ソフトバンク光

ソフトバンク光の工事費はどうなってる?無料にすることは可能か?

自宅に新しく固定回線を導入したい!そんな時に必ずつきまとうのが回線の開通工事。

月額料金が安くても、工事費が結局高くついてしまう、なんてこともあります。

新しくソフトバンク光を契約しようと検討している人の中にも工事費について疑問を持っている方は多いです。

そこで今回は、

「工事費がどうなっているのか?」
「工事費を無料にすることはできるのか?」

といった疑問にお答えするため、人気のソフトバンク光の工事費について詳しく解説します。

これからソフトバンク光を契約しようと検討している方は必見の内容です。

先に結論を書くとソフトバンク光は条件付きで工事費を無料にすることが可能です。フレッツ光からの乗り換え(転用)の場合はそもそも工事費は原則発生しません。

ソフトバンク光の工事費概要

ソフトバンク光を契約する場合は、「新規」と「転用」の2種類に分けられます。

「新規」とは現在光回線を引いていない状態で、新しく回線に申し込むこと。もしくはフレッツ光以外(auひかりなど)の回線から乗り換えることをいいます。

原則宅内の工事となり、立ち合いが必要です。

「転用」とはフレッツ光からソフトバンク光に乗り換えること。

回線そのものは同じものを使っていて取り扱う会社が変わるだけなので「乗り換え」ではなく「転用」といい、回線工事は不要です。

ここでは新規の場合の工事費について解説します。工事費の内訳は以下のとおりです。

ご利用環境 合計金額
派遣工事あり※1 24000円
派遣工事あり※2 9600円
派遣工事なし 2000円

※1 宅内の配線設備を新設または一部利用しルート変更する場合、またはひかり配線方式(光コンセントなし)の場合、またはVDSL方式の場合
※2 宅内の配線設備を再利用する場合、またはひかり配線方式(光コンセントあり)の場合、またはLAN配線方式の場合

基本工事費は最大で24,000円かかります。

そのほか別途工事費が必要になる場合もあります。また、土日休日に工事をする場合は割増料金3,000円がかかるので24,000円以上の工事費が必要になる可能性もあります。

キャンペーンを使って工事費が無料に

工事費は高額ですが、キャンペーンを利用することで工事費が無料になるケースがあります。

キャンペーンにはソフトバンク光公式のものと代理店が出しているものがあり、ソフトバンクの公式キャンペーンによって条件を満たせば工事費を無料にすることが可能です。

ソフトバンクの工事費無料キャンペーン

他社のインターネットからソフトバンク光に乗り換えることで実質工事費が無料になるキャンペーンが実施されています。

  • 回線工事費が24,000円の場合:普通為替24,000円or-1,000円*24ヶ月
  • 回線工事費が9,600円、2,000円の場合:普通為替10,000円or-1,000円*10ヶ月

乗り換え対象の回線は以下の通り。

乗り換え前

ケーブルテレビ・電力系光回線・auひかり・ADSL・他社光コラボレーションモデル(OCN光・ドコモ光など)

これらを現在利用してて、ソフトバンク光に乗り換える場合、工事費相当の普通為替(または工事費相当の月額割引)が適用されます。

ソフトバンクあんしん乗り換えキャンペーン

上述した乗り換え前の回線からソフトバンク光に乗り換えると、初期工事費無料に加え、他社へ支払う違約金や撤去工事費などを最大10万円還元してもらうことも出来ます。

※ソフトバンク以外のモバイルブロードバンド端末(WiMAXなど)の残金がある場合は10万円のうち42,000円を上限として還元してもらえます。

それぞれのキャンペーンの条件は以下のとおりです。

  • キャンペーン期間中に新規申し込みをして180日以内に契約成立すること
  • 他社の光回線(フレッツ光以外)からの乗り換えであること
  • 契約から5か月目までに専用の用紙に記入してキャンペーンの申し込みをすること

乗り換え時に解約金がかかるケースはかなり多いので、それを抑えられるのはお得です。

新生活応援キャンペーン

転居と同時にソフトバンク光を契約した方向けのキャンペーンもあり、こちらも最大24,000円のキャッシュバックor割引が受けられます。

  • 回線工事費が24,000円の場合:普通為替24,000円or-1,000円*24ヶ月
  • 回線工事費が9,600円、2,000円の場合:普通為替10,000円or-1,000円*10ヶ月

このキャンペーンは新規申し込み(他社からの乗り換えは除く)か転用申し込みが対象になります。

また、開通から5ヶ月までの間に転居前の住所が確認できる証明書を提出している必要があります。

代理店からのキャッシュバックは無条件でもらえる

上記キャンペーンは「他社回線からの乗り換え」が条件ですが、ソフトバンクの公式サイトやショップなどで申し込みせずに、ソフトバンク光の正規代理店からの申込みであればほぼ無条件で33,000円のキャッシュバックを得ることが可能です。

代理店からもさらに33,000円のキャッシュバックがもらえる

代理店独自のキャンペーンは以下の2種類があり、どちらか好きな方を選べます。

1.高額現金キャッシュバック

新規申し込みの場合は33,000円、最短で2か月後に口座へ現金振り込みされます。

フレッツ光からの乗り換え(転用)の場合は13,000円キャッシュバックとなります。

2.キャッシュバック+Wi-Fiルーター

新規申込の場合は28,000円+次世代Wi-Fiルーターが提供されます。

どちらのキャンペーンもオプションの加入なしで受けられるので、お得です。振込まで最短2ヶ月という短期間ですし、手続きが簡単でもらい忘れることがありません。

本キャンペーンの申込者の受け取り率は100%となっています。必ずもらえます。

代理店でのキャンペーンは公式で行われているキャンペーンとは違い、他社から乗り換える場合のみといった条件が設定されていないという点も魅力的です。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

キャンペーンをうまく使って工事費を無料にしよう

ソフトバンク光では工事費が最大で24,000円、場合によってはそれ以上かかることもあります。

しかしキャンペーンを使えば工事費も違約金も実質無料にすることも可能です。キャンペーンについてまとめると以下のとおりになります。

  • 公式のキャンペーンで違約金の還元(最大10万円)
  • 公式のキャンペーンで最大24,000円の工事費が普通為替でキャッシュバックされる
  • 代理店を通すと公式のキャンペーンに加えてさらに33,000円のキャッシュバックが受けられる
  • 28,000円のキャッシュバックとWi-Fiルーターが貰えるキャンペーンもある

代理店から申し込み、キャンペーンを組み合わせることで57,000円以上ものキャッシュバックが受けられることになります。工事費が24,000円以上かかっても実質無料になりますし、とてもお得です。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

工事できない場合はソフトバンクエアーで代用できる

大家さんや、構造上の問題でどうしても光回線の工事ができないこともあります。

その場合はソフトバンクエアーがおすすめです。ソフトバンクエアーは工事不要で自宅にWi-Fi環境を作ってくれるもので、月額も4,000円前後で光回線とさほど変わりません。

というよりも、工事ができないとなるとポケットWi-Fiかソフトバンクエアーのほぼ2択になってしまいます。

外出先でも使いたい人はWiMAX、自宅でしかWi-Fiを使わない人はソフトバンクエアーを選ぶと良いでしょう。

関連記事:工事不要の固定回線 softbank Airは買いなのか?料金比較、評判等をまとめる