スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

UQモバイルのデメリットは?評判、口コミを見てみる

 

UQモバイル月額料金も低価格で人気が出ている一方、「本当に格安スマホ、格安SIMってちゃんと使えるの?」といった疑問を持っている方も少なくありません。

契約して後から「こんなはずじゃなかった…」と思わないためにも、デメリットとなる部分があるならしっかり把握しておいてから契約しておきたいですよね。

そこでこの記事では「先にデメリットも知っておきたい!」と考えているUQモバイルを検討している方のためにデメリットや速度・プランの評判についてご紹介します。

良い部分だけではなく悪い点も知っておきたいという方は参考にしてみてくださいね。

取り扱い端末は大手キャリアと比べると少ない

格安スマホを提供している会社でも最近は端末を複数取り扱っています。UQモバイルでも比較的最近発売されたiPhone6SやSE、android端末も豊富にラインナップされています。

ただし、auやdocomoといった大手キャリアに比べるとどうしても取り扱っている端末の数や新機種が出る頻度は少ないです。

端末にこだわりがあるという場合は、UQモバイルだと物足りなく感じてしまうかもしれません。

ですが他社格安スマホと比べるとUQモバイルは取り扱っている端末は多い部類に入ります。安くて選べる端末の数が多いところで契約したいと考えている方にはオススメです。

iPhoneでテザリングできない?

UQモバイルから発売されている、iPhoneSE、iPhone6sはテザリング機能もそのまま使えます。

しかし、appleストアやauで購入したiPhone7、iPhone8などの最新のiPhoneにUQモバイルのSIMカードを挿して使う場合は、テザリング機能が使えないというデメリットがあります。

他社格安SIMだとiPhone7や8でテザリング機能が使えるケースが多いのですが、UQは同じKDDI系列のauとの差別化を図るためにテザリング機能が最新機種だと使えなくなっていると言われています。

テザリング機能を使いたいという方は他の格安SIMを検討したほうがいいかもしれませんね。

ですがテザリング機能はほとんど使わない、iPhoneの最新機種ではなく他の端末を選ぶという場合は特に気にしなくてもいいでしょう。

ドコモ端末が使えない

UQモバイルはKDDI系列なので、auで購入した端末はそのまま使えるものが多いです。しかしdocomoで購入した端末の場合はUQモバイルのSIMカードを挿して使うことができません。

格安SIM会社は多数ありますが、ドコモ系のSIMを使っているところはとても多く、au系は少数派です。UQモバイルをはじめ、mineo・IIJmioなど数社しかありません。そのため格安SIM同士での乗り換えもしづらいというデメリットがあります。

現在docomoで購入した端末を使っていて、それをそのまま利用しようと考えていた場合はUQモバイルではなくドコモ系の格安SIMを選んだほうがいいでしょう。

ですがau端末を持っていてそれをそのまま利用しようと考えていた方や、これから端末を購入しようと考えている方はUQモバイルを選んでも問題はありません。

SIMカードがややこしい

SIMカードには複数の種類があり、microSIMやnanoSIMなどサイズによって違いがあります。端末によって対応しているサイズが違うので注意しておかなければなりません。

SIMカードのサイズが違うのは当たり前で、他の格安SIM会社でも同じことですがUQモバイルではVoLTEの関係でマルチSIM、iPhone専用SIM、通常SIMの3種類から選ぶようになっています。種類が多いのでわかりづらく、迷ってしまうという声も少なくありません。

ちょっとややこしいですが、ちゃんとどの種類のSIMに対応しているのか動作保証端末一覧のページをチェックすれば解ります。以下のページでも詳しく解説しているので参考にしてみてください。

参考記事:UQモバイルのsimは3種類ある!nanoSIM(専用)・マルチSIM(nano)について解説

プランに関するデメリット

UQモバイルのプランは以下のとおりです。

料金プラン月額料金通信容量と通信速度通話料金
データ高速プラン980円3GBまで:225Mbps
以降:200kbps
通話不可
データ高速+音声通話プラン1,680円20円/30秒
データ無制限プラン1,980円通信容量無制限
500kbps
通話不可
データ無制限+音声通話プラン2,680円20円/30秒
 プランSプランMプランL
基本料金1,980円
(2,980円)
2,980円
(3,980円)
4,980円
(5,980円)
データ容量2GB
(1GB)
6GB
(3GB)
14GB
(7GB)
無料通話
(おしゃべりプラン)
5分以内の国内通話が全て無料
無料通話
(ぴったりプラン)
60分
(30分)
120分
(60分)
180分
(90分)
*基本料金は14ヶ月目以降は()内の料金になります。
*データ容量・ぴったりプランの無料通話は26ヶ月目以降()内の容量・時間になります。

