SIMフリー端末

iPhoneXsを格安SIMで使おうとする人がかなり理解できない件

2018年9月にiPhoneXs及び画面サイズの大きいiPhoneXs Maxが発売されたらしいです。

スマートフォンが瞬く間に普及して数年経ち、iPhoneを含むスマートフォンが全体的に洗礼されて最近は新しく発売されても真新しさを感じなくなりつつありますね。

今回のiPhoneXsに関しては相変わらず見た目の変化はほとんどなく、大きな変化と呼べるのはワイヤレス充電、顔認証システム、セルフィー(自撮り)をポートレードモードで撮影に対応したくらいですかね。

実はもうあんまり興味がなくて調べる気にもならなかったり・・・

それでもやっぱり日本人はiPhoneが大好きでtwitterやfacebook等でたくさんシェアされてiPhone6sに関する情報やそれに対するコメント等が勝手に飛んできます。

その中で少し気になったなったのはSIMフリーのiPhoneXsを購入して格安SIMを使おうと考えている人がいるということ。

これかなーり理解し難いんですよね。

だってさー・・・

というのが本日の内容です。

iPhoneはやっぱり高すぎる

SIMフリーのiPhoneXsの価格、ざっくり調べたんですがやっぱりめちゃくちゃ高いですよね?

一番安い64GBでも価格コムの最安値で12万くらいします(2018年12月20日時点)。

メモリ容量の大きい512GBだと16万5000円はしそうですね。iPhoneXs Maxだと64GBでも定価で約13万4000円です。

12万もするスマホを買える人は本当にリッチだなあと思います。

スマホは使って3年くらい?

5年、10年使うものだったらまだわかるんですが、スマホって使ってもせいぜい2年、長くても3年くらいじゃないですか。

iPhoneもだいたい1年に1回のペースで新作出しているし、さすがに毎年変える人は少ないと思いますけどだいたいの人が6sから7、7から8、8からX、XからXsもしくはXrくらいのタイミングで変えますよね。

そもそもキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の更新がだいたい2年ごとになっているのでそのタイミング(2年ごと)で変えるのがほとんどなんじゃないかなと思います。機種変更にしろ、キャリア移行(MNP)にしてもね。

たとえそれ(更新月)でなくてもスマホはまだまだ新しいアイテムで技術の成長が速いので、それくらいのペースで変えないとアプリが使えなかったりブラウザが重くなったりして長く使うことが出来ないんですよね。いや無理に使おうと思えば使えますが。

例えばiPhone5が発売されたのが2013年の9月で、まだ5年くらいしか経っていないけど多分5使っている人なんてほとんどいないと思うんですよ。

5年くらい使うつもりで12万の端末買うんならまあまだいいかなと思いますが2、3年くらいしか使わないのにそんな高いスマホ買える人は貧乏な私からするとリッチだなあと思うわけです。

格安SIMのメリットを活かしきれてない気が・・・

そんなクソ高いiPhoneをキャリアの割引を使わずにわざわざSIMフリー端末を購入してMVNOの格安SIMを使おうと考えている人がいます。

これがかなり理解できない。

だってSIMフリーのiPhone安いやつで12万もするんですよ。512GB以上だと価格コムでも16万以上はすると思います。

これに何GBののSIM突っ込みたいのか分かりませんがまあ3GBとしましょうか。

人気のあるIIJmioの音声通話機能付き3GBのSIMが月額1600円。

月額1,600円の格安SIMでも12万もする端末だと2年間で支払う金額は約12万6000円になるわけです(1,600円×24ヵ月+120,000円)。

これが例えばauへMNPしてiPhoneXsを購入した場合の料金は試算は下の画像のようになる。

3GBだと月額5,480円なので2年間で支払う総額は131,520円になります。

すなわちSIMフリーiPhoneを格安SIMで使った場合の12万6000円より5千円ほど高くなってしまうわけですが、格安SIMには電話カケホーダイプランがないので通話したらした分だけ通話料が上乗せされます。

さらに上記auの試算はauのスマートバリューやiPhoneその他スマートフォンの下取りによる値引きを入れていません。

 

auに限らずドコモ、ソフトバンクにも固定回線とのセット値引きや下取りがあったりするので割引を駆使すれば格安SIMより安くなるというケースも多いと思います。

モバイルとセットで安い話題の光コラボレーション比較

格安SIMが安い理由

確かに格安SIMはキャリアと比べて格段に安いです。

私もauから格安SIMに乗り換えて月額料金が3分の1近く安くなりました。

しかし格安SIMが安いのは企業の利益を削っているわけではありません。

最大の理由は端末にあります。

格安SIMは基本的にSIMだけの商品です。最近はAndroidのスマホとセット売りをしていることが多いですがそのセット売りの端末自体かなり安いものが多いです。

例えば人気のASUSのzenfone3、ファーウェイのP10liteは2万後半くらいでアマゾンで買えます。2年間で分割にすると月額1,000円程度になります。

しかしもし仮に端末価格が12万するiPhoneを2年分割払いで格安SIMとセットで売った場合どうなるか。

端末代は12万÷24カ月=5,000円です。

5GBの音声SIMと足せば月額6,000円くらい。確かにキャリアよりは安いかもしれませんが通話料を考慮すると決して圧倒的に安いとは言えません。

キャリアの場合、セットで売られている端末はiPhoneの他サムスンのギャラクシーやソニーのxperia等ハイエンドモデルが基本です(私がauを使っていた頃のことです。最近のことは知りません)。

しかもどのキャリアも2年で機種変更やMNPをしないと損するようなプランが採用されています。

「そんな高価なスマホいらねえよ」

「どうせ2年くらいしか使わないんだから安いので良いよ」

って思ったから格安SIMにしたんですよね。高い端末買うならキャリアで買うのとそう変わりはありません。

そもそもiPhoneってそんなに良いの?

いやまあここは趣味の問題だから好きな人は好きでいいんですが、私は2015年の4月くらいだったかな・・・iPhone5からアマゾンで3万以下で購入したAndroid端末、zenfone5に変えました。

最初は少し不安はありましたが、今ではもう逆にしばらくはiPhoneを使おうとは思わないです。たとえ価格が同じくらいだったとしてもAndroid使うと思います。

理由はこちら(長年iPhoneだった私がAndroidに変えて良かったと思った5つのこと)に詳しく書いていますが純粋にiPhoneより使いやすいと思ったからなんですよね。

特に下記2点、

  • 画像やPDF等のデータ移動がしやすい
  • 電源ケーブルがmicroUSB

というところが本当に楽です。

データの移動に関しては自分が使いこなせていないだけでiPhoneでも何か良い方法があるのかもしれませんが二点目の電源ケーブルに関してはiPhoneは本当にどうしようもないです。

iPhoneは純正ケーブルや認定品しか使用出来ないようになっていて社外品の安いやつが使えません。前に外出時に充電出来なくて仕方なくコンビニでモバイルバッテリを購入したんですが、それに付属していたiPhoneのライトニングケーブルが10分足らずで認識不能に。とても困っていたので別のコンビニで別のモバイルバッテリを購入したんですがそれもすぐに使用不可・・・。

さらに認定品とされるアマゾンベーシックの製品も数カ月で使えなくなったりもして本当に電源ケーブルに困り果てました。純正品買えば良いだけだけど無駄に高いし根元がすぐに劣化するし・・・まあ買いましたが。

という感じでiPhoneを欲しいとも思わない私からすると12万もする端末を少しでも安く使おうと格安SIMを使う人が理解できないなあと思ったわけです。

いやまあそんなことする人ってiPhone大好きな人くらいだと思いますが。なんでそんなにiPhoneが好きなんですかね?

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。