スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

ネット回線でよく聞くプロバイダとは何か?わかりやすく解説

 

インターネット、光回線等の契約について調べている際、プロバイダという単語を目にすることは多いと思います。

「自宅でネットを使うためにはプロバイダを契約しないといけない」

「プロバイダはたくさん種類がある?」

「プロバイダ不要という情報もあるけど…」

プロバイダという用語は実は人(情報の発信元)によって解釈が変わって来たり、捉え方が違っていたりするのでネットで調べてもよくわからないと感じる人も多いと思います。

そこで本ページではネット用語とか全然わからないという人でも極力わかりやすく、

「プロバイダとは何か?」

について解説します。

プロバイダとはインターネット回線を提供する会社

プロバイダの正式名称はISPInternet Service Provider - インターネットサービスプロバイダ)のことで、日本語に直訳すると、

インターネットサービスの提供者、サービス会社を意味しています。

つまり一般的に私達がインターネットを利用できるようにするための会社のことで、インターネットを利用したければプロバイダと契約する必要があります。

インターネットを利用するなら必ず契約する必要がある

私たちは一般的に、かつ合法的にインターネットを利用したければ原則プロバイダと契約する必要があります。

例えば自宅の光回線やADSL、スマホやタブレットのモバイル回線(LTE)等を利用したければプロバイダと契約して、月額料金を支払う必要があります。

例外があるとするならコンビニやファミレス、カフェ等で提供されている無料Wi-Fiスポット等で、これらは提供している企業側(お店側)がプロバイダと契約して、私達利用者はサービス(無料)で使えるようになっているだけです。

自宅のパソコン、手元のスマホを常時インターネットに繋げたければプロバイダとの契約が必要です。

広い意味ではドコモもプロバイダである

一般的にドコモやau、ソフトバンク等携帯電話会社をプロバイダと呼ぶことはありませんが、広い意味ではプロバイダ業者になります。

私たちはドコモやau、ソフトバンクと契約することで、スマホや携帯電話でインターネットを接続することが出来るわけですから、携帯電話会社は紛れもなくインターネットを提供する会社、つまりプロバイダに含まれるわけです。

ただし大手携帯電話三社はインターネットの提供者、というよりも携帯電話会社、携帯電話回線業者(キャリア)の側面が強いため、一般的にプロバイダと呼ばれることはありません。

また、プロバイダは提供者を意味する用語なので本来会社を指す言葉であるはずですが、NTT関連会社が提供するOCNやぷらら、ソフトバンク社が提供するyahooBB、ソニー系のso-net等を代表に、プロバイダのサービス名称を指すことが多いです。

プロバイダと回線業者の違いについて

プロバイダはインターネットを提供する会社(と言ってもサービスの名称を指すことが多い)ということが分かりました。

ここでネット回線業者とプロバイダの違いについて触れておきましょう。

フレッツ光(NTT)はプロバイダではない

フレッツ光はNTTが提供している光回線のサービス名ですが、プロバイダの名称ではありません。

実はこれがプロバイダという用語をややこしくする元凶でもあります。

おそらくフレッツ光というネット回線サービスがなければここまでプロバイダという言葉が人によって解釈が変わったり、プロバイダが不要だとかいう情報が出回ったりすることはなかったはずです。

フレッツ光はインターネット提供サービスではない

意外と知られていませんが、フレッツ光はあくまで光回線の名称であって、インターネットサービスの名称ではありません。

「意味が分からない…」

と思うかもしれませんが、実際のところフレッツ光だけ契約してもインターネットに接続することはできません。

フレッツ光はあくまで回線を提供しているだけなので、フレッツ光を契約すれば光回線が自宅に開通することになります。

しかしインターネットサービスは提供していないので、インターネットを利用したければプロバイダとの契約が必要になります。

そのためフレッツ光は一般的に、フレッツ光(NTT)とプロバイダ(OCNやyahooBB、so-net、ビッグローブ等)の二社と契約する必要があります。

一般的に片方だけ契約することはなく、また申込用紙も一枚だけでOKなので自動的に利用者は二社と契約することになります。

二社と契約しているので月額料金の引き落としは二社から、また解約時も二社ともに手続きを行う必要があります。

豆知識:フレッツ光のみ契約するとどうなる?

先述一般的にフレッツ光のみ契約することはありませんが、実は出来なくもないです。

その場合インターネットは使えませんが、光回線は利用出来るので、契約さえすれば光回線を利用したオプションサービスを利用することが出来ます。

例えば光電話はインターネットの接続が不要なので、光回線だけ契約しておけば月額500円で利用することが可能です。

ただ、これってあんまり意味がありませんよね…

なので詳しくは後述しますがフレッツ光とプロバイダをわざわざ二つに分けて契約する必要がないように、現在は一本化されたサービスが主流になっています。

また同様にauひかりもau(KDDI)が提供している光回線の名称ですが、プロバイダのサービス名称とは異なります。

ただしauひかりに関しては契約が別々になっているわけではないのでauひかりという回線だけ契約することはできません。

プロバイダと契約して、プロバイダが提供するauひかり(so-netならso-net auひかり)を利用することになります。

    • フレッツ光⇒光回線の名称だがプロバイダ名ではない
    • auひかり⇒同上
    • フレッツ光⇒プロバイダと契約が分かれているのでその気になれば光回線のみ契約することが出来る
    • auひかり⇒プロバイダと契約が分かれておらず、プロバイダとの契約で自動的にauひかりを利用する形となる

フレッツ以外はプロバイダが回線を提供している

先述したauひかりを始め、一般的な光回線、ネット回線はプロバイダが回線も提供しています。

auひかり以外だと関東地方のみで提供されているNURO光、中部地方のコミュファ光、四国のピカラ、後述する光コラボレーションと呼ばれるドコモ光やソフトバンク光等もプロバイダが回線を提供しているので、フレッツ光のように二箇所と契約する必要はありません。

フレッツ光の煩わしさが改善された光コラボレーションサービス

2016年頃から光コラボレーションと呼ばれる光回線が急速にシェアを伸ばしてきました。

代表的なものを上げるとドコモ光ソフトバンク光OCN光等です。

光コラボレーションはフレッツ光の回線をプロバイダが買い取って再販しているサービスで、端的に言えばこれまで二箇所で契約していたフレッツ光が一本化されたような回線です。

プロバイダとのみ契約でOKなのでフレッツ光のように請求書が分かれていたり、解約時に二箇所に電話する必要はありません。

    • OCNとフレッツ光(OCN光withフレッツ)⇒OCN光に
    • ぷららとフレッツ光(ぷらら光withフレッツ)⇒ぷらら光に
    • yahooBBとフレッツ光(yahooBB光withフレッツ)⇒ソフトバンク光に


何故最初からこうしなかったのか…

様々な理由があると思いますが、現在はこの光コラボレーションが主流で、プロバイダによってはフレッツ光のプロバイダサービスの新規申込受付を終了しています。

※下画像はかつてフレッツ光の最安プロバイダと言われたBBエキサイトの公式ホームページのメッセージ。一本化された新サービス、エキサイト光の提案をしています。

※フレッツの受付は終了していませんが、各大手プロバイダも光コラボレーションを勧めています。

ちなみに各社がフレッツ光ではなく、自社が提供する光コラボレーションを勧めるのは現状でフレッツ光を契約するメリットが何一つないからです。

光回線の代表的なプロバイダについて

プロバイダがどういうものか分かったところで、ここからは代表的な光回線のプロバイダについて、

「どのような会社が提供しているのか」

「どのようなサービスを提供しているのか」

等を解説します。

NTT関連会社が提供するOCN

OCNは光回線のシェアダントツNo.1だったフレッツ光のプロバイダの中でも会員数が最も多いプロバイダです。

知名度もナンバーワンでしょう。

OCNはNTTの関連会社、NTTコミュニケーションズが提供するプロバイダサービスの名称です。

フレッツ光を除く光回線としては主に、OCN光(光コラボレーション)やドコモ光を提供しており(ドコモ光はプロバイダを選択できます)、またOCNモバイルONEという格安SIMも提供しています。

ソフトバンクが提供するyahooBB

Yahoo!BBはソフトバンクが提供するプロバイダサービスの名称です。

こちらはフレッツ光のプロバイダとしてOCNに次ぐシェア第二位で、知名度も非常に高いです。余談ですがOCNとYahooBBのシェアが大きいのはヤマダ電機を始めとする大型家電量販店の影響が大きいと言われています。

かつてヤマダ電機でフレッツ光が販売されていた頃、取り扱いをしていたプロバイダはOCNとYahooBBの二社のみだったため、全国展開していた家電量販店がフレッツ光を多く獲得していました。そのためその二社は大きくシェアを伸ばしたわけです。

YahooBBが提供している光回線はフレッツ光を除くと現在ソフトバンク光のみです(表向きにはソフトバンクが提供している回線なのでYhaooBBが提供している感じにはなっていませんが)。

ヤフーは光回線以外にも、YahooWi-FiSoftbank Air等無線の回線も提供しています。

元NECグループのビッグローブ

ビッグローブは元NECの一部門だったプロバイダで、現在は独立を経てKDDIの子会社となっています。会社名はビッグローブ㈱。

現在提供している光回線はフレッツ光を除くと、


等で、それ以外にもWiMAX格安SIMまで取り扱っています。

ソニー関連会社が提供するso-net

so-net(ソネット)はソニーのグループ企業の一つであるソニーネットワークコミュニケーションズが提供するプロバイダの名称です。

現在提供している光回線はフレッツ光を除くと、


等で、それ以外にもWiMAXや格安SIMまで取り扱っています。

中でもNURO光はso-netが独自に提供する光回線で、国内最速の通信速度を誇っています。

まとめ

上記をまとめると、

1.プロバイダとはインターネットを提供する業者(またはサービスの名称)である

2.ドコモやauも広い意味ではプロバイダの一つ

3.フレッツ光はプロバイダではなく、別途プロバイダの契約が必要だった

4.現在は一本化した光コラボレーションが主流

といったところです。

なのでインターネットを利用したければプロバイダとの契約が必ず必要です。

プロバイダ不要と言っている人がいるとすれば、それはフレッツ光のように二箇所と契約する必要がない、という意味だと思ってください。

いろいろ複雑ですが、現在はとにかくフレッツ光以外ならプロバイダのみとの契約だけでOKです。

 

光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。