格安スマホの中では通話プランが充実しています。

音声通話に関してはワイモバイルやmineoでは10分のかけ放題プランがあり、5分のかけ放題プランでは足りないという方はデメリットに感じるかもしれません。ですがUQモバイルはおしゃべりプラン・ぴったりプランを月ごとに切り替えられるといった特徴があり、より自分に合ったプランで運用ができます。

おしゃべりプランは1回に5分以内の電話であれば何度でもかけ放題になるプラン。ぴったりプランはプランS,M,Lに応じて無料通話が60分、120分、180分付与されるプランです。(26ヶ月目以降は30分、60分、90分)

2年定期契約のプランがある

おしゃべり/ぴったりプランは、2年の定期更新のあるプランになります。いわゆる2年縛りというものがあるということです。

2年以内で解約すると違約金がかかるので注意しておきましょう。2年以上使うつもりだという場合は特に気になるデメリットではありません。

気になる方は2年縛りのないデータ高速プラン・データ無制限プランを選ぶといいでしょう。

プランが少ない

おしゃべり・ぴったりプランは上記で記載している表の通り、3種類しか容量のプランが選べません。

データ容量を細かく設定したいという方にはプランの種類が物足りないかもしれません。ですがこの3種類の中でぴったりなものがあれば特に問題ないでしょう。

またデータは余ったら繰り越すことができますので、少し多めに設定して使い切れなくても無駄にはなりません。

2年目からかなり高くなる

上記の表を見ても解るように、最初の1年目はとても格安の月額料金になっているのですが、2年目移行は1,000円アップと値段がかなり上がってしまいます。格安SIMというよりもキャリアよりの価格になってしまうというデメリットがあります。

1年目はかなり安いので、翌年上がってもキャリアに比べると十分安い価格で運用できます。大手キャリアより安くしたい。と考えているなら十分に通信費を節約できるので問題ないでしょう。

価格だけにこだわれば他にも安い格安SIMはありますが、速度などの面でどうしてもUQモバイルには劣ってしまいます。

ある程度速度や品質、サービスが良くて価格も安い格安SIMを選びたいならUQモバイルはオススメです。

通信に関するデメリット

UQモバイルは格安SIMの中でも速度の速さや安定性はかなり高く、1,2を争うレベルです。口コミやツイッターなどを見ても評判が良く通信に関するデメリットはあまりありません。

しかし、以下のような点がデメリットとして上げられることもあるので確認しておきましょう。

3Gが使えない

3G回線はauが使っている回線。通信圏内が広く、繋がりやすいと言われている回線です。LTEと比べると速度は劣りますが、範囲の広さは3Gが有利な点もあります。

UQモバイルはau系列の格安SIMで電波もauから借りている回線を提供しているのですが、3Gは使えません。UQモバイルは4GLTE回線に対応していて3Gには非対応となっています。

4GLTE回線が使える場所なら基本的には通信を行うのに問題はありません。しかし3Gしか入らないエリアでは使えなくなってしまいます。ですが現在は4GLTEが拡大中でほとんどのエリアをカバーしています。その人口カバー率は99%。3Gしか入らないというエリアは少ないので問題ないでしょう。心配な方はエリアを先に確認しておきましょう。

UQモバイルのエリア確認はこちら

まとめ

UQモバイルにはいくつかデメリットがありますが、どれもそれをカバーするメリットがあるのでそこまで問題に感じない方も多いでしょう。

今回挙げたデメリットが特に気にならないという方にはとてもオススメの格安スマホなのでぜひ検討してみてください。

UQモバイルは正規販売店のサイトから申し込むとキャッシュバックが受けられるキャンペーンも実施されています。ネット申し込みなら通常よりもお得に購入できるのでぜひチェックしてみてくださいね。

⇒UQモバイルのキャンペーンはこちら

 

格安スマホ 格安スマホの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。