月額料金最安で使える通信無制限のWiMAXはどれ

やさしくねっと.

月額料金最安で使える通信無制限のWiMAXはどれか?

 

WiMAXは家電量販店やauショップ、また、so-netやビッグローブ等のプロバイダから販売されていますが、商品自体はどれも同じで、通信速度やサービス面での違い等はありません。

しかし購入する窓口によって新規申込キャンペーンを行っていることもあり、特に始めの2年間は月額料金が大幅に安く利用できます。

月額料金4千円後半⇒3千円台になることも。

本ページでは月額料金大幅割引キャンペーンを行っている販売店をピックアップし、それぞれ特徴等を解説します。

WiMAX最安ランキング

先にWiMAXの月額料金の安い順にランキング形式で紹介します。

月額料金が最も安いWiMAXはLinkLifeという会社が提供しているBroadWiMAXです。

BroadWiMAX

月額料金業界最安値!

BroadWiMAXは他社を圧倒する月額料金の安さを誇っています。

 

1~2カ月目:2,726円

3~24カ月目:3,411円

25カ月目以降:4,011円

 

となっており、特に3~24カ月目の21カ月間は他社の通常月額料金(4,380円)より実に1,000円近くも安いです。

つまり20,000円以上お得になるというわけです。

BroadWiMAXの詳細

BroadWiMAXの詳細は下表の通りです。

項目ギガ放題プラン
月額料金
(※要オプション加入)
1~2カ月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円
25カ月目以降:4,011円
他キャンペーン初期費用0円(要プラン加入)
事務手数料3,000円
初期費用18,857円(実質無料)
選べる機種WX03、W03、WX02、novas HOME+CA、URoad-Stick
支払方法クレジットカード、
口座振替(キャンペーン適用外)
解約方法電話・Web
キャンセル不可

BroadWiMAXは月額料金割引キャンペーンを受けるためにオプションに加入が必要ですが、すぐに解約しても構わないということなので不要ならすぐに外すこともできます。

また、25カ月目以降の料金も他社に比べて安いので文字通り業界最安値のWiMAXと言えます。

 

so-net WiMAX2+

1年間有料オプションが無料に!

so-netのWiMAXの月額料金は下記の通りです。

 

利用開始月:無料

1~2カ月目:2,980円

3~24カ月目:3,680円

25か月目以降:4,379円

 

こちらもやはり2年間は通常料金(4,380円程度)に比べて大幅に安くなっています。

また、so-netは初月無料、セキュリティソフト(月額500円)を始めとするオプションが1年間無料となっています。

so-netのWiMAXの詳細

詳細は下表のとおりです。

項目ギガ放題
(月額大幅割プラン)
月額料金
(※要オプション加入)
1~2カ月目:2,980円
3~24カ月目:3,680円
25カ月目以降:4,379円
他キャンペーンセキュリティソフト(月額500円)他オプション1年間無料
初期費用3,000円
選べる機種WX03、W03、novas HOME+CA、URoad-Stick
支払方法クレジットカード
キャンセル明確な期間はないが可能とのこと。

月額料金が安く、信頼性も高いので非常に人気があるプロバイダの一つです。

 

BIGLOBE WiMAX2+

今ならキャッシュバックもある!

BIGLOBEのWiMAXの月額料金は下記の通りです。

 

1~2カ月:2,595円
3~11カ月:3,680円

12カ月~24カ月:3,880円

25カ月目以降:4,380円

 

ビッグローブはキャッシュバックキャンペーンと月額料金割引キャンペーンの2つから選ぶことが出来ます。

現在は月額料金割引プランでもキャッシュバックがあるので割引プランの方がお得です。

ビッグローブWiMAXの詳細

詳細は下表のとおりです。

項目月額大幅割引キャッシュバック
月額料金1~2カ月:2,595円
3~11カ月:3,680円
12カ月~24カ月:3,880円
25カ月目以降:4,380円
1~2カ月:3,695円
3~24カ月:4,380円
25カ月目以降:4,380円
キャッシュバック13,000円20,000円
初期費用3,000円
選べる機種W03、W02、WX02、URoard-Home2+
支払方法クレジットカード
キャンセル8日以内ならキャンセル可能。

