UPSの基礎知識

やさしくねっと.

停電対策に必須!一般家庭用としても使えるオススメUPS

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-MAX85_yacchimatta14095526-thumb-autox1000-14704 (1)

6月頃から梅雨入りし、夏が来れば台風の季節になります。

そんな時期になると決まって起こるのが停電によるトラブル。

例えば私のようなサイトやブログ運営している人、ウェブデザインやプログラミングをやっている人、デザイナーやイラストレーターなんかもパソコンの電源が急に切れると数時間掛けた作業が一瞬で水の泡になったりします。

停電対策していますか?

本ページでは一般的にあんまり馴染みのないUPS(無停電電源装置)について分かりやすく解説します。

UPS(無停電電源装置)とは

UPSは日本語で無停電電源装置と言われています。その名の通り停電時に停電させない装置のことで、停電により電源供給がストップしても中に入っているバッテリに蓄積された電力によって給電を持続させる仕組みになっています。

UPSは一見専門的な機器のように聞こえますがモノ自体はすごくシンプルです。

例えば下のオムロンの製品なんか見ての通りなんですが、単純に壁のコンセントから内蔵されたバッテリに充電されて、停電になった際、そこに繋いでいる機器に内蔵されたバッテリから供給するという仕組みになっています。

簡単でしょ。

すべてのUPSにはバッテリが内蔵されています。大きいモノなら車のあれみたいなやつがいくつも入っているやつもあります。

なので製品にもよりますが5年に一回くらいに中のバッテリを交換する必要があります。

モデルによってはその交換時期を知らせてくれるモノがあったりもします。商業用(法人モデル)はほぼそれが付いています。

UPSの種類

UPSには大きく分けて3つの種類があります。

その3つとは、

・常時インバータ方式

・ラインインタラクティブ方式

・常時商用給電方式

があります。上から順にグレードが高く、一番下の常時商用給電方式が一番安価です。

その違いを細かく説明するとかなり複雑になってきますのでシンプルに説明すると、

高額モデルである常時インバータ方式は切り替え時(コンセントからの給電からUPSのバッテリへ)、瞬電を伴わず安定している。

安価モデルの常時商用給電方式は切り替え時に一瞬電源が切れてからバッテリからの給電になる。

ラインインタラクティブ方式は切り替え時に瞬電があるが比較的安定している。

となります。

瞬電というのはたまに外で雷がなって一瞬電気が消えるあれです。

瞬電は基本的にパソコンの電源が切れることはありませんが、電話回線やインターネット回線は切れてしまいます。

なので一瞬たりとも切れては困る環境では常時インバータ方式のUPSを選ぶ必要があります。

逆にパソコンや一般家庭で使う機器に使用する場合は一番安価な常時給電方式で良いと言えます。

電池の容量

もうひとつ、UPSの選定基準に蓄電池の容量というものがあります。

停電してからどれくらい使えるかというやつです。

UPSの容量の単位は基本的にVA(ボルトアンペア)で表示されます。もちろん数値が大きければ多くの電力を蓄積することが出来ます。

ちなみに先に紹介したオムロンのUPSは500VAです。

500VAでどれくらい持つのかというと、例えばパソコン1台(100W)を接続した場合だと約19分供給することが可能です。

オムロン公式サイトより参照

つまり停電から19分間はUPSに蓄積された電池で稼働が出来るのでその間に保存してシャットダウンすればデータを失わずに済みます。

なのでパソコン1台守りたいという要望なら500VAの製品でも十分だと言えます。

おすすめUPS

ではここからは私がオススメするUPSを紹介します。

と言っても一般家庭向けの安価モデルなので限られていきます。なのでどれを選んでも問題ないと思います。

オムロンのテーブルタップ型UPS

安価だけど信頼性抜群!オムロンは体温計等のヘルス機器のイメージが強いですがUPSのシェアも大きく様々な種類の製品を販売しています。

SOHOで売れ筋!APCのsmart-UPS

こちらはSOHOや小さな事務所等でも使われいるモデルです。バッテリ寿命が来たらアラームが鳴るのでいざという時に使いものにならないなんてことはありません。バッテリ交換も説明書を読みながら簡単に出来ますよ。

安価に済ませたいならこれ!CyberPower UPS

アマゾンで一番売れ筋の製品です。評価も高く約5,000円と安価なのでコスパ良好ですね。

 

コラム    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。