通話し放題の格安スマホ

やさしくねっと.

月額3,000円以下でかけ放題プランがある格安SIM5選

 

電話アプリ

格安スマホの最大のデメリットは通話料金にあります。

現在ドコモ、au、ソフトバンク(以下キャリア)のスマホはどれも通話定額のカケホーダイプランがあり、通話料を気にせず利用することが出来ます。

一方格安スマホは多くがカケホーダイはおろか通話パックサービスもないため090(または080、070)から発信する際は必ず30秒ごとに20円の通話料が発生します。

これがネックで格安スマホに変えたくないと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし最近はこのデメリットを取っ払う通話定額サービス、通話し放題サービスを提供する格安スマホも続々と登場しています。

格安スマホは本来通話をほとんどしない方向けのサービスと言われていましたが、通話し放題のオプションがある格安スマホは通話の多い人にも適しています。

本ページでは通話定額、通話し放題のオプションを付けてもキャリアの半額以下、3,000円代で利用出来る格安SIMのプランを紹介します。

2,000円~3,000円前後で利用出来るかけ放題プラン

というわけでかけ放題及び通話定額プランのある格安SIMをまとめてみました。端末及び消費税は別途です。

通信容量はもしもシークスのみ1.5GB、それ以外は3GB(楽天モバイルは3.1GB)を参考例としています。

商品名
(容量)
基本料金通話オプション月額合計
楽天モバイル
(3.1GB)
1,600円850円
(5分かけ放題)
2,450円
FREETEL
(3GB)
1,600円840円
(5分かけ放題)
2,440円
NifMo
(3GB)
1,600円1,300円
(通話し放題)
2,900円
ビッグローブSIM
(3GB)
1,600円650円
(月最大60分)
2,250円
もしもフリークス
(1.5GB)
2,430円(5分かけ放題)
3,380円(通話無制限)

※FREETELは3GBで1,600円としていますが実際は使った分だけとなるため決まったプランはなく3GB(までは)となります。

※通話定額オプションは場合によっては緊急ダイヤルやフリーダイヤルに掛けられないものもあるのでご注意ください。

通話オプションの比較

通話オプションはそれぞれ会社によって変わってきます。

楽天モバイルとFREETEL(フリーテル)は5分間まで通話無料、それ以上は通話料が課金されるオプションとなっています。

ドコモが提供しているカケホーダイライトと同じようなものですね。

NifMoの通話オプションは他社と比較して高額ですが特に制限はないようです。ただしNifMoはIP電話のため発信出来ない番号(110や119、フリーダイヤル等)があります。

ビッグローブの通話オプションは一昔前にキャリアで主流だった通話パックのようなイメージです。

月間で60分までは無料、それ以降は課金されるというもの。60分は普通に通話すると1,200円ですがオプションで650円になりますよというものですね。

1分以内の通話が60回、2分以内の通話なら30回まで可能なので仕事レベルで使わない人ならだいたいカバーできると思います。

もしもシークスは5分間のライトプランと無制限のフルプランがあります。これは別途オプションではなく、音声SIMの場合どちらか選ぶようになっているようです。

もしもシークスのかけ放題フルはIP電話のNifMoを除けばおそらく格安SIM唯一の無制限かけ放題プランだと思います。

FREETELは1分通話し放題もある

FREETELは5分通話し放題以外にも1分通話し放題というオプションもあります。

月額は399円。

1分はとても短いように感じますが、実際は通話の大半は1分以内で終わることが多いため、このオプションだけでも結構賄えます。私も数十秒の通話がほとんどなので。

FREETELの魅力は通話オプションで超過した時間も通話料が安くなることです。

通常FREETELを含める多くの格安スマホの通話料は30秒で20円ですが、FREETELの通話オプションで超過した分の通話料は半額の10円/30秒となっています。

