プロバイダの変更について

やさしくねっと.

光回線のプロバイダを変更するメリットとデメリット

 

インターネットを利用するにはプロバイダ契約が必要です。
回線の種類によっては、複数のプロバイダがありプロバイダだけを変更することもできます。
「プロバイダを変更して月額料金を安くしたい」

と思う人は多いと思いますが、実は現状でプロバイダのみ変更するメリットはあまりありません。
本ページではプロバイダを変更するメリットとデメリットについて分かりやすく解説します。

プロバイダの変更について

現在一般的に普及している光回線で、プロバイダのみを変更することができるのはフレッツ光だけです。

それ以外の回線は、プロバイダ契約がセットになっているのでプロバイダだけを変更することはできません。

例えば回線をフレッツ光、プロバイダをOCNで契約しているという場合は、プロバイダのみをBIGLOBEやso-netなどに変更することが可能です。

しかし回線がauひかりでプロバイダをso-netで契約しているという場合は、auひかりのままプロバイダを変更するということはできません。変更をしたい場合は回線ごと乗り換えることになります。これは契約の仕組みがフレッツとそれ以外の回線では異なるからです。

参照記事:auひかりはプロバイダだけ変更するメリットはない。ではお得な方法は?

つまり「プロバイダを変更する」という要望を満たすことが出来るのは原則フレッツ光だけです。他の光回線はプロバイダではなく回線ごと乗り換えとなります。

プロバイダだけを変更するメリットはない

フレッツ光の場合はプロバイダのみの変更が可能ですが、変更するメリットはほとんどありません。

プロバイダだけを変更すれば月額料金が変わる場合もありますが、そこまで金額が安くなるということもありません。

プロバイダだけを変更するよりも、回線とプロバイダをセット契約できる「光コラボ」に移行したほうがメリットが多くなります。

現在はフレッツ光とプロバイダを別々に契約する方法よりも、両方が一本化されている「光コラボ」というシステムが主流になってきています。

光コラボに関してはこちらのページで詳しく解説していますが、従来の「プロバイダの変更」とほぼ同じようなもので工事も不要です。

プロバイダだけを変更するデメリット

プロバイダのみ変更するメリットがほとんどない一方、デメリットはたくさんあります。

乗り換えに手間がかかる

プロバイダだけを変更するにはどうしても手間がかかってしまいます。

現在契約しているプロバイダを解約し、新しいプロバイダを契約するという手順が必要になります。どちらもいくつかのステップを踏んで手続きをする必要があり、時間がかかってしまいます。

切り替えるタイミングなどを間違えてしまうと、ネットが使えなくなってしまう時間帯が発生してしまうこともあります。「簡単に乗り換えられる!」と書かれているプロバイダもありますが、トラブルが起きてしまった実例もあるので注意しておきましょう。

違約金が発生することがある

プロバイダによっては解約をする際に違約金が発生してしまうこともあります。

例えば大手プロバイダであるOCNは、契約から2年以内に解約すると5,000円の違約金が必要になります。その他のプロバイダも2年以内を目安に違約金が発生するケースが多いので要注意です。

面倒な設定が必要

プロバイダを変更した場合は、再度インターネットに接続する設定を行わなくてはなりません。

意外に手間がかかりますし、忙しい中でわざわざ設定をし直すのは大変です。

特に設定に不慣れな人、全く分からない人は依頼する必要があるのでその分費用が掛かりますし、手間も掛かります。

プロバイダのサービスが使えなくなってしまう

プロバイダには独自のサービスが付随していることがあります。電話サービスやメールサービスなどがメインで、特にメールサービスを利用しているという人は多いでしょう。

しかしプロバイダを乗り換えるとこのメールなどのサービスも利用できなくなってしまいます。特にメールは使えなくなると連絡先を変更したことをお知らせする必要が出てきたり、メルマガなどに登録しなおさなければならないといった手間が発生してしまいます。

プロバイダではなく、回線ごと乗り換えよう

ご紹介したように、プロバイダだけを変更するメリットはほとんどなくデメリットばかりです。

しかし回線ごと一緒に乗り換える場合はメリットも多く、お得にネットができるようになることがあります。

光コラボへ転用すると、既に引いている回線をそのまま活用することができるため、工事費もかかりません。さらに支払いも一本化されて手続きも楽になりますし、月々の料金をお得にすることも可能です。

各社光コラボレーションには力を入れているため、お得なキャンペーンの特典を受けることもできます。

他社回線も検討しよう

光コラボは回線そのものがフレッツ光なので工事不要で非常に楽です。

が、「多少の手間は惜しまない」という人は回線ごと他社へ乗り換えるともっとお得になることがあります。

例えばauひかりはキャッシュバック4万円程度、関東のみとなりますがNURO光は3万円のキャッシュバックをほぼ無条件で得ることが出来ます。

いずれも提供エリアになっていることが条件ですが、お得に契約出来るのでお勧めです。

ちなみに光コラボレーションへの移行は新規申込特典があまり魅力的ではありません。

まとめ:プロバイダのみを変更するなら、光コラボへの転用がオススメ

現状は、回線がフレッツ光で別途プロバイダを契約している場合のみ、プロバイダだけを乗り換えることが可能です。

しかしプロバイダだけを変更しても大きな金額ダウンになることはありませんし、手間などがかかることを考えてもメリットはありません。

「もっと安く使いたい」「速度を改善したい」といった希望がある場合は、回線ごと乗り換えることをオススメします。

回線を乗り換えると工事費がかかってしまうという点が気になる場合は、「光コラボレーション」をしているプロバイダに乗り換えると回線をそのまま活用して乗り換えることができるため、工事費もかかりません。

プロバイダの乗り換えを検討している方は、現在主流となっている光コラボへの転用を検討してみましょう。

 

光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。