のW06を申し込める

これらの理由から現在最も選ばれています。

また、使ってみて不満があれば利用料金、違約金なしでキャンセル出来るので気軽に申込が出来るところも魅力ですね。

詳細ページ申込ページ

 

JP WiMAXはバランスが取れている

JPWiMAXは月額料金の安さに加えてアマゾンギフト券1万円分のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

これにより3年間の実質料金はとくとくBBに次いで2番めの安さとなっています。

ただしキャッシュバックを受け取るには手続きが必要になってきます。

「jpwimax@fon.ne.jp」という専用のメールアドレスにて手続きが必要なので、確実に安く使いたいという場合は後述するbroadWiMAXを検討しても良いと思います。

月額料金とキャンペーン

利用開始月:無料

1~36カ月目:3,620円

37カ月目以降:4,379円

アマゾンギフト券1万円

3年間の平均月額料金はカシモWiMAXやBroad WiMAXよりわずかに高くなりますが、利用開始月が無料のため、月初めに使い始めた場合には最安レベルになります。

JPWiMAXの詳細

詳細は下表のとおりです。

項目 ギガ放題
(月額大幅割プラン)
月額料金 初月:無料
1~12ヶ月目:3,380円
13ヶ月目以降:4,379円
他キャンペーン セキュリティソフト(月額500円)1年間無料
事務手数料 3,000円
初期費用 無料
選べる機種 W06、WX05、HOME L02、HOME 01
支払方法 クレジットカード
キャンセル 8日以内までキャンセル可能(個人のみ)

JP WiMAXも初期費用はオプション加入などの条件なしで無料になります。

知名度こそ低いですが、月額料金が安く非常に人気があるプロバイダの一つです。

詳細ページ公式ページ

BroadWiMAXで最安に使う

月額料金業界最安値!

上記2社はキャシュバックを考慮して最安級となっていますが、純粋に3年間の月額料金がやすいのはbroadWiMAXです。

BroadWiMAXの月額料金は下記の通りです。

最初だけでなく25ヶ月目以降の月額料金が圧倒的に安くなっています。

月額料金

1~2カ月目:2,726円

3~24カ月目:3,411円

25カ月目以降:4,011円

3年間の平均月額料金は3,582円と通常料金より1,000円以上安くなっています。

キャッシュバックを考慮すればとくとくBBやJP WiMAX、ビッグローブWiMAXなどの方がお得ですが、これらはいずれも手続きが必要で、手続きを忘れたり、やり方が分からなくて受け取らない人も出ています。

月額料金割引のWiMAXであれば使い続けている限り確実に損失はないので、特にそういったキャッシュバック手続きが苦手な方におすすめです。

BroadWiMAXの詳細

BroadWiMAXの詳細は下表の通りです。

項目 ギガ放題プラン
月額料金
(※要オプション加入)
1~2カ月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円
25カ月目以降:4,011円
他キャンペーン 初期費用0円(要プラン加入)
事務手数料 3,000円
初期費用 18,857円(実質無料)
選べる機種 W06、WX05、HOME L02、HOME 01
支払方法 クレジットカード、
口座振替(キャンペーン適用外)
解約方法 電話・Web
キャンセル 8日以内ならキャンセル可能

broadWiMAXはネット上で最も売れているWiMAXの一つで人気があります。

また、それ以外にも他社乗り換えキャンペーンなども行っているので他社WiMAXやポケットWi-Fiからの乗り換えを検討している場合はチェックしておきましょう。

詳細ページ公式ページ

auのスマートバリューでさらに安く

WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズはauグループの会社なので、実はWiMAXはauのスマホとセットで割引がされます。

いずれの窓口で申し込みをしても適用されます。

WiMAXとauスマホのセット割、通称スマートバリューmineは「データ定額各プラン」、「LTEフラット」、「シニアプラン」等多くのプランで適用され、契約から24カ月間、月額最大1,000円が割引されます。

<スマートバリューmine適用プラン>

プラン名 割引額
auピタットプラン(シンプル):1GBまで 割引対象外
「データ定額1」
「auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
「auピタットプラン(シンプル):1GB超~2GBまで
500円
「データ定額2/3」「ジュニアスマートフォンプラン」
「シニアプラン」
「電話カケ放題プラン(ケータイ・データ付)」
743円
「データ定額5/20/30」
「LTEフラット」「ISフラット」
934円
「auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで
「auフラットプラン」
1,000円

ほとんどのプランで割引されるのでauスマホを利用している人はほぼ必ずWiMAXをさらにお得に利用することが出来ます。

 

初月~3カ月割引に注意

WiMAXは現在十数社を超えるプロバイダ、代理店が販売しており、各社様々なキャンペーンを打ち出しています。

それらの多くは通常月額料金よりもはるかに安い月額料金を提示していますが、安いのは実は初月~3カ月間のみだったりすることが多いです。

「通常月額4,380円のWiMAXが1,380円で使える!」

と記載されていても、安いのは実は始めの3カ月間のみで、それ以降は4,380円なんてことも少なくありません。

ねとみ
ねとみ
安い値段が出ている時は最初の3ヶ月のみなのかを確認する必要がありますね

上述した3社は初月はもちろん安いですが、それ以降も3年間は継続して割引がされるものばかりです。

3年目以降も他社に比べて月額料金が安いので、長期的な利用を考えている人にもお勧めできます。

キャッシュバックキャンペーンは注意が必要

本ページではキャッシュバックを含めてトータルで料金の安いプランをご紹介しましたが、キャッシュバックキャンペーンは注意が必要です。

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンについての詳細は、WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきことまとめで解説していますが、いずれの場合にしても、

