U-NEXTの評価と使い方

やさしくねっと.

インターネットに繋いで映画を観よう!U-NEXTの使い方と総評

 

ポイント

ビデオオンデマンドサービス(通称VOD、動画配信サービス)とも呼ばれるをご存じでしょうか。

ビデオオンデマンドサービス(以下動画配信サービス)は感覚的にはyoutubeのようにインターネットで視聴できる動画サービスで、主に月額料金を支払って各社が配信する動画を視聴するというようなサービスです。

近年動画配信サービスはどんどん新しいサービスがスタートし、すべての動画が見放題のモノ、一部課金制のモノ等様々な種類のサービスが利用出来ます。

本ページでは今話題の動画配信サービス、その中でも最も利用者の多いU-NEXTについて解説します。

動画配信サービスの種類

とてもニッチでマイナーなもの、アダルト分野を除いて現在一般顧客向けに提供している動画配信サービスは以下の種類があります。

    • U-NEXT(ユーネクスト)
    • hulu(フールー)
    • Netflix(ネットフリックス)
    • dTV(ディーティーブイ、ディーテレビ)
    • dアニメストア
    • アマゾンプライムビデオ

等々があります。

各サービスの特徴

表にまとめるとこんな感じ。

名称月額料金配信数ジャンル特徴
U-NEXT1,990円10万本以上総合後述します
hulu933円1万本以上海外ドラマ、洋画が多い海外ドラマに特化
Netflix650円~1,450円非公開(約1000本)海外ドラマ、洋画が多い4K動画あり
dTV500円10万本以上総合国内テレビが多い
dアニメストア400円1400作品アニメアニメ専門
Amazonビデオ3,900円(年会費)非公開洋画が多いアマゾンプライム会員限定

Netflixとアマゾンはサービスが始まったばかりなのでまだまだ作品数が少ないです。

アマゾンの動画サービスは元々のアマゾンプライム会員(アマゾンのお急ぎ便が無料になったり先行タイムサービスが受けられたりする特別会員)の追加サービスなのでプライム会員になれば利用出来るようになります。ちなみに私は以前からプライム会員だったのでおまけで観れるようになりました。

huluも以前契約していたことがありましたが海外ドラマがメインなので海外ドラマを観ない私にとっては損した気分になったので解約してしまいました。

dTV、dアニメはドコモが提供するサービスですがドコモ以外の人でも利用出来ます。dTVは月額料金の割に配信数が多いですが、追加料金が掛かるモノが多い印象です。まあ月額がかなり安いのでコスパは良い方だと思います。

品質は圧倒的にU-NEXTが良かった

私は上記の中で最近国内でサービスが開始されたネットフリックスを除くU-NEXT、hulu、dTV(以前はdビデオだった)、dアニメストア、アマゾンプライムビデオを利用したことがあります。

その中で現在も利用しているのがU-NEXTとアニメ専門のdアニメストア、そしてプライム会員なら必然と利用出来るアマゾンプライムビデオです。

動画配信サービスは価格よりも質が大事

U-NEXTは現在国内で提供されている動画配信サービスの中で最も高額で月額約2,000円ほど掛かります。

しかしそれでも約1年以上使い続けているのにはやはり圧倒的な配信数の多さにあります。

よくTSUTAYA等のレンタルサービスと比較されますが、動画配信サービスの欠点はそれとくらべて観たい映画がないということがよくあることです。

例えばhuluの配信数は約1万本とされていますがその多くは海外ドラマですし、すべて見放題のため新作はおろか準新作に当たる作品もほぼ全く配信されていません。

一方でU-NEXTは10万本という膨大な配信数で、課金制ではありますがTSUTAYAの新作コーナーに並ぶような作品も多数配信されています。

ポイントで新作も課金なしで観れる!

U-NEXTの特徴に毎月付与されるポイントというものがあります。

月額料金を払って継続して利用している限り毎月1000ポイント付与されそれを新作等の有料動画に割り当てることが出来ます。

例えば現在(2015年10月)レンタルビデオ店で最新作としてレンタルされている『ドラゴンボールZ 復活のF』も540円で配信されていますがポイントを利用して課金せずに視聴することが出来ます。

復活のF

※ポイントは翌月までは貯めることが出来ます。

※課金が必要な動画は購入後の視聴期間が決まっています。本作は2日間でした。

スマホにも対応と複数利用

もちろんスマホやタブレットのアプリにも対応しているのでiPhoneの場合はappstore、Androidの場合はgooglePlayで『U-NEXT』を検索してダウンロードしてみてください。

U-NEXTのファミリーアカウント

U-NEXTの他社を圧倒するサービスの一つにファミリーアカウント機能というものがあります。

通常動画配信サービスは1契約に付き1アカウントなので例えば家族2台のパソコンで同時ログインしたければ2契約必要で料金もその分発生していました。

しかしU-NEXTにはファミリーアカウントがあり合計4台同時に利用することが可能となっています(ただし同じ動画の視聴は出来ません)。

アカウントごとに課金出来ないようにする等の設定も出来るので家族で利用するのに最適ですね。

U-NEXTの使い方を解説

使い方といっても登録さえしてしまえば後は簡単です。

U-NEXTはクレジット払いしか支払い方法がないので登録にあたってクレジットカードが必要になります。
U-NEXTの公式サイトから31日間無料トライアルと書かれたボタンをクリックし「お客様情報」を入力しましょう。

名前、性別、年齢、メールアドレス等の入力し「次へ」をクリックするとクレジットカードの情報入力画面に移動します。

クレジットカード情報を入力し最終確認画面で問題なければ登録は完了です。

ログイン画面では様々な映画やアニメ等が並んでいます。後は好きなモノを選んでクリックするだけです。

その際に少し見えにくいですが画像の下にある「見放題」なのか「ポイント」なのかを確認しましょう。

ポイント

「見放題」の動画は何本でも視聴出来ますが「ポイント」の動画は毎月配布されるポイントを消費します。

※付与されるポイントは通常毎月1000ポイント、トライアル時は600ポイントです。

「ポイント」動画は基本的に有料動画なのでポイントを使いきってしまうと課金しなれば視聴することが出来ません。

左のメニューから「洋画」、「邦画」、「アニメ」等を選択することも出来ますし右上の「一覧から探す」をクリックすると検索することも出来ます。

一覧から

U-NEXTは31日間無料トライアルを行っているので是非試しに利用してみてください。

レンタルショップで返し忘れるなんてことがなくなります。

絵本_U-NEXT

 

アプリケーション    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。