ソフトバンク光の回線速度の評判

やさしくねっと.

ソフトバンク光の回線速度はどんな感じ?評判等を見てみる

 

最近テレビのCMや家電量販店等でもよく目にするようになったソフトバンク光。

現在ドコモ光に次いで契約者数を大きく伸ばしている光回線の一つで注目度も高いです。

特にソフトバンクのスマホを利用している人は「料金が安くなる」と聞いて検討していることも多いのではないでしょうか。

「だけど回線速度が遅いって聞いたことがあるし…」

「どうしようか迷っている」

という人も多いと思います。

本ページではソフトバンク光の回線速度はどうなっているか、実際に使っている人の評判等について解説します。

ソフトバンク光の回線速度はどうなってる?

ソフトバンク光は光コラボレーションと呼ばれる光回線サービスの一種です。

光コラボレーションについては詳しくはこちらのページで解説していますが、簡単に言えばフレッツ光の回線をソフトバンク光が販売、提供しているというイメージです。

そのため回線そのもの、光ケーブルや基地局等の設備はNTTのフレッツ光と同じで、利用できるエリアや回線速度(下り最大1Gbps)等も全く同じとなっています。

プロバイダによって速度に差が出る?

よく光回線はプロバイダによって速度に差が出てくるのか?と質問をされることが多いですが、これに関しては、

「差は出てくるかもしれないが、どのプロバイダが速いのか遅いのか、いつ速くなるのか遅くなるのかは分からない」

というのが私の結論です。

例えばドコモ光とソフトバンク光を比較した場合、回線そのものは同じフレッツ光なのでフレッツ光側の設備そのものが遅くなってしまえばどちらの回線も遅くなってしまいます。

しかし同じフレッツ光回線であっても、私達は各プロバイダ業者の設備を通じて利用しているため、プロバイダ間で速度に差が生じます。

インターネット通信というのは原則大量のデータ通信が行われて、許容範囲を超えると速度が低下してしまうので、同等設備であれば利用者が少ない方が快適に利用することが出来ます。

しかしどの程度の設備でどのくらいの人が利用しているか、は関係者にしかわかりません。機密情報なので表に出てくることもありません。

また、契約者数や利用者数、設備の状況は絶えず変化するため、「速い」と評価されていた回線が半年後に「遅くなる」ということも多々あります。

なのでネット上の「ソフトバンクが遅い」とか、「ドコモ光が速い」という情報は実はあまりあてにならないのです。

評判はどんな感じ?

「ネット上の評判はあまりあてにならない」

と書きましたが、まったくあてにならないわけではありません。

ネット上に「遅い」という評判が絶えず流れていれば、その回線は設備増強等を一切しておらず、利用者に優しくない回線と言えます。

逆に「速い」、「遅い」という意見がそれぞれあれば、利用する場所、時期によっては遅い可能性もあるが、快適に利用できる可能性もあると取れます。

というわけでソフトバンク光の評判はどうか?

良い評判と悪い評判をTwitterで調査してみました。

回線速度が速い等の良い評判

まずは良い評判からです。

ネット上の意見というのは不平不満があった時に出やすいものなので、「良かった」という評判は少なくなりがちですが、それでも割と「速い」、「良い」という評判は他回線に比べて多かった印象です。

 

人よっては100Mbps以上出ていることもあり、ソフトバンク光は環境によっては十分速いということが確認できます。

ソフトバンク光の悪い評判

続いて「遅い」等の悪い評判。

やはり快適とは言えない実測値も多数あり、環境によっては非常に遅いと感じている人もいます。

 

下り実測値3~4Mbpsくらい出ていればある程度動画も視聴出来ますが、それを切るとかなりキツイですね。

ただし、光回線の速度は利用する時間帯、住んでいる場所、使っている機器等によって大きく変わることがあるため、一概に「ソフトバンク光は遅い」とは言えません。

通信速度が遅くなる原因と対処法

ソフトバンク光に限らず光回線の速度が遅い原因は主に以下の理由が考えられます。

    • 回線が混雑している(夕方等ピーク時に多い)
    • マンションタイプVDSL方式を利用している
    • 利用している機器の問題

夕方~深夜に掛けていつも遅くなるという場合は近隣の利用者が多く、通信がパンクしていることが考えられます。こればかりはこちらではどうしようもなく、NTTやプロバイダの増強を待つしかありません。

また、最近は減少傾向にありますが、マンションの場合VDSL方式というタイプの回線があり、こちらの回線速度はファミリータイプやマンションタイプ光配線方式に劣ります。

最大速度自体100Mbpsとなっており、電話回線を再利用しているため通信速度が遅くなりやすいです。

VDSL方式を利用している場合は光配線方式に切り替えることで速度向上が望めます。しかし切り替えるにはマンションが対応していなければなりません。

3つ目の機器の問題に関しては、古いルーターやパソコンを利用している場合は交換すると改善出来るかも…

という程度のものです。

接続の仕方が間違っている等を除けば機器によって著しく回線速度が遅くなることはありません。

が、あまりにも古いものは交換しましょう。

IPv6移行で改善した例も

ソフトバンク光(及びその他光回線)の通信速度はIPv6へ移行することで改善されたという事例もあります。

詳細はこちらのページ等でもまとめていますが、ソフトバンク光の無料オプション、IPv6高速ハイブリッドを利用することで高速化が期待出来るというものです。

ただしIPv6高速ハイブリッドの利用には条件があり、

1.光BBユニットレンタルの利用
2.フレッツ・v6オプション(NTT東西)の申し込み

が必要になってきます。

2に関しては無料ですが、1の光BBユニットはレンタル料(月467円)が発生します。

光電話(月額500円)を利用する場合はオプションパック(月額500円)に含めて実質無料でレンタルすることができますが、利用しない場合は余計なコストがかかってしまいます。

ただ、回線速度が遅いので「何とかしたい」と考える場合はBBユニットをレンタルしてIPv6高速ハイブリットを利用してみることをお勧めします。

IPv6高速ハイブリットの詳細はこちら

まとめ

上記をまとめるとソフトバンク光の回線速度は、

「利用環境によっては遅いこともあるが、概ね快適に使える」

「快適に使えるかどうかは実際使ってみないと分からない部分が多い」

「マンションのVDSL方式は極端に遅くなることがあるので注意」

「遅い場合はIPv6高速ハイブリットを検討する」

といったところです。

光回線の通信速度は元の回線(ソフトバンク光ならフレッツ)にほぼ委ねられますし、フレッツを運用しているNTTが増強工事をするかどうかはプロバイダ(ソフトバンク)に決定権はありません。

そのため実際に使ってみないと分からない部分が多く、たとえ良い評判が多かったとしても「遅い」可能性もありますし、逆も然りです。

ではどうするべきか?

というとやはり信用出来るプロバイダ業者であるかどうかで決めるしかないと考えます。

ソフトバンクはADSL時代の古くからyahooBBというプロバイダサービスを提供しているので通信に関してはそれなりに信頼がおける会社であると考えます。

現在ソフトバンクを利用していて、特に会社に不満や不信感がなければソフトバンク光を検討しても良いでしょう。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

 

光回線 ソフトバンク光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。