スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

ソフトバンク光の工事費はどうなってる?無料にすることは可能か?

 

自宅に新しく固定回線を導入したい!そんな時に必ずつきまとうのが回線の開通工事。

月額料金が安くても、工事費が結局高くついてしまう、なんてこともあります。

新しくソフトバンク光を契約しようと検討している人の中にも工事費について疑問を持っている方は多いです。

そこで今回は、
「工事費がどうなっているのか?」
「工事費を無料にすることはできるのか?」
といった疑問にお答えするため、人気のソフトバンク光の工事費について詳しく解説します。

これからソフトバンク光を契約しようと検討している方は必見の内容です。

ソフトバンク光の工事費概要

ソフトバンク光を契約する場合は、「新規」と「転用」の2種類に分けられます。

「新規」とは現在光回線を引いていない状態で、新しく回線に申し込むこと。もしくはフレッツ光以外(auひかりなど)の回線から乗り換えることをいいます。

原則宅内の工事となり、立ち合いが必要です。

「転用」とはフレッツ光からソフトバンク光に乗り換えること。回線そのものは同じものを使っていて取り扱う会社が変わるだけなので「乗り換え」ではなく「転用」といいます。

この際宅内での回線工事は不要です。

ここでは新規の場合の工事費について解説します。工事費の内訳は以下のとおりです。

ご利用環境合計金額
派遣工事あり※124000円
派遣工事あり※29600円
派遣工事なし2000円
※1 宅内の配線設備を新設または一部利用しルート変更する場合、またはひかり配線方式(光コンセントなし)の場合、またはVDSL方式の場合
※2 宅内の配線設備を再利用する場合、またはひかり配線方式(光コンセントあり)の場合、またはLAN配線方式の場合

工事費は最大で24,000円かかります。

そのほか別途工事費が必要になる場合もあります。また、土日休日に工事をする場合は割増料金3,000円がかかるので24,000円以上の工事費が必要になる可能性もあります。

キャンペーンを使って工事費が無料に

工事費は高額ですが、キャンペーンを利用することで工事費が無料になるケースがあります。

キャンペーンにはソフトバンク光公式のものと、代理店が出しているものがあり、活用することで工事費を無料にすることも可能です。

キャンペーンには条件などもあるので、注意しつつ確認してみましょう。

他社光からのお申し込みの人は公式キャンペーンで工事費無料

まずは公式のキャンペーンからご紹介します。他社から乗り換えることで受けられる公式のキャンペーンは2つあります。(2017年8月現在)
以前工事費が無料になるキャンペーンがありましたが、それが終了した代わりに同様の現在のキャンペーンが実施されました。

ソフトバンク光のりかえ新規限定2.4万円キャンペーン

他社のインターネットからソフトバンク光に乗り換えることで24,000円の商品券をプレゼントしてもらうか、月額料金から1,000円を24ヶ月間割引してもらうことができます。

ソフトバンクあんしん乗り換えキャンペーン

乗り換え時に他社へ支払う違約金や撤去工事費などを満額還元してもらえます。還元額は合計で10万円が上限です。他社で契約していたモバイルブロードバンド端末の残金がある場合は10万円のうち42,000円を上限として還元してもらえます。

 

それぞれのキャンペーンの条件は以下のとおりです。

  • キャンペーン期間中に新規申し込みをして180日以内に契約成立すること
  • 他社の光回線(フレッツ光以外)からの乗り換えであること
  • 契約から5か月目までに専用の用紙に記入してキャンペーンの申し込みをすること

公式のキャンペーンは工事費が24,000円以内で収まった場合は、乗り換える前の回線の解約で必要になる違約金なども不要になるので実質無料で乗り換えができます。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

代理店からもさらに24000円のキャッシュバックがもらえる

ソフトバンクの公式サイトやショップなどで申し込みせずに、代理店を通すとよりお得になります。代理店から申し込むと公式でおこなわれているキャンペーンに加えて代理店が行う独自のキャンペーンを受けられます。

代理店独自のキャンペーンは以下の2種類があり、どちらか好きな方を選べます。

  • 高額現金キャッシュバック

新規申し込みの場合は24,000円、転用の場合は11,000円が現金でキャッシュバックされます。最短で2か月後に口座へ現金振り込みされます。

  • キャッシュバック+Wi-Fiルーター

新規申込の場合は20,000円+次世代Wi-Fiルーター、転用の場合は11,000円+次世代Wi-Fiルーターが提供されます。

どちらのキャンペーンもオプションの加入なしで受けられるので、お得です。振込まで最短2ヶ月という短期間ですし、手続きが簡単でもらい忘れることがありません。

Chromecastは新品を購入すると4,000円以上するので、元々購入するつもりだったという場合はChromecastプレゼントキャンペーンを選ぶと高額現金キャッシュバックよりもお得になります。

代理店でのキャンペーンは公式で行われているキャンペーンとは違い、他社から乗り換える場合のみといった条件が設定されていないという点も魅力的です。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

キャンペーンをうまく使って工事費を無料にしよう

ソフトバンク光では工事費が最大で24,000円、場合によってはそれ以上かかることもあります。

しかしキャンペーンを使えば工事費を実質無料にすることも可能です。キャンペーンについてまとめると以下のとおりになります。

  • 公式のキャンペーンは24,000円の商品券+違約金の還元
  • 代理店を通すと公式のキャンペーンに加えてさらに24,000円のキャッシュバックが受けられる
  • 20,000円のキャッシュバックとWi-Fiルーターが貰えるキャンペーンもある

代理店から申し込み、キャンペーンを組み合わせることで最大48000円のキャッシュバックが受けられることになります。もし工事費が24,000円以上かかっても確実に工事費は実質無料になりますし、とてもお得です。^

新規契約をするなら公式からではなく代理店から申し込めば確実にお得です。金額でみると倍以上の差があるので代理店のネットショップから申し込むことをおすすめします。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

 

光回線 ソフトバンク光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。