※楽天モバイルも同様5分超過した分は10円/30秒となります。

通話品質はどうか

いくら通話料が安くなると言っても通話の品質が悪いと使い物になりませんよね。

なので通話品質は気になるところだと思いますが、上記5種で通話の品質が心配されるのはNifMoのみであると言えます。

NifMoは通話制限がないという大きなメリットがある一方、電話アプリがIP電話となっています。

IP電話というのは分かりやすく言えばLINEやskype、OCNの050プラスのような通話サービスで、インターネット通信を応用した電話のことです。

NfMoの通話アプリはそれらと比較すると高額なので無料で使えるLINEやSkypeよりはましだとは思いますが、今アプリのレビューを確認したところ、あまり評判はよくありませんでした・・・汗

ニフモ

それ以外の3社は電話回線を利用したアプリと表記されているため極端に品質が落ちることはないと思われます。

楽天でんわに関しては私も日常的に利用していますが品質で特に気になる部分はありません。通常の電話アプリと同じ感覚で使えています。

無料通話の利用方法

格安スマホの通話オプションはすべてそれぞれ専用のアプリを利用します。

アプリもしもシークス通話アプリ

これらのアプリから発信すれば上述した通話オプションでの発信となり、通話料を大きく削減することが出来ます。

通話オプションに加入してもiPhoneやAndroid購入時に始めからインストールされている通常の通話アプリから発信すると通常の通話料金(30秒/20円)が掛かってしまうので注意が必要です。

また、フリーダイヤルの0120等発信出来ない番号があります。その際は通常の電話アプリを使いましょう。

通話定額で最安プラン

今回ある程度データ通信(インターネット接続)をすることを想定して通信容量3GBのプランを紹介しましたが、

「データ通信は最小限で出来る限り安く使えるプラン」はないかと思って調べてみました。

とした場合、やはり音声通話SIMで月額999円(100MBまで)のプランがあるFREETELが最も安くなるようです。

基本料金999円+通話オプション840円=1,839円

が5分以内の発信ならかけ放題の月額料金です。

電話しかほとんどしないというのであればこのプランでも十分ではないかと思います。

FREETELのかけ放題オプションはアプリからの発信となりますが、IP電話ではなく電話回線を利用したサービスなのでパケット通信料も発生しません。

結局どれがおすすめか

上記4種の格安スマホは基本料金を見て頂くと分かる通り、単体の月額料金はほぼ同じです。もしもシークスのみ容量の割に高い印象ですが。

なので無料通話重視で考えるとIP電話のNifMoは品質に難がある可能性が高く、ビッグローブは比較的安価ですが月間60分までということもあるので、楽天モバイルかFREETELがおすすめかなと思います。

楽天もFREETELも月額料金、電話オプションに関してはほぼ同等の機能なので後はそれ以外の付属サービスやセット販売されている端末で選ぶと良いと思います。

それぞれの特徴を簡潔にまとめると、

楽天モバイルはセット購入出来るスマホは人気のある良質な機種が多く、楽天ポイントが貯まるのでおすすめ。

FREETELは固定月額ではなく使った分だけ料金が発生するシステム(~1GBまで1,199円、3GBまで1,600円等)となっているため無駄なく使える。セット購入出来る機種は国内産のオリジナル機種で分割購入出来る端末は少ない。

という感じですね。

どちらもスマホの機能としては申し分ないと思うのでポイントが貯まる楽天を選ぶか、使った分だけプランのFREETELを取るかで選ぶと良いです。

FREETELの公式サイトはこちら

楽天モバイルの公式サイトはこちら

無制限でかけ放題が必要ならもしもシークス

仕事か何かで通話メインで利用するならもしもシークスのかけ放題フルがおすすめです。

無制限のかけ放題SIMはもしもシークスの「かけたい放題フル」のみ。容量を最小の1.5GBにしておけば月額3,380円で通話時間をほぼ気にせず電話し放題となります(※連続して1時間以上の通話は規制の対象となる場合があります)。

通話料金がネックで格安SIMに乗り換えられなかった人もこれなら問題ありませんね。

⇒もしもシークスの公式サイトはこちら

 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホ比較    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。