ガラケーはオワコン

やさしくねっと.

ガラケー終焉の時がついに来た?だけどガラホ、ガラスマは残りそう

 

PAK85_garakebb20141025171133500-thumb-815xauto-5554

国内向けに製造していたガラケーが2017年を持って生産終了になるようです。ついにこの時がきたか。まあ自然な流れ。

従来型携帯の生産終了 国内各社、17年以降  :日本経済新聞

まあ国内の限られた需要しかないししかも売り上げの見通しも年々下がることは目に見えているからさっさとやめた方が無難ですよね。

元々国内で販売されていたガラケーはメーカーがそれぞれ開発した独自のOSが使われていて、開発コストが掛かり過ぎて売り上げが低すぎるとペイ出来なくなるわけです。

OSとは?

よくOS、OSって言うけどこれってなんだろう。

OSとはオペレーティングシステムのことでまあ簡単に言うとコンピュータの基本的な基盤となるソフトウェアのこと。例えばマイクロソフトのwindowsシリーズやiPhoneやmac等のアップルの製品に使われているIOS、iPhone以外の多くのスマホに使われているAndroid等のこと。

ガラケーに使われているOSはLinuxやSymbian OS(シンビアンオーエス)等をベースに各メーカーが改良したもの。

スポンサーリンク

ガラケーはまだまだ終わらない?

PAK85_garakebb20141025171133500-thumb-815xauto-5554

ただガラケーが生産終了してもガラホ、ガラスマと呼ばれるAndroidが入った二つ折の携帯はまだまだ続きそうな予感がします。

記事でも従来のガラケー向けのOSが入ったガラケーの生産はやめるけど代わりにAndroidに統一すると報道されていますからね。

以前にも触れましたがガラケー×スマホのガラホ、ガラスマ?はすでに世に出回っていますし需要がある限り販売されることでしょう。

私がガラケー×スマホ、ガラホがすげー嫌いな理由

いや、本当に嫌いなんですよ。

出来ることの少ない低機能の商品なのに値段は高いんですよ。

電話とメールが出来たらOKって人に携帯売りたいんなら5,000円くらいで販売出来る簡易な製品作れよって思うわけです。

ソフトウェアの世界って機能が多い方が当然金額が高いに決まってますけど、でも開発コストってそれほど変わらないことが多いんですよね。

だからAndroidのスマホ作るのもガラホ作るのも開発費はきっとほとんど変わらない。

結果、出来ることの少ないガラホもスマホと同じくらいの金額で販売せざるを得ないって・・・・もうガラケーなんて作るのやめたらいいのにって思います。

NECは完全に撤退するみたいですけどね。

いまだガラケーを使っている人は早くスマホに乗り換えましょう。

スポンサーリンク

 

トレンド    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。