so-net光は乗り換えるべき

やさしくねっと.

ソネット光の勧誘があったけど契約すべきなの?乗り換えるメリットはあるか

 

「ソネット光という光回線の会社から勧誘の電話がかかってきたけど、ソネット光ってどんなサービスなの?」

という声がネットで多く見られるようになってきました。

ソネット光はフレッツ光回線を利用して提供している「光コラボ」と呼ばれる回線です。

現在フレッツ光を利用しているという方の場合は、乗り換えたほうがいいのか、メリットはあるのかという点が気になると思います。

ソネット光は2017年の9月からauスマートバリューというauスマホを使っている人に向けた割引サービスを開始。auユーザーにとってはとてもお得な回線です。

乗り換えるべきか、乗り換えるとどのくらいお得になるのかなどを詳しく解説していきます!

auスマホ、携帯利用者は乗り換えるとお得

フレッツ光とソネット光は基本料金はそこまで差がありません。しかしauスマホ・auケータイを持っているという方は、スマートバリューという割引サービスが適応されるので月額料金が安くなります。

また、フレッツ光から乗り換える場合は工事費が不要なので負担なく乗り換えることができます。

auスマートバリューで月額料金が大幅に安くなる

auスマートバリューとは、auスマホやケータイを持っていると月に最大2,000円の割引が受けられるサービスです。

割引額はプランごとに変わります。下記を参照にしてみて下さい。

モバイルプラン割引額
データ定額10/13/30(GB)最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/8/20(GB)
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)

月額2,000円の割引となれば、2年間で48,000円もお得に。3年目以降も934円ずつ割引が適応されるので年間で約11,000円お得になります。

また、家族にauスマホやケータイユーザーがいればその分もさらに割引されます。auを使っている人、特に家族で使っている人にとってはソネット光への乗り換えは非常にお得でメリットがあると言えます。

基本月額料金はフレッツ光とそれほど変わらない

ソネット光の回線はフレッツ光と同じものを利用しています。そのため料金や速度、サービスそのものはほとんど同じです。プロパイダによる微妙な違いはありますが、基本的には同じようなサービスが受けられると思っておいていいでしょう。

月額料金もほとんど同じ、または若干安いので、乗り換えたからと言って損をすることはほぼありません。

<フレッツ光とso-net光の比較>

回線名ファミリーマンション
so-net光4,800円3,500円
フレッツ光東日本5,100円~3,750円~
フレッツ光西日本4,810円~3,350円~

※フレッツ光はおおよそ最安プランの場合のものを記載しています。プロバイダや契約するプランによって大きく変わります。

フレッツ光からの転用の場合工事費が不要

通常、回線の乗り換えをすると工事費がかかりますが、フレッツ光からソネット光へ転用する場合は回線を変える必要が無いので工事が不要。そのため工事費はかからず、事務手数料だけで乗り換えることができます。

工事が不要なので面倒な立ち合いも必要がなく、申し込みをすると数日で自動的に切り替わります。

※Bフレッツやプレミアムなどの古いフレッツ光を利用している場合は、機器の取り換えが必要になり、工事費がかかる可能性があります

so-net光へ乗り換え(転用)する際の注意点

ソネット光への乗り換えは簡単に行うことができますが、いくつか注意しておきたい点があります。電話で勧誘されたからと言ってそのまま手続きを進めず、以下の点をチェックしておきましょう。

信頼できる会社で契約する

ソネット光は怪しげな代理店が販売していることもあります。中には「詐欺まがいの代理店に騙された」という声もあります。電話での光回線勧誘はほとんどが代理店によるものです。

ソネット光のサービス自体は悪いものではありませんが、代理店の話を全てうのみにして契約してしまうと不要なオプションをつけられてしまうということも。基本的に電話での勧誘は断り、信頼できる会社から契約することをオススメします。

ソネット光はプロバイダの公式サイトがあるので、そこから申し込むといいでしょう。

⇒so-net光公式サイトはこちら

プロバイダが変わる場合はメールアドレス等が使えなくなる

現在ソネット以外のプロバイダを使っている場合は、so-net光に転用するとプロバイダはso-netになるので変更することになります。

その際今使っているプロバイダは自分で解約の手続きが必要で、プロバイダが提供するメールサービスでアドレスを取得していた場合は使えなくなります。(例えばOCNを利用していた場合は、@ocn.co.jpといったプロパイダのメールアドレス)

※フレッツ光は自動的に解約になるので解約手続きは不要です。

メールアドレス変更に伴ってサイトの登録手続きなども再度行う必要があるので注意しておきましょう。フリーメール(Yahoo!やGmailなど)を取得しておくといいでしょう。

月数百円でプロバイダを解約してもメールアドレスだけを継続して利用できるサービスもあります。

au利用者以外はそれほどお得にならない場合が多い

auのスマホやケータイを使っていてスマートバリューが適応されるならソネット光への乗り換えはとてもオススメですが、それ以外の場合はお得にならない場合が多いです。

例えばドコモスマホを使っている場合はドコモ光にするとドコモセット割が適応されます。Softbankスマホを使っている場合は、ソフトバンク光にするとおうち割が適応されます。

このように使用するスマホのキャリアによって光回線を変えるとよりお得に利用することができます。

参考記事:ドコモ光、ソフトバンク光等光コラボレーションのメリットとデメリット

まとめ

ソネット光から電話勧誘が来た場合の対応方法についてまとめると以下のとおりになります。

  • auスマホやケータイを持っている場合はお得になるので乗り換えすべき
  • フレッツ光からの転用なら工事費も不要で手続きが簡単
  • ただし電話勧誘は悪質な代理店であることが多いため公式サイトから申し込む

auスマートバリューが適応されれば毎月の通信料がかなりお得になるので、現在割引が適応されていないという方は乗り換えを検討してみましょう。

auスマホ以外を使っている人も、使っているスマホでセット割が適応される光回線へ乗り換え・転用を検討してみましょう。毎月の負担を大きく抑えられるのでオススメです。

 

参考記事:auスマートバリューが適用されるso-net光コラボレーションの評判や料金の解説

 

光回線 光コラボレーション    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。