オススメしたい格安スマホ端末

やさしくねっと.

コスパ最強!?格安スマホを検討するならオススメしたい4機種

 

zenfone

so-netモバイルLTEやU-mobile等、スマートフォンとセット販売がある格安スマホもありますが例えば私が使っているIIJmioや人気のOCNモバイルONE等は別途スマホを購入する必要があります。

ちなみに私が格安スマホに乗り換えようと思ったきっかけはiPhone6があまりにも高額だったからです。16GBで本体価格7万位するですよ?分割で購入したら実質0円とかって各社謳っていますが実質毎月の月額料金に組み込まれていますからね。

ここで紹介する格安スマホ、SIMフリー端末は驚くほど安価ですがどれも高性能で使いやすいものばかりです。Appleのようなブランド力はないので無名なモノが多いですが。

スポンサーリンク

Zenfone5 -ASUS(エイスース)

私もメインで利用しているコスパ最強スマートフォン。価格は3万以下です。迷ったらコレ!

昔からAndroidは動作がもっさりしてて使いにくいイメージがありましたがこの機種に関しては驚くほどサクサクしていてそれまで利用していたiPhone5並み、もしくはそれ以上に快適に使えています。

アマゾンでも大好評で家電批評という雑誌でもベストバイに選ばれています。というか実際使っている私が自信を持ってオススメ出来ます。

欠点があるとすれば5万以上するハイエンドモデルと比較して電池持ちが悪いところですね。まあそれでもiPhone5よりはずっと良いですが。

後、カメラ性能や画面の解像度等はそれほど高くありません。まあiPhoneの半額以下ですからねえ。

U-mobileの格安スマホセット

Zenfone5はSIMフリー端末の中でも最も人気があり、格安スマホを提供するU-mobileも格安SIMとセット販売で提供しています。

端末代込み、データ通信3GB使える音声通話プランは月額わずか2,680円なので通常の半額以下でスマホを持てます。


ZenFone5| 詳細スマートフォンセット|格安スマホ・SIMカードのU-mobile(ユーモバイル)

NEXUS5(LGエレクトロニクス)

Zenfone5と並んでコスパの高い機種といえばこれです。

価格はアマゾンで3万後半ほど(2015年11月時点)。

こちらの機種も少し触ったことありますがやはり動作がサクサクしていて快適に使えます。ネットでの評価も高くコスパが非常に高いです。

型落ちモデルですがスペックが高くまだまだ使えます。その分価格も下がってきてるのでお買い得ですね。

SAMURAI MIYABI(フリーテル)

フリーテルはコスパの高い低価格モデルを販売する数少ない国内メーカーです。

SAMURAI MIYABIはフリーテルが販売する機種の中でもミドルレンジ(中位機種)に位置し、17,000円程度という低価格ながら

非常に高い性能を持っており、背面カメラの画素数も1300万画素とこの価格帯では類をみないレベルです。
ちなみに私も1台所持していますが1万円台で買えるスマホとしては最も高品質ではないかと思います。

Zenfone2 -ASUS(エイスース)

コスパ最強のZenfone5の後継機種とも言えるASUSの最新スマートフォン。

スペックはハイエンドモデル並みで性能重視で選ぶなら間違いなくこれでしょう。しかしその分価格もちょっと高い。

見た目はZenfone5とほとんど変わらないが音量調節ボタンが背面に付いている。メモリも2GB→4GBに、カメラも800万画素→1300万画素へとグレードアップされている。

バッテリ持ちも非常に長くまさにハイエンドスマートフォンと言えます。OSはAndroid5.0がを標準装備。

その分価格は約5万とちょっと高額ですがiPhoneやサムスンのギャラクシーと比べるとまあ安いかも。

P8lite - HUAWEI(ファーウェイジャパン)

価格.com - Huawei P8lite SIMフリー レビュー評価・評判
2015年6月に発売さたHUAWEIの新機種。現在最もコストパフォーマンスが良いとされる端末で2万円代のスマホとしては圧倒的な高スペックを誇っています。

CPUはなんと8コアでメモリは2GB、ストレージも16GBあるため動作もサクサク。

MVNO各社も一押ししているため様々なSIMとスマホのセットプランがあります。

現在一押しの機種。

お得なスマホセットの比較はこちら。

スマホ込みで月額2,000円代で快適に使える格安スマホまとめ

まとめ

格安スマホは無名ですがその分各メーカーコスパに力を入れていてお買い得です。

特にASUS、HUAWEIの端末はコスパが高く、世界中で人気があります。

大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でスマホを契約するとほとんどの場合、iPhoneやギャラクシー、xperiaを同時に購入することになります。

これらの機種はハイエンドモデルのため性能は高いですが、実質端末価格は5万~9万以上と非常に高額です。

それほど高性能なモノは必要ない、安いので良いという方はこちらで紹介した格安スマホ(SIMフリー端末)を検討してみてください。

 

スポンサーリンク

 

タグ :  

SIMフリー端末    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。