楽天モバイル

やさしくねっと.

通話料を圧倒的に安く出来る楽天モバイルは通話が多い人におすすめ

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP88_nikori15195840-thumb-1000xauto-17198

 

ネット広告やテレビCM等で「楽天モバイル」を知った人も多いと思います。

現在格安スマホ、格安SIMは数十種類にも及びますが、その中でも楽天モバイルは順調にシェアを伸ばしてます。

格安SIMの契約者数は現在500万回線以上(2016年3月時点、前年比65.5%増)、シェアはOCNモバイルONE、IIJmioに続き楽天モバイルは第三位となっています。

参考サイト:格安SIMの契約数は539.4万回線、シェアは「楽天モバイル」が3位に

本ページではこれまで通信サービスとして無名だった楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルについて解説します。

⇒楽天モバイルの公式ホームページはこちら

楽天モバイルのプラン

楽天モバイルの月額料金表は下記の通りです。

プラン名データSIMデータSIM
(SMS付)
通話SIM
※ベーシック525円645円1,250円
3.1GB900円1,020円1,600円
5GB1,450円1,570円2,150円
10GB2,260円2,380円2,960円

※ベーシックプランは通信制限のない低速プラン(通信速度200kbps)です。

他のプランは下り最大225Mbps上り最大50Mbpsなので公表している数値としてはまあ他のLTEと同じですね。通信容量5GBの通話SIMが2,150円なので私がメインで使っているIIJmioのプラン(2,220円)よりちょびっとだけ安いです。

楽天の3.1GBプラン(月額1,600円)を他社と比較すると、IIJmio(音声通話SIM)が1,600円、OCNモバイルONEが1,800円となっており、楽天モバイルがややお得であることがわかります。

楽天モバイルの月額料金は他社の格安SIMと比べて平均よりやや安いという印象です。

セットで買えるスマホの種類

楽天モバイルはセットで購入できるスマートフォンの種類が全17機種と業界で最も多いです。

OSはすべてAndroid。メーカーはASUSやHUAWEIの他にSONYやシャープ、富士通等の国内メーカーの製品があるのが特徴的です。

・セットで購入できるスマホ一覧(2016年8月調査時、価格は税込)

名称メーカー分割代(24回払い)本体価格
arrows M03富士通(日本)1,341円
(期間限定)
32,184円
(期間限定)
AQUOS mini SH-M03シャープ(日本)2,241円53,784円
ZTE BLADE E01ZTE(中国)441円
(期間限定)
10,584円
(期間限定)
HUAWEI P9HUAWEI(中国)2,691円64,584円
HUWEI P9 LiteHUAWEI(中国)1,349円32,379円
Zenfone GOASUS(台湾)891円21,384円
AQUOS SH-RM02シャープ(日本)1,791円42,984円
arrows RM02富士通(日本)1,341円32,184円
VAIO Phone BizVAIO(日本)2,466円59,184円
Desire 626HTC(台湾)1,251円30,024円
Liquid Z330Acer(台湾)540円12,960円
honor6 PlusHUAWEI(中国)2,061円49,461円
HUAWEI MateSHUAWEI(中国)3,591円86,184円
Xperia J1 CompactSONY(日本)2,466円59,184円
Zenfone 2 LaserASUS(台湾)1,026円24,624円
Zenfone SelfieASUS(台湾)1,701円40,824円
Zenfone 2ASUS(台湾)1,476円~
2,286円
35,424円~
54,864円

※黒字はオススメ

※一番下のZenfone2はRAM、ROMの容量によって価格が変わってきます。

zenfone2の詳細

※(機関限定)はキャンペーンにつき期間限定価格となっています。

セットで選べる機種は10種類以上と群を抜いて多いです。

OSはいずれもAndroidとなっていますが、別途appstoreからSIMフリーのiPhoneを購入して楽天モバイルを利用することは可能です。

ドコモのiPhoneであればほぼ問題なくSIMカードの差し替えで楽天モバイルが利用できます。

楽天モバイルのスマホセットのおすすめ機種

スマホの機種はこのサイトでも以前紹介した一押しのZenfone5(但し8GB)やハイエンド機種であるxperia、VAIOPhone等、種類も豊富です。378811-1

さらに特に注目したい機種はファーウェイのhonor6 Plus(オーナー6プラスと読みます)でメモリ3GB、CPUはオクタコア(8コア)となっており、この価格帯(現在キャンペーンで本体価格3万円程度)の機種としてはずば抜けて高性能くてオススメです。

思わず「なにこれ?」といってしまいそうな特徴のある平行ダブルレンズは一眼レフっぽいボケ味が出るらしいです。

こんな感じ(下画像)で取れるのかな。私はあんまり写真に興味はないんですがスマホでこういうのが撮れたら楽しそうですね。野鳥の撮影に行きたくなりそうです。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OOK92_ohanatoru15141852-thumb-autox1000-14672

ちなみにこの機種(honor6 Plus)と通話SIM(5GB)を契約すると月額料金は、

端末分割代(2,061円)+通話SIM(2,150円)=4,211円

となります。端末代は24回払いなので2年すれば払い終わります。

機種代を入れてもドコモやau、ソフトバンクを使うより圧倒的に安いですね。

コスパ重視で考えるなら「HUWEI P9 Lite」や「Zenfone GO」、「Zenfone 2 Laser」等もオススメです。

最近はミドルレンジ機種(本体価格2~3万円の機種)の性能が秀逸なので特にこだわりがなければこの価格帯のもので十分だと思います。ちなみに私が利用しているスマホも2万円~3万円のものが中心です。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは他のMVNO(格安SIM提供業者)にない重要なサービスがあります。

それは楽天スーパーポイントが貯まることです。

楽天市場他、楽天のサービスを多く利用する人が格安SIMを選ぶなら楽天モバイルが最も賢明であると言えます。

楽天ポイントで買い物が出来る

ドコモやソフトバンクにもありましたよね。毎月の携帯代でポイントが貯まっていって好きな商品と交換出来るというポイントサービス。余談ですが私は16の時から携帯使っていますが一度も使ったことありませんでした。だいたいポイント使わずに解約しちゃうんですよね。

そんな感じで楽天モバイルも月々の支払い100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まるわけですが楽天市場で使えるのでかなり便利です。

さらに楽天モバイル契約中は楽天市場でのポイントが2倍になるため二重にお得です。

通信速度も申し分なし

格安SIM選びで常に懸念される通信速度の安定性ですが、こちらは某家電評価雑誌によると通信速度テストの結果は7.82Mで17社中5位と高成績です。

もちろん地域や環境によって差はあると思いますが多方面で評価されています。

 

ちなみに私が勤める会社でも同僚が2人ほど利用していましたが特に通信速度が遅くて不満という様子はなく快適に使えているようです。

速度制限とデータ容量繰り越しについて

1か月の通信容量(5GBプランなら5GB)を超えると通信規制が掛かってしまい、解除されるまで200kbpsとなってしまいます。

また、1か月の容量だけでなく、楽天モバイルは3日あたり、

3.1GBプラン時:540MB

5GBプラン時:1GB

10GBプラン時:1.7GB

の通信速度制限があるようです。

また、データ容量が残っている場合、翌月までなら繰り越せるようです。

例えば5GBプラン時、当月使用した容量が3GBであれば残り2GBとなり、翌月は合わせて7GB利用できます。

楽天でんわで通話コスト削減

楽天でんわは楽天モバイル限定のサービスというわけではありませんが、合わせて利用するとかなりお得なサービスです。

楽天でんわはiPhone、Androidスマホ用のアプリですが、これを使って電話発信をすると通常の通話料金が単純に半額になります。

※下画像のようなアプリを使って発信するだけで通話料が半額になります。音声通話対応であればどの格安SIMでも利用できるので私も、家族もみんな利用しています。

楽天でんわのアプリ

楽天会員登録や通話料金を払うためのクレジットカード登録等が必要ですが、これまで使っていた通常の電話アプリから楽天でんわに変えるだけで通話料が半額になるので楽天モバイル以外の人でも使わないと損です。※30秒20円プラン利用中の場合です。

カケホーダイを行っているキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を使っている人には利用するメリットはありませんが通話料が高くなってしまう格安SIMユーザーにとってはもう使わないという選択肢はないですね。

※一部発信できない電話番号もあります。フリーダイヤルへの発信はできません。その際は通常の電話アプリを使います。

※楽天でんわの登録は楽天会員の登録、クレジットカードが必要です。請求は楽天コミュニケーションズからとなります。

オプションで通話定額、通話し放題がある

7ef731771237cdfa19f5b76b6dc70ef4_s

通常格安スマホにすると通話料金が高くなってしまうことは避けられませんが、楽天モバイルの場合は「5分かけ放題オプション」を月額850円で利用することが出来ます。もちろんMNP(電話番号移行)も可能なので今までカケホーダイで利用していたキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホから乗り換えることも可能です。

基本料金内で5分以内の国内通話なら無料で掛けられるので、通話はよくするけど5分を越えるような長時間通話をすることはほとんどないという人におすすめです。

楽天モバイル以外にも通話し放題の格安スマホは数社ありますが性能、利用価格としては申し分ないです。

月額3,000円前後で利用出来る通話定額の格安スマホ4選

今まで通話料がネックで格安スマホ、格安SIMへの乗り換えを躊躇う人も多かったように思いますが、これで格安スマホ最大のデメリットはほぼなくなりました。

留守番電話(月額300円)、キャッチホン(月額200円)、転送電話(従量課金制)等の通話オプションもあります。

メールアドレスも無料で提供

img_01

格安スマホ、格安SIMのデメリットの一つにメールアドレスがなくなってしまうというのがあります。

しかし楽天モバイルの場合は楽天メールというメールサービスが無料で利用でき、「○○@rakuten.jp」というメールアドレスを取得することが出来ます。

Gメールやyahooメール等のフリーメールを利用したことがない、利用したくいないという人でも安心ですね。

ベーシックプラン×かけ放題オプションで通話専用に

スマホを利用している人の中には電話やメールが中心で動画を視聴したりゲームをやったりしないという人も少なくありません。

楽天モバイルのベーシックプランはそういった通話がメインの人に適非常にしています。

ベーシックプランの基本料金は月額1,250円、それに月額850円の5分かけ放題オプションを追加しても月額わずか2,100円です。

月額料金2,100円は本当に安く、一般的な電話専用として使うガラケーの安いプランでもここまで安くすることは難しいです。

これに安価なモデルのスマホ本体の分割代金を含めても月額料金はわずか3,200円程度。

5分間のかけ放題が出来てスマホ本体も含めて3,200円は本当に安いです。良い時代になりましたね。

更にベーシックプランはが通信速度が最大200kbpsといえどネットに接続することが可能なのでメールやLINEのメッセージ、SNS程度の通信なら不自由なく利用できます。

楽天モバイルを契約する際の注意点と違約金について

最後に楽天モバイルを契約する際に注意しておきたいところを解説します。

まず楽天モバイルに限らず格安スマホ、格安SIMと呼ばれるサービスは、

・通話し放題プランがない(楽天はオプションにて対応可能)

・キャリアメール(@docomo~等)のメールアドレスが使えない(楽天は無料で@rakuten.jpが利用可能)

・ドコモショップ等の窓口がない

というデメリットがあるのでご注意ください。

その他格安スマホの注意点、デメリットは下記ページをご参照ください。

知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリット

次に楽天モバイル特有の注意点を上げると、

    • 原則キャンセルが出来ない
    • 支払いはクレジット、または楽天、スルガのデビットカード
    • 通話SIMの最低利用期間は12ヵ月

といったところでしょうか。

音声通話が可能な通話SIMの場合、最低12ヵ月利用しないと9,800円の違約金が掛かってしまうのでご注意ください。

まとめ

楽天モバイルの特徴をまとめると、

1.様々なセット端末が選べる!特にhonor6 Plusは今年注目の機種!

2.通信速度良好!雑誌での評価も高い!

3.楽天スーパーポイントが貯まる!

4.通話定額オプションで通話料も削減できる!

という感じですね。

冒頭でも書いた通り、楽天モバイルは現在シェアを伸ばしていて、信頼できるMVNO(格安SIM提供業者)の一つです。格安SIM、格安スマホを検討しているなら楽天モバイルは第一候補に入れておきましょう。

⇒楽天モバイルの公式ホームページはこちら

 

タグ :

SIMフリー端末 格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。