SIMフリー端末

ASUS zenfone 4 maxはおすすめ出来る?スペックと評判まとめ

超ロングバッテリーと充実のカメラ機能が魅力のASUS zenfone4 maxは、低価格のスマホとしては機能性に優れていて、口コミ評価も高い端末です。

ですがこれまでに格安スマホを購入したことがない方や、Zenfoneを使ったことがない方は実際にいいスマホなのかわかりにくいかと思います。

そこで今回は、Zenfone4Maxのスペックと評判について詳しく解説していきます。

ASUS zenfone 4maxの特長

項目 仕様 備考・説明等
OS Android 7.1 Androidのバージョン
CPU オクタコア 高処理能力
RAM 3DGB 大きい方が処理能力が高くなる
ROM 32GB アプリ、画像などを入れられる容量
バッテリ容量 4100mAh 最大37日間連続待ち受け可能。かなり長持ち
カメラ画素数 メインカメラ1,300万画素+広角カメラ500万画素 ダブルレンズカメラ
画面サイズ 5.2インチ すっきりと持ちやすいサイズ
付帯機能 イヤホンジャック
指紋認証
指紋認証でラクラクロック解除
本体重量 156g 軽い

通常利用する分には申し分ない機能性を持っています。

ロングバッテリーカメラ機能が充実していて、「約2万円の低価格スマホとは思えない」という評価を得ています。

ただし、Zenfone5など同じZenfoneシリーズで3万円以上する機種と比べるとどうしても劣る部分は出てきます。

「割と普通」といった評価をされることもありますが、コストパフォーマンスで考えればZenfone4Maxは非常に優れたスマホだと言えます。

特に注目すべき特徴について以下で解説していきます。

4,100mAhの超ロングバッテリー

口コミやレビューなどを見ても評価している人が多かったのがバッテリーの持ちです。

最大37日間連続待受けできる超ロングバッテリーを搭載しており、電池がかなり長持ちします。

iOhoneXのバッテリ容量2,716mAh(公表値)と比べると1.5倍以上長持ちであることがわかります。

「1日5時間使って2日充電せずに使えた」「バッテリー切れを経験したことがない」「朝から夜まで充電しなくてOKだからストレスがない」

といった評価をしている人が多く、電池の持ちが長いものが欲しいと考えている方には特にオススメです。

付属のアダプターを使えば、約3.5時間でフル充電もしくは15分の充電で2時間の通話ができるようになる高速充電が可能です。

充実のカメラ機能

デジカメではなく、スマホをメインのカメラとして使っている人は非常に増えているため、スマホのカメラ機能を重視している方はとても多いでしょう。

Zenfone4Maxは、

  • 2倍ワイド撮影
  • 120°広角カメラ
  • セルフィーがきれいに撮れるソフトライトLEDフラッシュ

といった特徴があるカメラ機能が充実したスマホです。

メインカメラは1300万画素でF値2.0、2つのレンズを使い分けることで様々なシーンをより美しく写真に収めることができます。

自撮りに欠かせないインカメラは800万画素で美肌に映るソフトライトフラッシュが大きな特徴です。

ビューティーモードで簡単にエフェクトをつけて撮影することも可能です。

トリプルスロットでSIMの使い分けができる

Zenfone 4 MAXは4Gと3GのSIMを2枚同時に挿して、両方とも同時に待ち受け状態で使うことができます。これをDSDS(デュアルシム・デュアルスタンバイ)といいます。

ふたつの電話番号を同時に一台で使いたいという方はもちろん、カードを複数枚使って通話とデータをより安く、自分に合った内容のプランで活用したいという方にオススメです。

さらにトリプルスロットになっているのでSIMカードを2枚挿した上でSDカードを挿すこともできます。デュアルSIMを活用しながらSDカードにたっぷりデータを保存して使う、ということもできます。

トリプルスロットを搭載したスマホはそこまで多くありませんし、その中でもZenfone4Maxはコスパが高く評価の高い端末なので「安くてコスパのいいトリプルスロット搭載のスマホ」を探している方には特にオススメです。

スマホを安く運用したい人の中には通話用でガラケー、データ用でスマホの2台持ちをしている人がいると思いますが、トリプルスロットなら1台にまとめることができます。

Zenfone4Maxの評判(ツイッターなどの口コミ)

実際にZenfone4Maxを使っている人の声をチェックしてみましょう。

やはりコストパフォーマンスの高さや広角レンズ、トリプルスロットなどに言及している人が多く見られました。

初期不良などでボタンの反応が悪くなるといったこともあるようですが、初期不良の場合は交換してもらうことができます。全体的にはおおむね満足だという評価の方が多いように感じました。

Zenfone4Maxをキャンペーンで買えるSIM業者

Zenfone4Maxは各格安SIM業者でカードとのセット購入が可能です。キャンペーンを実施している業者もあるのでより安く購入したい方はチェックしてみましょう。

楽天モバイル

  • 24回分割払い…804円+分割手数料(初回のみ818円)
  • 一括払い…17,880円

現在は上記のキャンペーン価格で販売しているため低価格で購入できます。

回線はドコモまたはauから選べます。

楽天モバイルの公式ページへ

IIJmio

  • 24回分割払い…850円
  • 一括払い…19,800円

3周年キャンペーンで11月6日まで値下げ価格で購入できます。(キャンペーンは延長されることがあります。)

さらに音声SIMとのセット購入で5,000円のギフト券が貰えます。

SIMはドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAのどちらか好きな方を選べます。

IIJmioの公式ショップはこちら

mineo

  • 24回分割払い…825円
  • 一括払い…19,800円

キャンペーンは実施されていませんが、au・docomo・softbankの3つの回線から選んで端末とカードのセットを購入することができます。

mineoの公式ページへ

LINEモバイル

  • 24回分割払い…860円
  • 一括払い…19,800円

キャンペーンは実施されていませんが、ソフトバンクまたはドコモ回線から選んで契約できます。

LINEモバイル公式ページへ

まとめ

Zenfone4Maxは低価格ながら高機能の非常にコスパの高いスマートフォンです。

2万円程度でスマホを購入したいと考えているかたには特にオススメです。

各格安SIM会社でも取り扱いがありますが、人気のため一部のカラーの在庫がないケースもあります。

気になった方は早めに手に入れることをオススメします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください