プロバイダの解約方法と注意点

やさしくねっと.

ネット回線別プロバイダ解約方法と注意点

 

ネット回線を解約する時やプロバイダを変更する際、現在利用しているネット回線、光回線のプロバイダを解約する必要があります。

 

しかしネット回線、特に光回線は契約が複雑で、中にはプロバイダと回線が分かれているケースがあり、

「解約したいけどどうしたら良いのかわからない」

という人も多いのが現状です。

なので本ページでは、回線別プロバイダの解約方法と注意点について説明します。

フレッツ光のプロバイダの解約について

フレッツ光は日本で最も利用者の多い光回線ですが、他の回線と違って解約方法が特殊なので注意しておく必要があります。

フレッツ光は回線とプロバイダの契約が分かれているため、両方の解約が必要になります。

契約時は用紙が一枚になっていることが多いので一つの契約書で回線とプロバイダを契約することが出来ますが、解約はそれぞれ別々に行わなければなりません。

回線はNTTが提供しており、契約は東日本にお住まいならNTT東日本、西日本ならNTT西日本となっています。

フレッツ光の解約は下記電話番号(東西共通)から解約することが出来ます。

電話番号:0120-116116

受付時間:午前9時~午後5時 土日・休日も営業(年末年始を除く)

 

上記回線とは別にプロバイダも解約しないと月額料金が発生するので注意が必要です。

プロバイダは電話でもネットからでも解約が可能です。

問い合わせ番号については各プロバイダによって変わってくるので請求書等を確認してみましょう。

どちらか1つだけを解約するだけではダメなので、かならず両方の解約手続きを行うことを忘れないようにしましょう。

その他の回線の場合

フレッツ光以外のそのほかの回線は、1度の手続きで回線とプロバイダ両方の解約ができます。フレッツ光のように別々に手続きを行う必要はありません。

プロバイダのコールセンターに電話するか、ネットで手続きを置こう事が可能です。

例えばSo-netの場合は、電話とネットの両方で解約手続きが可能です。So-netではユーザID・パスワードを入力して会員ページにログインすれば、電話認証を利用して解約手続きが行えます。電話で連絡をしても手続き可能です。

プロバイダを解約する手続きを行えば、自動的に光回線も解約となるので、手続きは1度でOKです。

プロバイダ解約時の注意点

 

上記では、回線によるプロバイダの契約方法について説明しました。

実はプロバイダの解約にはいくつかの注意点があります。解約にお金がかかってしまう、といったこともあるので注意しておきましょう。

違約金がかかる場合がある

プロバイダを変更した場合、以前のプロバイダの解約に際して違約金が必要になることがあります。

違約金はプロバイダによって、期間と金額が異なります。6か月未満・1年未満・2年未満といったようにそれぞれのプロバイダが定めている期間内に解約すると、既定の違約金がかかります。

基本的には短い期間で解約すると違約金が発生すると覚えておくといいでしょう。

例えば、フレッツユーザーが多く使っているOCNやYahoo!BBは2年未満の解約で5,000円の違約金がかかります。

中にはSo-netやDTIなど違約金がかからないプロバイダもあります。

プロバイダサービスが利用できなくなる

プロバイダにはメールサービスやIP電話、ウイルスに対するセキュリティといったオプションがついていることがあります。

プロバイダを解約してしまうと、これらのプロバイダ専用のサービスが利用できなくなってしまいます。

特にプロバイダのメールを使っている人は要注意。解約するとそのメールアドレスも使用できなくなってしまいます。プロバイダのメールアドレスで登録しているサイトなどがある場合は、解約前にアドレス変更をしておきましょう。

メールはプロパイダのものではなく、スマホなどのキャリアメールにするか、Gmailなどの無料のメールサービスを利用することをオススメします。

次の契約時期について考えておきましょう

プロバイダを解約するということは、ネットが利用できなくなるということです。

解約後はもうネットを利用しない、という場合はそのままでも問題ありません。しかし解約後もネットを使う予定がある場合は、次にどの回線・プロバイダで契約をするのか、どの時期に契約するのかという点を考えておきましょう。

日常的にネットを利用しているのなら、ネットが使えない期間が無いようにしたいですよね。解約後すぐに別回線・プロバイダで契約ができるように、解約する前に次の契約を決めておくことをオススメします。

例えば引っ越しの際に回線とプロバイダを解約するという場合は、新しい家に引っ越しが完了してからすぐにネットが使えるようにしておきたいですよね。

しかし引っ越し後に契約をしても、すぐにはネットを利用することができません。

工事が不要な場合は手続きが済めばすぐに利用できることもありますが、工事が必要なら工事の予約をとるのに1週間~3週間ほどかかってしまうケースもあります。

まとめ

解約の手続きそのものは、電話やネット手続きで完了するので難しくはありません。
それよりも解約の際にかかる違約金があるかどうかに注意したり、ネットが使えなくなる期間をなくすために次の契約先を決めておくことが大切です。

特に次の契約先を決めることはとても重要です。もし回線とプロバイダを解約してから次の契約先を探そうと思っても、ネットが使えなくなっているとネット検索などでプロバイダや回線の比較・検討が出来なくなってしまいます。

よりお得にネットを利用したい場合は、先に次の契約先を決めておいてから解約するという流れがオススメです。

 

光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。