ソフトバンク光のマンションタイプが遅い時は?

やさしくねっと.

ソフトバンク光のマンションタイプのプランや速度などについて解説

 

ソフトバンク光のマンションタイプに乗り換えたらスピードが遅くなってしまった!残念ながら、そんなケースを耳にすることがあります。

ネット回線は変えてみないとわからないことも多いのですが、せっかく回線を変えたのに遅くなってしまうのは悔しいですよね。

そんな思いをされている方むけに、本記事ではソフトバンク光のマンションタイプについての速度の説明と、回線が遅い場合の対策をまとめました。
低速回線から抜け出すために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ソフトバンク光マンションには3つのプランがある

ソフトバンク光のマンションタイプには3種類の回線タイプがあります。3種類とも月額利用料は同じで月々3,800円ですが、プランによって最大速度が違います。

プラン
速度
マンション・ギガスピード1Gbps
マンション・ハイスピード200Mbps
マンション100Mbps

数値を見ればわかるように、通常の「マンション」よりも「マンション・ハイスピード」の方が高速のインターネット通信が可能。ギガスピードになるとさらに快適にネットが利用できます。

集合住宅の配線方式(設備)によって、最大速度が変わる

さらにマンションの回線には光配線方式・VDSL方式・LAN方式の3種類があります。回線の種類によって最大速度が異なり、1Gbpsになるのは光配線方式のみとなります。

住んでいるマンションの回線のタイプが光配線方式でなければ、上記でご紹介した「マンション・ギガスピード」プランを使うことはできません。

マンションの配線設備は自分だけでは変えられるものではありません。使用できるプランはマンションの配線設備・回線の種類に依存してしまうということを知っておきましょう。

VDSLは回線速度が遅い

回線の配線方式の中でも、電話ケーブルを使ったVDSLという方式は最大速度が100Mbpsしか出ません。

しかし、実はフレッツ光ユーザーの中でもVDSLを利用している人は多いです。

ソフトバンク光に転用しても、その回線の配線方式そのものが変わるわけではありませんので、最大速度は100Mbpsのままとなりネットの通信速度が遅いと感じてしまいます。

通信速度が遅い場合はどうすればいい?

ご紹介したように、マンションでのネット通信が遅いのは回線の配線方式が原因となっているケースが多いです。

ソフトバンク光の場合は回線はNTTが提供するフレッツ光を使っています。そのためフレッツのインターネットお問い合わせ番号の0120-166-166(午前9時~午後5時まで)に電話をして住所とマンション名を言えば、どの配線方式なのかを調べてくれます。

また、マンションの契約書に記載されているケースや大家さん・管理会社の方に聞けばわかることもあります。

VDSL方式の場合は、光配線方式に変えることで速度は改善しますが、個人で配線方式を変えることは出来ません。そのため、根本的に改善するには利用する回線そのものを変更する、という方法が最も適しています。

VDSL方式だった場合は、他社の光回線への乗り換えを検討しましょう。

ただし、マンションが他社回線に対応しておらず乗り換えできない場合や、そのほかの回線も配線方式がVDSL方式で速度が改善されないという可能性もあります。その場合は工事が不要な回線への乗り換えも検討してみましょう。

それぞれの回線の乗り換えについて詳しくご紹介します。

NURO光への乗り換え(関東のみ)

ソフトバンク光から乗り換えるのであれば、NURO光かauひかりという選択肢があります。

NURO光はソフトバンク光と同様にソフトバンクスマホを使っていると利用できる「おうち割」が適応されるのでお得です。速度も下り最大2Gbpsと日本最速なので快適にネットが使えます。

元々の月額利用料も低価格ですし、おうち割が適応されるのであれば、よりお得になります。お得で速度の速い回線に乗り換えることができるため、乗り換えをすることで得られるメリットは非常に大きいです。

ただし対応エリアは関東限定。対応しているマンションも他の光回線に比べるとまだ少ないので対応外の場合は他の光回線を選びましょう。

自分のマンションが対応しているかどうかは、公式サイトの提供エリア確認のページでマンションの住所を入力することで確認できます。

参考記事:関東で光回線を使うならNURO光がおすすめ。プランや評判等を解説

auひかりへの乗り換え

auひかりとソフトバンク光(フレッツ光)の回線方式は異なるので、フレッツ光はVDSL方式で速度が遅くても、auひかりは1Gbps対応の光回線方式の配線方式となっている可能性があります。

auひかりが利用できるかどうか、どの配線方式になっているのかを調べるにはKDDIの公式サイトのエリア判定ページをチェックしましょう。

ソフトバンクスマホでのおうち割は受けられませんが、光回線方式なら速度は改善されてストレスなくネットが利用できます。http://yasashikunet.com/au-hikari/

参考記事:auひかりって結局どうなの?特徴や料金、評判をまとめる

WiMAX・Softbank Airなど工事不要回線の利用

NURO光やauひかりへの乗り換えが難しいという場合は、工事が不要な無線を利用した回線への乗り換えも1つの有効手段です。

例えばWiMAXは無線でインターネットを行うモバイルルーターで、固定回線の代わりとしてもよく使われています。外へ持ち出すことも可能なので1人暮らしの方には特にオススメです。最近は据え置きタイプで固定回線として活用することを前提としたルーターも販売されています。

関連記事:WiMAXは光回線の代わりとなるか?

同じく無線でネットを行うSoftbank-Airという工事不要の無線ルーターもあります。

Softbank-AirはWiMAXと違い据え置き型で自宅で固定回線の代わりとして利用する無線ルーターです。

箱から出せばすぐにネット利用が可能になるので、設定が難しくてできない方や、機会が苦手な方にもオススメです。

無線を利用したネット回線は場所や環境によって速度が変わります。GMOとくとくBBなど一部のサービスでは短期間のお試し利用なども可能なので、どのくらいの速度でネットが利用できるのか試しに使ってみるといいでしょう。

まとめ:回線に問題がある場合は、乗り換えで速度を早くしよう

ソフトバンク光のマンションタイプで回線速度が遅いのは、回線の配線方式がVDSL方式であるという原因がほとんどです。

ご紹介したようにマンションの回線方式は個人では変えることができないため、調べてみてVDSL方式だった場合は他社の光回線か工事不要の回線に乗り換えて回線速度を根本的に改善しましょう。

ソフトバンクスマホを持っていて関東に在住の方ならNURO光がオススメ。次いでauひかりもオススメですが、使えない場合はWi-MAXやSoftbank-Airなどの工事不要回線への乗り換えも検討しましょう。

 

光回線 ソフトバンク光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。