ネット回線のテレビサービス

やさしくねっと.

テレビサービスがあるネット回線のおすすめはどれ?

 

ネット回線の中には、BSやCS放送なども視聴できるテレビサービスがついているものがあります。

通常、CS放送などを利用する場合はアンテナの工事や面倒な設定が必要ですが、ネットを介するテレビサービスは工事も設定も不要で、機器をつなぐだけで簡単に使用できます。

しかし、テレビサービスを取り扱っている回線はここ数年で非常に増えていて「どれを選べばいいのかわらない…」「どれがお得なのかわらない」という声も多いです。

そこで本ページは、テレビサービスが利用できる回線の中でオススメのものをご紹介します。

ぷらら光ならひかりTVが割引になる

インターネット回線のテレビサービスを利用するならNTTグループのぷららが提供しているひかりTVがお勧めです。

ひかりTVはフレッツ光のオプションとして知名度が高く、利用者数は300万人以上となっています。

ひかりTVはフレッツ光を始め、ドコモ光やソフトバンク光等のフレッツ系回線(光コラボレーション)であれば利用出来ますが、中でもお勧めなのはセットで割引がされる同社が提供するぷらら光です。

ぷらら光では、「ひかりTV」ととのセット割引があります。

ひかりTVの料金プラン

ひかりTVは現在、

    • テレビとビデオサービス両方が視聴できるお値打ちプラン
    • スカパー等のようにテレビチャンネル数が増えるテレビおすすめサービス
    • U-NEXT、huluのように選んで映画やドラマなどを視聴できるビデオざんまいプラン
    • 10chの基本放送のみ視聴できる基本放送プラン

の4つから選ぶことが出来ます。

それぞれの価格は以下の通り。()内は2ねん割が適用された場合のものです。

プラン名月額料金
(2年割適用時)
説明
お値打ちプラン3,500円
(2,500円)
テレビ、ビデオ両方
テレビプラン2,500円
(1,500円)
50ch以上のテレビサービス
ビデオプラン2,500円
(1,500円)
選んで視聴できるビデオサービス
基本放送プラン1,000円10chの基本放送

ちなみにひかりTVは標準で地デジが視聴できるので電波環境の悪い難視聴帯でも重宝されています。

ぷらら光のセット割引

ぷらら光とセットで利用する場合は2ねん割に加えて「セット割引600円(無期限)」と「チューナーレンタル料500円1年割引」がされます。

※チューナーとはひかりTVを視聴するための機器で、テレビによっては内蔵されているものもありますが、多くのテレビで内蔵されていないのでその場合はレンタルする必要があります。

一例を挙げると、テレビおすすめプランまたはビデオざんまいプランを利用する場合下表の料金となります。

割引プラン名1年目2年目3年目以降
チューナー代無料
(月500円)
××
2ねん割
(月1,000円引き)
×
セット割
(月600円引き)
料金
(通常料金2,500円)
900円1400円2,400円

※「◯」は割引の適応、「×」は割引の終了を意味しています

また、ぷらら光のネット回線の月額料金は他社に比べて安く、戸建てタイプは月4,800円・マンションタイプは月3,600円となります。

※ドコモ光、ソフトバンク光ともに月額5,200円(戸建てタイプ時)

単体でもかなり割安ですが、ひかりTVと合わせて利用することで他社よりも圧倒的にお得に利用出来るのでお勧めです。

⇒ぷらら光の公式サイトを見てみる

スマホセット割が利用できる回線もお得

ぷらら光以外にも、多くの光回線にテレビサービスがついています。

例えば、3大キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の提供している光回線にも、テレビサービスがあります。

そして、キャリアが提供している光回線であれば、「スマホセット割」で月額料金をお得にすることができます。

なので、自分のスマホとのセット割が使える回線を選びましょう。

例えば、ドコモのスマホユーザーはドコモ光を選ぶといった感じですね。

下記では、テレビサービスにも対応しており、スマホセット割も利用できる回線を紹介します。

ドコモユーザーならドコモ光

ドコモが提供しているドコモ光は、「ドコモシェアパック」というスマホセット割で最大月2,000円割引が適応されます。

そして、ドコモ光では先述したひかりTVが利用できます。

「テレビおすすめプラン」で2年割に加入すれば、ひかりTVが月2,000円(基本料金1500円+チューナーレンタル料金500円)で利用できます。また、月額費用最大2ヶ月無料のキャンペーンも行われています。

ドコモからひかりTVに申し込んだ場合は、ひかりTVのチューナーを介して「dTV」というビデオオンデマンドサービスを利用できるというメリットもあります。約12万作品が月額500円で見放題という人気のサービスなので契約を検討している方は一緒にチェックすることをオススメします。

ひかりTV以外にも、月660円で利用できる「ドコモ光テレビオプション」というサービスもあります。

このサービスはアンテナが無くても地デジと無料のBS放送が視聴できるサービスです。有料チャンネルは別途契約が必要になります。

ただし、ドコモ光テレビオプションは契約料金や工事費などの初期費用が合計で12,300円かかってしまうので、注意しておきましょう。

参照記事:ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめか。特徴、違いをまとめる

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光

ソフトバンク光は「おうち割」というセット割引があり、スマホ料金が最大月2,000円割引されます。

ソフトバンク光の場合はひかりTVが利用可能で、「テレビオススメプラン」で2年割に加入すればチューナーレンタル代込で月2,000円とお得です。

さらに、月額費用最大2ヶ月無料のキャンペーンも行われているので、ぜひ利用したいですね。

その他にも、ソフトバンク光テレビというサービスがあります。こちらは月額660円で地デジと無料のBSを視聴できるサービスです。有料チャンネルを見る場合は別途スカパーなどの契約が必要になります。

ソフトバンク光テレビは契約料金2,800円、工事費12,000円程度の費用がかかってしまうので注意しておきましょう。

参照記事:ソフトバンク光ってどう!?月額料金や評判、話題のスマート値引きを考察

auユーザーならso-net光

auスマホを契約していてso-net光をセット契約すると「auセット割」が適応されて最大で月1,200円割引されます。

So-net光でもひかりTVが利用できますが、ドコモ光やソフトバンク光のように2年割サービスはありません。一番安いプランで月3,000円(月額料金2,500円+チューナー代500円)が必要となります。

その他、「so-net光コラボテレビ」というサービスが利用できます。こちらのサービスは月額660円でアンテナ不要で地デジと無料のBSが視聴できるタイプのものです。ただし契約費用や工事費として初期費用12,300円がかかるので注意しておきましょう。

参照記事:auスマホとセット割があるso-net光コラボレーションの評判や料金の解説

まとめ

テレビサービスを利用する場合は、らら光が圧倒的に低価格で契約できます。ひかりTVはチャンネル数も多く、HD画質なので映像もキレイです。ネット回線の月額料金も他社と比べて低価格なのでオススメです。

ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアのスマホを持っている場合はスマホセット割引が適応されるので、スマホのプランによってはキャリアに合った回線の方が安くなることもあります。

3大キャリアのスマホを持っていてスマホセット割が利用できる場合は、今回ご紹介したキャリアに合った回線を選びましょう。

格安SIMなど3大キャリア以外のスマホを使っている場合や、スマホセット割の割引額が低い場合は、単体(ネットのみ)の月額料金が安いぷらら光がオススメです。

⇒ぷらら光の公式サイトはこちら

 

光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。