mineo

UQモバイルとmineoはどちらがおすすめ?わかりやすい選び方を紹介

格安SIMにはauの回線を使っている「au系」とdocomoの回線を使っている「docomo系」と呼ばれるものがあります。

auの回線を使っている格安SIMは少ないので選択肢はあまりありませんが、その中でも人気が高いのがUQモバイルとmineoです。

今回はこの2つの格安SIMのどちらかを契約しようと検討している方のために、料金やプランなどを比較してどちらがよりお得で使いやすい格安SIMなのかを解説していきます。

料金・プランはmineoがおすすめ

UQモバイルとmineoの料金プランを比較すると以下のようになります。

すべて通話タイプのプランです。

  mineo
Aプラン・デュアルタイプ
UQモバイル
おしゃべり/ぴったりプラン
500MB 1,310円
1GB 1,410円
2GB 1,980円
(2,980円)
3GB 1,510円
6GB 2,190円 2,980円
(3,980円)
10GB 3,130円
14GB 4,980円
(5,980円)
20GB 4,590円
30GB 6,510円

プランの容量が違うのですべてを比較することはできませんが、mineoが全体的に安くなっています。

同じ容量のプランがある6ギガで比較するとmineoは2,190円、UQは2,980円と790円の差があります。

UQは14ヶ月後に月額料金が1,000円アップしてしまい、2年後には容量も半分になってし舞うので注意しておきましょう。

6GBの場合は14ヶ月後には差額が1,790円になり、2年後にはUQの6GBは3GBになってしまうので、同じ3GBのmineoのプランと比較すると価格差は2,470円にもなってしまいます。

これらのことから、mineoの方が料金がお得でプランの種類も多く、選びやすいといえます。長く使うつもりならmineoの方がオススメです。

かけ放題プランはどちらも使える

UQモバイルにもmineoにもかけ放題プランがあります。

UQモバイルは最初からかけ放題が標準で使える「ぴったりプラン・おしゃべりプラン」というプランがあります。これには通話代も含まれています。

5分以内のかけ放題もしくは一定時間の無料通話を付けることができるプランとなっています。

mineoは2017年10月から「mineoでんわ」という掛け放題のオプションを発表しました。上記の表で比較したプランにはかけ放題は含まれていませんので、かけ放題を使いたい場合はオプションを追加する必要があります。

mineoでんわは850円/月で利用可能です。10分以内の通話ならかけ放題となります。

上記で6GBのプランを比較した時、UQモバイルよりもmineoの方が790円安いとご紹介しましたが、UQではかけ放題が標準でついていてmineoにはついていません。mineoにかけ放題のオプションを付けた状態で比較すると、価格の差はほとんどなくなります。

  • UQモバイルおしゃべり・ぴったりプラン6GB:2,980円
  • mineoAプランデュアルタイプ6GB+mineoでんわ:2,190円+850円=3040円

5分以内のかけ放題で十分、月ごとにかけ放題か無料通話か選べるのが魅力的だと思う方にはUQモバイルがオススメ。

10分以内のかけ放題の方がイイ、長く使いたいので14ヶ月後に価格が上がってしまうUQモバイルは避けたいという方はmineoを選ぶといいでしょう。

スピード重視はUQモバイル

通信速度に関して、実際に使用している方の意見などを調査してみました。

【UQモバイルの速度についての口コミ】

【mineoの速度についての口コミ】

どちらも「速い」「まあ使える」という意見が多数ありましたが、mineoはどうしてもお昼など混雑する時間帯になると速度が落ちてしまうという意見が多数みられました。

一方UQモバイルは昼の時間でもスピードが落ちづらく、良い評判が多くみられました。

価格が高い分、品質が良いと感じられます。

スピード重視ならUQモバイルを選んだほうがいいでしょう。

その他のポイント

プランや速度以外の細かい点について紹介していきます。

UQはショップの数が多い

mineoもUQモバイルも格安SIMの中では大手なので実店舗もあります。

mineoを専門に販売していて、サポートも受けられる「mineoショップ」という店舗は全国7店舗。渋谷や大阪、名古屋や浜松などにあります。

一方UQモバイルの専売ショップである「UQスポット」は全国に約130店舗。北海道から沖縄まで全国各地にあります。

この店舗数の差は非常に大きく、困ったときは店舗でサポートを受けたい方はUQモバイルを選んでいます。

もしトラブルなどがあってもネットで調べたり、自分で問い合わせをして解決できるなら店舗が無くても問題ありませんが、困ったときはショップで対応してもらいたいという場合はUQモバイルの方が安心です。

mineoはドコモSIMも利用可能!

UQモバイルではau回線を使ったSIMしか選べませんが、mineoにはdocomo回線を使った「Dシム」というものも選べます。

つまり、auで購入した端末だけではなく、docomoで購入した端末でも使えるということです。使う回線・端末によってSIMカードを選べるというのもメリットの1つです。

UQモバイルは2年縛りが…。

UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランは2年契約になっています。2年以内に解約すると違約金が発生してしまいます。

高速通信プランにすれば2年縛りは発生しませんが、かけ放題や無料通話などはついていませんしあまり割安のプランではありません。

2年以上使うつもりなら特に気にならないかもしれませんが、端末を良く買い替えるというかたにとってはどうしてもデメリットになってしまいます。

結局どう選べば良いの?UQとmineoを選ぶポイント

いくつか特徴をご紹介してきましたが、結局どっちを選べばいいの?!と迷っている方のために選ぶためのおすすめポイントをまとめると以下のようになります。

■UQモバイルのおすすめポイント

  • 回線速度が速い
  • ショップが多いので困った時に頼りやすい

■mineoのおすすめポイント

  • 料金が安い
  • プランが多い
  • ドコモ端末への乗り換えも可能

とにかく価格が安ければいい、というのであればmineoの方がいいでしょう。ですが通信速度もある程度よく、ショップがあってサポートも困ったときは頼れるというUQモバイルのメリットはとても大きいです。

auやdocomoのように使いたいけど、価格の安い格安SIMにしたいと考えているならUQモバイルの方がオススメです。

価格重視なのか、品質もある程度重視するのかによって決めるといいでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください