ビッグローブモバイル

ビッグローブモバイルの「タイプA」はおすすめ?注意点を解説

ビッグローブモバイルで提供しているプランは、auの回線に対応した「タイプA」とドコモ回線に対応した「タイプD」の2つ。

au回線に対応している格安SIMは多くないため「タイプA」が提供されていることは、ビッグローブモバイルの魅力のひとつですね。

このページでは「タイプA」とはどんなプランなのか、特徴や注意する点など、わかりやすくまとめていきます。

⇨Biglobeモバイル公式サイトはこちら

au対応の格安SIMが少ないのはどうして?

格安SIMのサービスは2001年、b-mobileが旧DDIポケットPHSのインフラを借りる形でスタート。

その後、2009年にドコモのFOMA回線に対応したSIMの提供がスタートしたことで、市場に広まり、一般的に認知されるようになったのです。

ドコモに対応した格安SIMが多いのは、サービス提供が始まった当初、ドコモの対応エリアがもっとも広く安定していたことと、回線を借りる費用が安いという理由から。

近年は、三大キャリアの通話対応エリアには大きな差がなくなり、ニーズも増えたことから、auやソフトバンクに対応する格安SIMも増えてはいますが、auに対応している格安SIMはまだまだ多くはありません。

ビッグローブモバイルは2016年12月にKDDIの子会社となり、2017年10月よりauの4G LTE回線の提供をスタートしています。

ビッグローブモバイルの「タイプA」を選ぶメリット

条件を満たせば、auスマホがそのまま使える

メリットのひとつは、2017年8月1日以降にauで購入したスマホであれば、SIMロックの解除不要で利用できること。

もちろん、それ以前に契約したものでも、SIMロック解除をすれば使えるスマホも多いので買い替え不要で使えるのは、嬉しいですよね。

iPhoneについては、4G LTEに対応している「iPhone6s」から利用できますし、一部を除くSIMフリースマホにも対応しています。

対応のauスマホを持っている人なら、月額料金を抑えて通話やデータ通信を楽しむことができるので、お得な選択肢のひとつとして検討する価値ありです。

通信速度が速い

「タイプA」は、データ通信の速さや通話音質に対して、利用者の評価が高いことも大きな魅力。

高速で通信ができる理由には、4G LTE対応という点や、「タイプD」と比べると利用している人が少ないため、スムーズに通信ができるという点があげられます。

⇨Biglobeモバイル公式サイトはこちら

ビッグローブモバイルタイプAの基本プラン

プラン 音声通話SIM(SMS付)
タイプA/D
データSIM(SMS付)
タイプA/D
データSIM
タイプDのみ
1ギガ 1,400円
3ギガ 1,600円 1,020円 900円
6ギガ 2,150円 1,570円 1,450円
12ギガ 3,400円 2,820円 2,700円
20ギガ 5,200円 4,620円 4,500円
30ギガ 7,450円 6,870円 6,750円


料金については「タイプD」と同じですが、「タイプA」ではSMSなしのデータプランはありません。

タイプAを契約する際の注意点

選ぶメリットが多い「タイプA」のプランですが、契約するにあたってデメリットもみておきましょう。

メリットの部分でもお伝えしたように、条件を満たしているauスマホについては、そのままで利用することができるのですが、注意が必要なことが大きく2つあります。

1・3Gスマホは利用できない

「タイプA」は、4G LTE対応のため、auで契約したものであっても「3Gスマホ」は使えません。また、iPhone6以前の機種にも対応していないので、注意しましょう。

2・SIMロック解除が必要な端末がある

2つめは、条件を満たしていない「2017年8月1日以前」に契約したauスマホはSIMロック解除の手続きが必要なことです。

また、SIMフリーのスマホであっても利用できない場合があるので、契約をする前に公式サイトの動作確認端末ページにてチェックすることをオススメします。

「タイプA」の速度についての評判

「タイプA」を実際に使っている人の評判を、Twitterでチェックしてみましょう。

https://twitter.com/tnk_fool/status/1088433547843489795

「タイプA」の速度については、評価が高いことが良くわかると思います。2つのプランの速度を比較した検証動画をアップしている人もいるので、具体的なデータでも確認できますね。

もちろん通信速度については通信環境や利用エリア、時間帯によっても異なりますので、一概にはいえないのですが、速度について満足している人の声が多くみられたのが印象的です。

また、ビッグローブモバイルの公式サイト内でキャンペーンを行っていることもあり「タイプD」から「タイプA」へ切り替えた結果、通信速度の違いに驚いたという声もあがっていました。

まとめ

「タイプA」の特徴や注意点についてみてきましたが、KDDIの傘下ということもあって、通信速度の速さと安定性が最大の魅力です。

特に現在auで契約している人にとっては、条件に合う端末であれば今のスマホのままで、同じauの4G LTE回線が使えて、月額の料金が大幅に安くなるということで大きなメリットがあります。

速度の速い格安SIMを探している人や、auスマホを使いたい人には、オススメしたいプランのひとつがこの「タイプA」なのです。

⇨Biglobeモバイル公式サイトはこちら

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください