スマホ依存症

やさしくねっと.

スマホ依存やネット依存は何が問題なのか?

 

2234741663_26533e0793_o

若者の間ではガラケー時代から携帯電話の依存症が危惧されていますよね。携帯電話を取り上げた女子高生がパニックになる様子がテレビで大げさに取り上げられたりしていました。

近年ではより便利になったスマートフォンがもたらす依存の危険性をあちらこちらで耳にするようになりました。

だけど私としては、

「何か問題でも?」

って思ってます。というか、客観的に言われている依存症そのもの自体別に問題ないと思ってます。

というのも私自身、客観的に見ておそらくスマホ依存症だからです。

スポンサーリンク

依存症は病気?

2234741663_26533e0793_o
credit: thinkpanama via FindCC

スマホに限らず酒やたばこ、薬物やシンナー。これらに依存してしまうと身体に重大な影響を与えるため、治療の対象として扱われます(たばこはそれほど重要視されていませんが)。

依存することによって健康に害を与えるならば治療が必要ですが、例えば携帯やゲーム等の依存は健康を害すわけじゃないので当然病院で治療するほど問題視はされていません。

しかし、依存することによって睡眠不足が生じたり、学業や就業に害を与えることがあります。

「ゲームのやり過ぎで学業をおろそかになった」なんてことはよくある話で、身体に害を与えずとも生活に害を与える依存は間違いなくあるわけですね。

依存症は治療するべき?

8228710532_33d00837da_z
credit: francisco_osorio via FindCC

酒やたばこ等はアルコールやニコチンといった依存物質が含まれており、それを体内から取り除くことで依存症をケアします。

しかしネットゲームや携帯依存症等は依存しやすい物質が体内にあるわけじゃない。そのため、それらの依存症をケアするには精神面をケアする他なりません。

つまり依存症とは精神病の一種なわけですね。

精神病の難しいところは目に見える怪我や、検査等でわかる病気とは違い、どこまでが正常でどこから病気なのかプロの医者が見ても判断は付きません。

じゃあどこで判断するのかっていうと、自分もしくは周囲の人の日常生活に支障があるかないかで判断されます。

これは別に依存症だけじゃなくて、うつ病や統合失調症等、多くの精神疾患に言えることで、治療が必要かとうかはそこで判断されています。

つまり四六時中ネットゲームしてスマホ触っていても本人および周囲の人に被害がなければたとえ客観的に見て依存症であっても治療する必要はないといえます。まあよく考えると当たり前の話です。

治療が必要な依存症

しかし逆に、本人及び家族等の周囲の人に被害が出るようならば、それは治療すべき依存症と言えます。

例えば毎日朝から夜までネトゲーばかりやって仕事にも行かず、本人や家族を苦しめているならそれは治療が必要なレベルです。精神科に通ってください。

スマートフォンでも毎晩遅くまでソシャゲーやSNSにに没頭して学業に専念できなくなったり不眠症になる等した場合は当然治療すべきです。

自制心でどうにかなるレベルならまだ依存症という病気とは呼べませんが、それが出来ず、苦しんでいるなら精神科や心療内科等でカウンセリングを受けましょう。世の中にはきっとそんな人大勢います。

使っても使われるな

16169567812_a7b39aaba6_z
credit: PistigriloXP via FindCC

スマホやパソコン、ゲームに限らず面白いコンテンツというのは私たち人間の生活をより楽しく、豊かにするために存在しています。

どこにいてもゲームが出来て、友人とコミュニケーションが取れて、知りたい情報をすぐに知ることが出来る。

しかしそれら便利なコンテンツによって自身が振り回されてしまうってことは少なくないです。

「メッセージが来たから返さないといけない」

「今日までにクリアしないとボーナスアイテムが貰えない」

「今コメントしないと気が済まない」

便利なコンテンツでも私達の行動が制限されてしまうと何のために利用しているのかわかりませんね。

「スマホは機能が多すぎて逆に使いにくい」

少し前にガラケー派の人が言ってた言葉ですがスマートフォン、いやコンピュータ機器そのモノを勘違いしている発言だと言えます。

スマートフォンは確かにアプリを使うことによって様々な機能を備えることが出来ます。だけど使用しなければいいだけですし、余計な機能を付けて動作が重くなってしまったガラケーとは違い邪魔にもなりません。

必要なモノは取り入れて不要なモノは捨てる。

現代の情報化社会ではその取捨選択を上手く出来るかどうかによって豊かに感じるか、不便に感じるか大きく変わってくると思っています。

ようするに賢く使いましょうってことです。スマホもネットも。

スポンサーリンク

 

タグ :

コラム    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。