ルーターとハブの違い

やさしくねっと.

これですっきり解る!?ルータとハブの違いをどこよりも解りやすく解説

 

8816683809_089d6f7faa_z

今やパソコンは一家に一台ではなく1人一台の時代。

一般家庭でも複数台のパソコンをネットに繋げて使用することが当たり前となりました。

一つのインターネット回線を複数のパソコンで利用する場合、ルータやハブ等の機器が必要になってきます。

だけどコンピュータ関連に詳しくない人にとってこのルータとかハブって何なの?ってなること多いですよね。調べても難しいことが書いてあって解らない。

そんな人のために解りやすく解説します。


スポンサーリンク

ルータとハブの違いとは

本来ルータとハブの明確な違いを判別するのは簡単ではありませんがここでは一般家庭で使用される一般的な分け方で考えます。

まずルータとハブそれぞれの役割をピックアップし、それぞれの違いをまとめます。

ルータの役割

※こういう機器です。

バッファロー

ルータはその名の通り通信のルート(道)を整理する役割を担っています。

私達はインターネットで例えばyahoo!JAPANにアクセスする際、それまでの道を作ってあげる必要があります。

下の図は一般的な家庭のパソコンからyahoo!JAPANにアクセスした場合のイメージです。

ルータ

私達はインターネットを利用する時、必ず(どんな形でも)アクセスしたい住所を指定します。これをインターネット用語で「URL」とか言ったりします。

データの通り道を作るのがルーター

yahoo!JAPANの「URL」は『yahoo.co.jp』です。つまりyahoo!JAPANを開いているということはたとえトップページにしてようとも、検索ボックスに「yahoo! 」と入れてアクセスしようと『yahoo.co.jp」にアクセスしているということになります。

そしてyahooにアクセスすると同時に様々な情報を閲覧することが出来るわけですが、これはつまり様々な画像やテキスト(文字)等をyahooから自分のパソコンが受信しているということでもあります。

サイト受信

情報を受信するためには当然受信する側のパソコン、つまりあなたが今使っているパソコンがネットワーク上のどこにあるか送信側が分からないと送れません。

ルータは、接続されているパソコンの番地を決定しデータのやり取りの交通整理を行い、インターネットに接続する役割を担っています。

ルーターがなければインターネットに接続しようとしても(インターネットのホームページからは)自分のパソコンがどこにあるのかわからないためネットに接続することができません。

そのためルーターがない場合はパソコン自体に自分の居場所を入力して接続する方法があります。

今回、インターネットを例にしていますがこれは別にインターネットに限らず、同じ屋内のLAN回線、つまり1階と2階のパソコンのやり取りでも同じことが言えます。

たとえ物理的な距離が近くてもルータが番地決めをしないとお互いどこにいるのか分からないため通信が困難となります(1対1を除く)。

ハブの役割

※こういう機器です。

hub

ハブにも様々な種類がありますが、一般的な家庭で使用されるハブは単純に1本のLANケーブルを分配する役割を持っています。

ハブ図

上図のようにルーターを利用せずハブで複数のパソコンに接続してもインターネットは正常に繋がりません。インターネット側(先ほどの例で言うとyahoo!JAPAN側)から見ると、番地の決まっていないパソコンには情報を送信することが出来ないからです。

つまり複数台数のパソコンを設置したければルータ(もしくはルータ機能を持っている機器)が必ず必要です。

ただ、パソコンが一台のみであればインターネットに接続することが可能です。何故なら一台のみであればそのパソコン自体に「私はここにいますよ」という情報を保存してネット側に知らせることが出来るからです。

方法はこちら

※終端装置とは

インターネット(ADSLもしくは光回線)を契約すると必ず回線終端装置と呼ばれる機器が設置されます。

終端装置の役割は基本的にLANケーブルに変換することです。

通常ADSLに使用されている電話ケーブルも光回線で使用されている光ケーブルもパソコンやその他の周辺機器(ルータ、ハブ等)に直接接続することはできません。

そのため、終端装置でLANケーブルが使用出来るように変換する必要があります。なのでインターネットを申し込むと終端装置が必ず付いてきます。

終端装置にはいくつか種類があり、LANケーブルに変換するだけの機器以外にLANポートが複数あるルータ機能が備わった機器もあります。フレッツ光と光電話を同時に申し込んだ時に設置されるホームゲートウェイ等がそれにあたります。

ルータ機能がある終端装置の場合、別にルータを購入する必要はありません。

img_hgw_lancard_01

まとめ

8816683809_089d6f7faa_z

credit: Bakar_88 via FindCC

道路に例えると道がLANケーブル、交差点がハブ、目的地を設定したり交通整理をするのがルータ、道の上を走る車がデータになります。

見た目に分かりやすいハブはともかく、ルータは内部的なデータのやり取りが特徴的な機器なので分かりにくいですね。見た目も似ていますし。

スポンサーリンク

 

ネットワークの基本 ネットワーク設定    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。