eo光

auスマートバリューが使えるeo光とSo-net光はどっちがお得?

自宅で利用する固定回線の「光回線」にはいろいろな会社がありますが、基本的にはスマホと同じ会社が提供しているものを選ぶと、セット割などが適応されるのでお得です。

例えばauスマホの場合は、auひかりを使うとお得になります。

ですが、関西などエリアによってはauひかりが使えないというケースもあります。

そんな時にオススメなのが「eo光」と「So-netひかり」です。

この2つの光回線もauを使っている人が契約すると、お得になるんです。

今回はこの2つのどちらがお得なのかどんなサービスなのかを詳しく解説していきます。

auスマホを持っていて、これから光回線を契約しようと考えている方は要チェックです!

eo光とSo-net光はどんなサービス?

まずは2つの光回線について、サービスの内容を簡単にご紹介します。

eo光のサービス概要

関西電力系のケイオプティコムという会社が提供するインターネット固定回線のサービス。

関西圏でしか展開していないのですが、利用者はとても多くシェア率の高い光回線です。

要潤さんがイメージキャラクターとして起用されていることでも有名です。

料金は以下のとおりです。

  100Mコース eo暮らしスタート割
適用価格
戸建/メゾン
(100M)
4,667円
戸建/メゾン
(1G)
4,953円 2,953円
マンション
(100M)
3,524円
(VDSL/モデルレンタルプラン)
2,525円

※マンションタイプの1Gプランはマンション・提供方法によって料金が異なります

eo光は自社の回線を使った光回線を提供しています。

フレッツ光などのように日本全国展開しているのではなく、関西を中心としているので提供エリアは以下のように関西圏に限られています。

【提供エリア】
大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県

So-netひかりのサービス概要

数多くのインターネットサービスを手掛けるSo-netの提供する光回線。

月額料金は以下のとおりになります。

タイプ 月額料金
(新設・工事費込)
月額料金
(転用)
ホーム 1~36カ月目:3,980円
37カ月目以降:5,580円
1~36カ月:3,980円
37カ月目以降:5,580円
マンション 1~36カ月目:2,980円
37カ月目以降:4,480円
1~36カ月目:2,980円
36カ月目以降:4,480円

So-netで取り扱っている光回線は、フレッツ光から借りた回線を私たちにそのまま提供する「光コラボレーション」という仕組みになっています。

これまでフレッツ光を使っていたという人の場合は乗り換えの際に工事が不要。回線品質もそのままで乗り換えられます。

エリアもフレッツ光と同様に日本全国幅広く展開しています。

【提供エリア】
東日本エリア
北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川(静岡の一部含む)、山梨、新潟、長野
西日本エリア
富山、石川、福井、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

どちらもauスマートバリューが適用される

どちらの回線も「auスマートバリュー」というauスマホを持っていれば、スマホの月額料金が安くなる割引が適応されます。

スマートバリューとはネットとセットで申し込むことで受けられる割引で永年適応となります。

プランによって適応される割引額が異なり、毎月500円~最大2,000円が割引されます。

プランごとの割引額は以下のとおりです。

モバイルプラン 割引額
データ定額10/13/30(GB) 最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/8/20(GB)
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/カケホシンプル):2GB超~20GBまで
最大1,000円
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)
auピタットプラン(シンプル):1GBまで
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
auピタットプラン(シンプル):1GB超~2GBまで
500円

家族の持っているauスマホも割引対象となります。

例えば家族4人がauスマホを持っている場合は毎月4,000円以上も通信費が抑えられる可能性もあります。

eo光とSo-netひかりの料金や評判を比較

eo光とSo-netひかり、どちらにするか判断するポイントとなるのは評判や安さですよね。

そこで様々なポイントを両社で比較してみました。

月額料金はeo光の方が安い

料金面では、キャンペーンを適応させるとどちらも一般的な光回線と比べて比較的お得な月額料金になっています。

ですが、契約から2年間の合計で考えるとeo光の方が若干安いです。

また、その他にも光電話などをセット契約すると安くなるキャンペーンも展開されており、通常料金以外の部分を加味してもeo光がお得です。

速度や評判について

料金と同じく気になるのが速度。

動画を視聴したりゲームをするという方は速度が遅いと困りますよね。

実際に使っている人の声を参考に、速度についての評判を調べてみました。

eo光の速度の口コミ

速度は環境にも大きく左右されますが、全体的にeo光は速度が速いという意見が多く、遅いという意見はかなり少なかったです。

So-netひかりの速度の口コミ

So-netは比較的遅いという意見が多く、特に数年前だとかなり評判が悪いように感じました。

ですが、最近高速通信が可能になるV6+の提供が始まり、それに伴って速度の評判も良くなってきています。

その他の評判

速度以外の評判についてご紹介します。

eo光の評判

https://twitter.com/yamato_samurai_/status/995898174396026880

関西ではフレッツ光に匹敵するほど加入者が多いと言われているeo光。

大手企業だけあって、対応の親切さに関する評判も多くみられました。

So-net光

回線が遅いといった否定的な意見がある一方で、オススメできるという意見もありました。

フレッツ光の回線を借りて提供している「光コラボ」の回線の中では価格面から考えても、比較的オススメできる回線だと言えそうです。

それぞれのキャンペーンについて

eo光もSo-net光もお得なキャンペーンを行っていて、専用ページから申し込めばキャッシュバックが受け取れます。

それぞれのキャッシュバックの詳細は以下のとおりです。

  • eo光…10,000円分の商品券+解約時に最大30,000円の違約金負担
  • So-net光…最大33,000円キャッシュバック

eo光では、1万円分の商品券が受け取れるキャッシュバックに加えて、乗り換え時の違約金を最大3万円まで負担してくれるキャンペーンが受けられます。

安くしたいから乗り換えたいけど、違約金がかかってしまう…という方には特にオススメ。

このキャッシュバックを利用すれば違約金を気にせず乗り換えられます。

So-net光では新規契約に限り、最大で33,000円のキャッシュバックが受け取れます。

違約金がかかるならeo光の方がお得になりますが、これから新規で契約をする予定ならSo-net光の方が高額のキャッシュバックを受け取れます。

まとめ

auスマートバリューの割引額はトータルで見ればかなり大きな額になります。

auスマホを持っていてスマートバリューが適応されていないなら、すぐにでもスマートバリューが使える光回線に乗り換えるべきです。

auひかりのエリア外の人でも加入できる可能性のあるeo光とSo-net光の2つの回線がそれぞれがどんな人に向いているのか…。

今回ご紹介した内容をまとめると以下のとおりになります。

  • 【eo光】
    ・関西に住んでいる人
    ・乗り換える際に他社で違約金がかかる
    ・より速度が速い回線を選びたい
  • 【So-net光】
    ・新規申し込みを検討している
    ・高額なキャッシュバックを受け取りたい

回線速度や金額面などから見れば、総合的にはeo光の方がオススメです。

しかしeo光は同じ関西でもso-net光に比べて対応エリアが狭いので、エリア対象外の時はso-net光を選ぶことになるでしょう。

どちらも公式サイトから申し込むよりもキャンペーンが適応される専用のページからの申し込みをすることでよりお得に契約できます。

新規申し込みの場合は特にSo-net光がオススメなので検討してみましょう。

so-net光の公式ページはこちら

⇛eo光のキャンペーンはこちら