  • キャッシュバックを得られるのは11か月利用以降
  • 受け取りにはこちらから手続きが必要
  • 受取期間には限りがあり、それを過ぎると無効になる
  • 受け取りまでに解約すると無効となる

という但し書きがあります。これはほぼ全プロバイダ共通です。

キャッシュバックの受け取りの流れとしては、

  1. 11か月の利用継続確認後、手続き案内のメールが届く
  2. メール受け取り後30日以内にweb上で手続き
  3. 数日後に振り込み

キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダは多いですが、いずれもほぼこの手順となります。

11か月という長い期間が空く上に、手続き案内のメールはプロバイダから指定されたメールアドレス(ビッグローブならbiglobe.ne.jp等)宛に届くので忘れてしまう可能性が高いです。

小林
小林
11ヶ月後に普段使わないメアドに届くメールから手続きかぁ、それは忘れちゃうだろうなぁ…

いずれのプロバイダも案内メールから30日以内に手続きしなければならないので、案内メールを確認し忘れるとキャッシュバックを得ることが出来ません。

そのため、全体的にキャッシュバックキャンペーンの方がトータルではお得となるプランが多いです。

ねとみ
ねとみ
キャッシュバックを受け取れない人の分を上乗せできるのね

キャッシュバックを取り逃すリスクもあるので、特に忘れそうだなと思う人、プロバイダメールとか分からないという人は確実に得ることの出来るbroadWiMAXなどの月額料金割引がお勧めです。

BroadWiMAXの公式ページをチェックする

WiMAXは3年後の更新月に乗り換えるのがおすすめ

これはどのプロバイダで契約しても同じなのですが、現在WiMAXはいずれも「3年毎の自動更新プラン」となっています。

そのため多くのWiMAXは最初の2~3年間までは月額料金が安いのですが、それ以降は4,000円程度まで値上がりしてしまいます。

また、3年も経てば契約した時の機種が古くなっているため、3年後の更新月に解約して別のWiMAXやポケットWi-Fiに乗り換えた方がお得です。

自動更新なので解約月以外に解約すると違約金が発生する

現在すべてのWiMAXにおいて、ギガ放題プラン(無制限プラン)を契約すると必然的に3年間の自動更新プランに加入することになります。

契約から3年以内の違約金はキャンペーンの違いからプロバイダによって若干差がありますが、おおよそ2~3万円の違約金が発生します。

丸3年利用すると解約月(契約した月から37ヶ月目に当たる月)が訪れるため、この月に解約すれば違約金が発生しません。

自動更新なので解約月に解約を申請しないとそのまま3年の更新となってしまいます。スマホと同じですね。

3年後の解約月以外の解約はどのWiMAXも9,500円程度の違約金が発生してしまいます。

WiMAXは4年目以上使い続けるメリットがない

解約月を通り越して4年目以降WiMAXを使い続けるメリットはありません。

というのも前述した通り、

  • 契約初期に比べて月額料金が高くなっていることが多い
  • 機種が3年前のものなので古い

という状況になってしまいます。

また、これに加えてこれからの3年後は5Gがそれなりに普及されていることが予想されます。

大手通信機器メーカー、エリクソン・ジャパンのリサーチによるとWiMAXを始めとするLTE回線回線の普及は2022年がピークとされており、丁度2019年の現在から3年後くらいまではLTEが主流であることを予想しています。

ただ5年後の2024年段階では5Gがシェアのトップを保つのではないかとの予測もあり、3年後には5Gがそれなりに普及していることが予測されます。

LTEは2022年がピーク 5GはLTEより勢いよく普及――エリクソン「モビリティレポート」から|itmediaより

そういった時代の進化を考慮してもやはり3年後の解約月に解約した方が良いと考えます。

乗り換え時に新規特典あり

3年後5GのWi-Fiを利用するにしても、従来のLTE回線を利用するにしても、いずれも新規申し込みをする際は月額料金が安かったり、キャッシュバックがもらえたりなどの特典があります。

確実なことは言えませんが、現在のように最新機種が実質無料で利用できる可能性も高いです。

そういった意味で3年後に乗り換えを考慮して今契約することをおすすめします。

GMOとくとくBBが総合的にお得

トータル割引額No.1!

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が現在35,000円と高額です。

月額料金割引もあるので総合的なコストを考慮すると最もお得なWiMAXと言えるでしょう。

また、高額キャッシュバックだけでなく月額料金も他社より安いこと、最新機種のW06を申し込めることも魅力です。

  • キャッシュバックが高額
  • 月額料金が安い
  • 初月無料
  • 20日以内であればキャンセル可能
  • 最新機種のW06を申し込める

これらの理由から現在最も選ばれています。

また、使ってみて不満があれば利用料金、違約金なしでキャンセル出来るので気軽に申込が出来るところも魅力ですね。

申込ページ

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください