コラム

タブレットの選び方とおすすめタブレット5選

近年は仕事にもプライベートにも様々な使い方ができるタブレットPCが人気です。

そんなタブレットPCも様々なメーカーから色々なものが出ていてどれを購入すればいいのか迷いますよね。

そこで本ページではタブレットPCの選び方とおすすめできるタブレットをご紹介していきます。

タブレットPCを選ぶ際のポイント

まずはタブレットPCの選び方をチェックしましょう。

以下のポイントを参考にして、どんなタブレットPCが自分に合っているのかを把握しておきましょう。

OSがiOS(Mac)か、Windowsか、androidか

タブレットPCのOSは「iOS」「Windows」「android」の3種類に分かれています。

それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

  • iOS…直観的で使いやすく、アプリも豊富
    アップル社のOS、つまりMacのOSとなります。世界的にみても人気が一番高く、iOSにこだわるファンも多いOSです。直観的で使いやすいインターフェース、質の良いアプリが豊富にあるといった特徴があります。iOSのタブレットはもれなくiPadとなりますね。

 

  • Windows…ビジネスで使われることが多く、PCのように使える
    タブレットのOSとしては後発で、パソコンのOSがタブレット版に進化したようなイメージ。そのほかのOSと比較するとパソコンに近い使い勝手になっています。そのためパソコンのようにタブレットを使いたい方に人気。ただしアプリの数は少ないというデメリットがあります。

 

  • android…低価格でアプリも豊富。メーカーによって様々な仕様がある
    多数のメーカーが使用しているOSでメーカーごとに仕様が異なるという特徴があります。アプリ数も多く、コストも安いのでandroidを搭載した端末は低価格のものが多いです。

画面の大きさと重さ

どのような使い方をするかによって、適した画面のサイズは異なります。

以下を参考にしてみましょう。

  • ネット閲覧・動画視聴メイン…7~8インチ
  • ネット・動画・漫画閲覧…8インチ~
  • 電子書籍やオフィスソフトの利用メイン…10インチ~

画面が大きくても画面占有率の低い端末なら、薄くて軽く、もち運びにも便利です。

ですが重い端末は持ち運びづらいので携帯性の高い端末が良い方は重量もチェックしておきましょう。

普段持っているカバンに入るかどうかという点もチェックしておきたい大切なポイントです。

処理能力の高さ

重いアプリを使用する場合や、仕事での利用でサクサク動くものがイイという方はCPU・メモリの性能が高く、処理能力が高いものを選びましょう。

処理能力が高いものはどうしても価格も高くなりますので、予算と使用用途のバランスを考えて選ぶことをオススメします。

Wi-FiタイプかSIMモデルか

無線でWi-Fiに繋いで使用するタイプか、SIMカードを差し込んでスマホのように使うタイプの2つがあります。

基本的にはWi-Fiタイプの方が安く、SIMタイプは高額になります。

また、SIMタイプを使う場合は別途SIMカードの契約が必要になります。

主に自宅や無料Wi-Fiのあるカフェや仕事場などで使用するという方はWi-Fiタイプで問題ないでしょう。

主に持ち運んで使用するという方はSIMモデルの方が便利です。

その他のスペック、必要な仕様

パソコンとしても使用したいと考えている人の場合、外に持ち運んで使うことがメインならバッテリー性能もチェックしておきましょう。

必要によっては防水防塵、ペン機能の充実などチェックしておきたいですね。

iPad 9.7インチ Wi-Fiモデル 32GB 2018年春モデル

項目 Pad 9.7インチ Wi-Fiモデル 32GB 2018年春モデル 備考
OS iOS 11
CPU(処理能力) Apple A10
RAM(大きい方が処理能力が高くなる) 2GB
ROM(アプリ、画像などを入れられる容量) 32GB
バッテリ容量 リチウムポリマー
Wi-Fi 通信:10時間
ビデオ再生:10時間
オーディオ再生:10時間
カメラ画素数 背面カメラ画素数 800 万画素
前面カメラ 前面カメラ画像数 120 万画素
フルHD動画撮影
画面サイズ 9.7インチ 解像度2048×1536
外部端子 Lightningコネクタ、3.5 mm ヘッドフォンジャック
nano-SIMトレイ
(Cellularモデル)
本体重量 469g
付帯機能 指紋認証

アップルペンシルに対応したモデル。

これまでの9.7インチタイプのiPadと比較して40%速いCPU性能になっていて動作も快適。

軽量で7.5㎜と薄く、耐久性が高いためハードに使うユーザーにも人気。

売れ筋ランキングでも常に上位で評価も高く、「やっぱりiPadがいい」「使い勝手がよく性能が高いものが欲しい」と考えている方にオススメです。

ペンツールの使用感は随一です。

 

HUAWEI MediaPad T5 Wi-Fiモデル AGS2-W09

項目 MediaPad T5 Wi-Fiモデル AGS2-W09 備考
OS Android 8.0
CPU(処理能力) Hisilicon Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz
RAM(大きい方が処理能力が高くなる) 2GB
ROM(アプリ、画像などを入れられる容量) 16GB
バッテリ容量 5100mAh
カメラ画素数 背面カメラ画素数 500 万画素
前面カメラ 前面カメラ画像数 200 万画素
画面サイズ 10.1インチ 解像度1920×1200
外部端子 Micro USB 2.0、3.5mmオーディオジャック
本体重量 465g
付帯機能 ブルーライトカット機能

低価格モデルでありながら、高解像度ディスプレイとデュアルスピーカー搭載でより美しく臨場感のある動画視聴が可能です。

薄くて軽く、手に馴染む端末です。

カメラ機能などは低くなっているものの、その分ディスプレイが高性能になり、動画視聴や映画視聴、ネット閲覧がメインで使う方におすすめです。

 

HUAWEI MediaPad M5 Wi-Fiモデル SHT-W09

項目 MediaPad M5 Wi-Fiモデル SHT-W09 備考
OS Android 8.0
CPU(処理能力) Hisilicon Kirin 960
2.36GHz+1.8GHz
RAM(大きい方が処理能力が高くなる) 4GB
ROM(アプリ、画像などを入れられる容量) 32GB
バッテリ容量 5100mAh
カメラ画素数 背面カメラ画素数 1300 万画素
前面カメラ 前面カメラ画像数 800 万画素
画面サイズ 8.4インチ 解像度2560×1600
外部端子 USB 2.0 Type-C
メモリーカードスロット:microSD
本体重量 320g
付帯機能 指紋認証
ブルーライトカット機能

比較的コンパクトな端末で画面も8インチ程度ですが、性能が高く、サクサク使えてゲームの利用にも適しています。

320gと持ち運びやすい軽量で、「スマホを大きくした感じ」と評されることも多いです。

バッテリー性能も高く、急速充電が可能で電池持ち良いので持ち運んで利用する機会が多い方におすすめです。

 

Surface Go MCZ-00014

[table “593” not found /]

パソコンとして活用する人からの人気が高いMicrosoftのサーフェス。

その中でも持ち運びやすく、専用の折り畳みキーボードと合わせても702gとコンパクトです。

メモリの性能や容量が多く、よりパソコンに近いタブレットとなっています。

officeソフトを利用したいという方やビジネスシーンでの活用が多い方におすすめです。

 

HP x2 210 G2 背面カメラ付き 128GB Windows 10 Pro搭載モデル

項目 HP x2 210 G2 背面カメラ付き 128GB Windows 10 Pro搭載モデル 備考
OS Windows 10 Pro 64bit
CPU(処理能力) Atom x5-Z8350
1.44GHz
RAM(大きい方が処理能力が高くなる) 4GB
ROM(アプリ、画像などを入れられる容量) 128GB
バッテリ容量 4230mAh 駆動時間:11時間
カメラ画素数 背面カメラ画素数 500万画素 HP True Vision 5メガピクセルFixed Focus カメラ
画面サイズ 10.1インチ 解像度1280×800
外部端子 USB
Micro HDMI
本体重量 582g
付帯機能 キーボード付属

こちらもパソコンに近い使い方をする方に人気の端末。

WindowsOSを搭載したタブレットではサーフェスが圧倒的人気ですが、この端末はコスパが高く、低価格のWindowsタブレットが欲しいという方にオススメです。

officeオンラインがインストールされていますし、出張用や外出時のサブ機としてビジネスシーンで活用している方も多いです。

⇛価格ドットコムでチェックする

まとめ

スマホのような使い方ができるものから、パソコンに近い使い方ができるものまでタブレットPCには様々なものがあります。

今回ご紹介した機種はどれも人気が高いので迷ってしまう方も多いでしょう。

パソコンとしても使いたいなら画面が大きくキーボードやビジネス向けソフトが搭載されているsurfaceやHPが最適ですし、動画視聴やネット閲覧がメインならHuaweiがおすすめ。

性能が高いものがいい、アップルペンシルを使いたいといった方はappleのタブレットもおすすめです。

基本的には最初にご紹介した「選ぶポイント」から自分の使い方に合ったものがどんなものか考えればよいので、本ページを参考に考えてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください