ソフトバンク光

ソフトバンク光をマンションで契約する際に知っておくべきこと

「ソフトバンク光を契約しようか悩んでいる」
「何か気をつけておくことはあるかな」
「通信速度とか確認しておきたい」

ネット回線はそう頻繁に変えるものではないので、契約前にいろいろ気になりますよね。

本ページではマンションでソフトバンク光を導入する前に知っておくといいことを解説していきます。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら

マンションタイプの料金

ソフトバンク光のマンションタイプの月額料金は以下の通りです。

2年自動更新プラン 自動更新なしプラン
3,800円 4,900円

2年自動更新プランは1,000円以上安くなりますが、2年以内に解約をすると違約金がかかります。

2年以上使うことが決まっている、という場合は問題ありませんが、2年以内での解約が予想される場合は注意しておきましょう。

契約に必要な初期費用

月額料金以外にも、契約の際には初期費用が必要となります。

工事費用

工事費用は回線状況に応じて料金が変わります。

回線状況 工事費
「フレッツ光ネクスト」を利用中 工事費不要
・フレッツ光ネクスト以外のフレッツ光回線
・フレッツ光以外の回線(au光など)
・インターネットを利用していない
立会い工事あり 24,000円
立会い工事なし 2,000円

フレッツ光からの乗り換えの場合は工事不要なので、工事費も必要ありません。

また、フレッツ光以外でも「光コラボ」と呼ばれるフレッツ光回線からの乗り換えの場合は立ち合い工事が必要なく、2,000円の手数料のみで工事できます。

しかしマンションに配線設備がない場合やauひかりなどフレッツ光以外の回線の場合は、立ち合いを必要とする工事を行わなければなりません。

事務手数料

事務手数料は一律です。

事務手数料 3,000円

回線タイプと速度はマンション設備によって異なる

マンションタイプでも建物の既存設備によっては通信速度が異なります。IPv6対応のルーターを利用すればより高速通信が可能になります。

エリア 回線タイプ IPv4(PPPoP) IPv6 IPoE + IPv4
下り最大 上り最大 下り最大 上り最大
東日本 マンション・ギガ  1Gbps  1Gbps  1Gbps  1Gbps
マンション・ハイスピード  200Mbps 100Mbps  1Gbps  100Mbps
ファミリー・ファミリーライト 100Mbps 100Mbps 100Mbps 100Mbps
西日本 マンション・スーパーハイスピード  1Gbps  1Gbps  1Gbps  1Gbps
マンション・ハイスピード 200Mbps 100Mbps  1Gbps 100Mbps
マンション 100Mbps 100Mbps 100Mbps 100Mbps

VDSLは速度が遅い

上記の他にマンションによっては従来の電話線を利用した回線設備であるVDSL方式を採用している建物もあります。

光回線と異なり、メタル回線と言われる古いタイプの回線なので、速度は光回線の1/10しかでません。

基本的には個人の申請でVDSLから光回線に変更することはできませんが、大家さんや管理会社への直談判により工事を行なってもらえるケースもあるようです。

「利用したい住居者が複数おり、数人で相談すれば工事をしてもらえた」といった声もありました。

どうしても遅くて使えない、という場合は一度相談してみてもいいでしょう。

VDSLでは遅く、光回線も引けないという場合はsoftbankAirなどのWi-Fiを固定回線代わりに利用するという方法もあります。

工事不要の固定回線 softbank Airは買いなのか?料金比較、評判等をまとめる最近はヤマダ電機やヨドバシカメラなどの家電量販店等でもおすすめされているsoftbank Air(ソフトバンクエアー)。 無線タイ...

開通までのキャンセルなら料金はかからない場合がある

「申し込みしたらもうキャンセルできないのかな?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

契約から8日間の間ならクーリングオフが適用されるため、無料でキャンセルをすることが可能です。

また、申し込みから回線工事が終わるまでの間ならキャンセルしても料金はかからない場合があります。

ただし8日を過ぎてしまった場合や、工事が完了した後にキャンセルをする場合は工事費24,000円は返金されないので注意しておきましょう。

請求額がおかしいと感じたらすぐ確認を

キャンペーンページなどを見て契約したのに、初期費用が思ったよりかかってしまったというケースは少なくありません。

「こんな料金がかかるなんて知らなかった!」といったトラブルが起こらないためにも、契約の際にかかる料金は必ず確認しておきましょう。

店頭での契約の場合は、言われるがままに契約をしてしまい、よくわからないうちに余計なオプションを付けられてしまうこともあります。

こういったトラブルが起こらないためにも、自分でしっかりと確認しながら契約するためにも、店頭からではなくネットから申し込みを行うことをおすすめします。

もし想定外の請求額が発生していた場合でも、早急に対応すればキャンセルやオプションの廃止など対応が可能になります。

必ずしっかりと確認をして申し込みを行いましょう。

⇒ソフトバンク光優良販売店サイトはこちら