フレッツ光のプロバイダ変更

やさしくねっと.

フレッツ光のプロバイダを変更する方法とは?その他注意点について解説

 

インターネット回線の利用は毎月月額料金が発生します。

毎月お金掛かるものですから、

「プロバイダを変更して料金を下げたい」

と考える人も多いと思います。

特に最近はドコモ光やソフトバンク光等、スマホとセットで安くなる光回線が増え、「乗り換えた方がお得になる」という話もよく耳にします。

「でもそもそもプロバイダってどうやって変えるの?」

本ページではそういう疑問を持った方のために「プロバイダの変更方法」について解説します。

フレッツ光のプロバイダ変更

フレッツ光は唯一プロバイダと光回線の契約が分かれている光回線であり、回線をそのままにしてプロバイダのみ乗り換えることが可能です。

例えばフレッツ光でプロバイダはOCNを利用している場合、フレッツ光の契約はそのままでOCNのみ解約して別のプロバイダに変更することが出来ます。

フレッツ光のプロバイダ変更とは、フレッツ光はそのままでプロバイダをOCNやYhaooBBからビッグローブやso-net、ぷららに変更するという意味で使われます。

ちなみにこの場合、利用する回線は当然フレッツ光で、サービス内容も月額料金もほとんど変わりません。

「それがしたいのではない」

という人もいると思いますが、先に一旦フレッツ光のプロバイダ変更方法を解説します。

フレッツ光回線の場合のプロバイダ変更方法の手順は下記の4つです。

  1. フレッツ光のサービスエリア・プランを確認する
  2. 新たなプロバイダに申し込む
  3. 新しいプロバイダの接続設定をする
  4. 旧プロバイダを解除


まずは、現在契約しているフレッツ光のサービスエリア・プランを確認する必要があります。

なぜなら、次のプロバイダに申し込むときにどのエリアでどのプランだったのか間違えないためです。なので契約書で調べるかNTTに電話して確認しましょう。

次に新たに契約するプロバイダの申込手続きをましょう。電話や公式サイト等から手続きが可能です。

そして新しいプロバイダの接続設定をに移ります。
契約書などが送られてきたら確認します。接続IDやパスワードが記載されているので、それを共に接続設定をします。

設定に関してはこちらのページをご参照ください。

新しいプロバイダでの接続が完了したら、旧プロバイダの契約を解除しましょう。プロバイダの会員ページから手続きをするか、コールセンターに電話連絡をして解除します。

フレッツ光の場合は光コラボレーションへの転用が主流

現在フレッツ光のプロバイダのみを変更するメリットはほとんどなく、2015年頃から新しく始まった光回線サービス、光コラボレーションへの移行(転用と言います)が主流です。

光コラボレーションとは、フレッツの回線を他の事業者(yahooやOCN、ビッグローブ等のプロバイダ)が買い取って、提供しているサービスのことです。

代表的な光コラボレーションにはドコモ光、ソフトバンク光、OCN光、so-net光コラボなどがあります。取り扱っている会社は違いますが回線そのものはフレッツ光と同じものになります。

そのためフレッツ光から光コラボに変更することは「乗り換え」ではなく「転用」といいます。

フレッツ光からプロバイダを変更するなら、光コラボへの転用の方がメリットが多く、主流となっています。

現在フレッツ光を利用しているなら、光コラボへ転用すれば設備がそのまま使用できるので工事の必要がありません。簡単な手続きのみで転用することができます。

フレッツ光を解約することにはなりますが、光コラボへの転用の場合は違約金がかからないというメリットもあります。

また、転用でのキャンペーンも豊富に行われているのでお得に転用することができます。

フレッツ光の転用について詳しく知りたい方は、光コラボレーションとは?転用とは?メリットとデメリットまで解説をご一読ください。

転用のオススメはスマホセット割が使える回線

光コラボの中には、スマホとセット割で料金が安くなるプロバイダがあります。

例えばドコモ光はドコモのスマホを持っていれば「セット割」が利用でき、スマホのプランによって変わりますが月2,000円前後の割引が適応されます。

家族でシェアパックを利用している場合は最大で月3,200円割引されます。

その他にもスマホセット割が使える光コラボはいくつかあります。


3大キャリアのスマホを使っている場合は上記の光コラボを選ぶとお得になるのでオススメです。

転用は初期工事費も掛かりませんし、月額基本料金もフレッツ光と同程度かやや安くなるので、スマホとセットで割引が適用される光コラボへ移行すると大幅に月額料金を安く出来るので非常にお勧めです。

プロバイダを変更、光コラボへ転用するときの注意点

 

プロバイダを変更したり、光コラボへ転用するときには注意しておかなくてはならないポイントが複数あります。
注意点を知ることで、損をすることなくプロバイダを変更できるのでチェックしておきましょう。

旧プロバイダのサービスが使用できなくなる

プロバイダを新しいものに変更すると、これまで使っていた旧プロバイダのサービスは利用できなくなってしまいます。

プロバイダにはメールサービス、セキュリティソフトが無料で使えるサービスなどがオプションでついていることがあります。

プロバイダが提供してくれていたメールアドレスを使用していた方は、乗り換えをする前にGmailなどの無料のメールサービスでアドレスを取得しておき、サイトに登録しているアドレスを変更するといった手続きを行っておきましょう。

転用の場合も、例えばOCN光withフレッツ→OCN光なら問題ありませんが、OCN光withフレッツ→ソフトバンク光の場合はOCNを解約することになるのでOCNのサービスは利用できなくなります(正確にはそのままOCNを契約することは出来ますが、解約しないと無駄に費用が掛かってしまいます)。

プロバイダの違約金に注意

プロバイダの解約は場合によっては違約金が発生することがあります。

光コラボレーションへの転用の場合も同プロバイダへの転用(OCN→OCN)を除けば旧プロバイダを解約することになるので違約金が発生する可能性gああります。

違約金の金額や違約金が発生する期間はプロバイダによって変わります。例えばOCNは2年未満に解約すると5,000円くらいの違約金がかかります。

多くのプロバイダは2年以上利用していれば違約金は発生しませんが、解約時に注意しましょう。

インターネットの設定が必要

前述しましたがプロバイダを変更するとインターネットの設定が必要になります。

インターネットの設定はルーター(またはPC本体)にプロバイダ情報を入力するという作業です。プロバイダを変更するとプロバイダ情報が変わるので入力し直さなければなりません。

設定についてはプロバイダによって安く対応してくれることが多いです。だいたい5,000円~1万円程度でしょう。

自分でやる場合は、ねこでも出来る!フレッツ光等の初期設定から無線LAN設定まで解説等を参考にしてみてください。

まとめ

フレッツ光を利用しており、プロバイダの変更しようとしている人は「光コラボへの転用」がオススメでしょう。

キャンペーンやスマホセット割などを活用すれば、よりお得にネットを利用することができます。

フレッツ光以外を利用している方も、プロバイダを変更することで月額料金が安くなることがあります。特にスマホセット割はお得になる金額が高いのでチェックしておきましょう。

今回ご紹介したプロバイダの変更方法をチェックしておけば、スムーズに変更手続きを行うことができるので、変更をする検討する際に確認しておきましょう。

参照記事:結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較

 

光回線 フレッツ光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。