ビッグローブは期間限定で月額料金割引に加えてキャッシュバックキャンペーンも行っているのでお得です。信頼性も高い会社なので選択肢の一つに入れておいても良いでしょう。

 

auのスマートバリューでさらに安く

WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズはauグループの会社なので、実はWiMAXはauのスマホとセットで割引がされます。

いずれの窓口で申し込みをしても適用されます。

WiMAXとauスマホのセット割、通称スマートバリューmineは「データ定額各プラン」、「LTEフラット」、「シニアプラン」等多くのプランで適用され、契約から24カ月間、月額最大934円が割引されます。

<スマートバリューmine適用プラン>

プラン名割引額
データ定額1500円
「データ定額2/3」「ジュニアスマートフォンプラン」
「シニアプラン」
「電話カケ放題プラン(ケータイ・データ付)」
「LTEフラットcp(1GB)
743円
「データ定額5/8/10/13/20/30」
「LTEフラット」「ISフラット」
「プランF(IS)シンプル」
934円

ほとんどのプランで割引されるのでauスマホを利用している人はほぼ必ずWiMAXをさらにお得に利用することが出来ます。

初月~3カ月割引に注意

WiMAXは現在十数社を超えるプロバイダ、代理店が販売しており、各社様々なキャンペーンを打ち出しています。

それらの多くは通常月額料金よりもはるかに安い月額料金を提示していますが、安いのは実は初月~3カ月間のみだったりすることが多いです。

「通常月額4,380円のWiMAXが2,000円で使える!」

と記載されていても、安いのは実は始めの3カ月間のみで、それ以降は4,380円なんてことも少なくありません。

上述した3社は初月はもちろん安いですが、それ以降も2年間は継続して割引がされるものばかりです。

特に業界最安を誇るBroadWiMAXは2年目以降も他社に比べて月額料金が安いので、特に長期的な利用を考えている人にお勧めです。

キャッシュバックキャンペーンもあるが…

本ページでは月額料金の安いプランをご紹介しましたが、新規申込特典は月額料金割だけでなく、キャッシュバックを行っている販売店、プロバイダもあります。

キャッシュバック特典は注意点もある

月額料金割引は申込をすれば必ず適用されます。

しかしキャッシュバックキャンペーンの場合、いくつか条件があり、場合によっては受け取り損ねることもあります。

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンについての詳細は、WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきことまとめで解説していますが、いずれの場合にしても、

    • キャッシュバックを得るのは11か月利用以降
    • 受け取りにはこちらから手続きが必要
    • 受取期間には限りがあり、それを過ぎると無効になる
    • 受け取りまでに解約すると無効となる

という但し書きがあります。これはほぼ全プロバイダ共通です。

キャッシュバックの受け取りの流れとしては、

1.11か月の利用継続確認後、手続き案内のメールが届く

2.メール受け取り後30日以内にweb上で手続き

3.数日後に振り込み

キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダは多いですが、いずれもほぼこの手順となります。

11か月という長い期間が空く上に、手続き案内のメールはプロバイダから指定されたメールアドレス(ビッグローブならbiglobe.ne.jp等)宛に届くので忘れてしまう可能性が高いです。

いずれのプロバイダも案内メールから30日以内に手続きしなければならないので、案内メールを確認し忘れるとキャッシュバックを得ることが出来ません。

そのため、全体的にキャッシュバックキャンペーンの方がトータルではお得となるプランが多いです。

例えばso-netやGMOペパボは上述した月額料金割引の他にキャッシュバックキャンペーンをやっていますが、いずれもキャッシュバックキャンペーンの方が若干お得です(2~3千くらい)。

ただしその分キャッシュバックを取り逃すリスクもあるので、特に忘れそうだなと思う人、プロバイダメールとか分からないという人は確実に得ることの出来る月額料金割引がお勧めです。

 

WiMAX    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。