スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

安くて良質!コスパ重視のポケットWi-Fi比較

 

スマホやタブレットの普及でWi-Fiは欠かせないものになりました。

中でも屋外でネットが利用できるポケットWi-Fiはとても人気です。

各社がポケットWi-Fiを販売してしており、「多くてどれがいいのか分からない」という人も多いではないでしょうか。

本ページはその中でも、コスパ重視のポケットWi-Fiを3つ比較して紹介します。

コスパ重視ポケットWi-Fiランキング

先にコスパが優れているおすすめポケットWi-Fiを3社ランキング形式で解説します。持ち運びが出来るインターネットはやはり総合的にWiMAXがコスパが高く、その中でもキャッシュバック金額が大きいGMOとくとくBBがおすすめです。

※キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+(月間制限なし)

業界最高水準のキャッシュバック!

GMOとくとくBBはとくにかくキャッシュバック金額が魅力です。時期によって変わることもありますが、常に3万円以上のキャッシュバックを得ることが可能で、更に月額料金も他社に比べてやや安いです。

 

キャッシュバック:3万円以上

1~2か月目:月額3,609円

3~24カ月目:月額4,263円

25か月目以降:月額4,263円

 

となっており、通常のWiMAX(月額4,500円前後)と比べても安いです。またWiMAXのギガ放題プランは月間通信制限なしなので制限を気にせず使えます

※3日間10GBの規制はあります。

GMOとくとくBBの詳細

GMOとくとくBBの詳細は下表の通りです。

項目ギガ放題ツープラス
月額料金1~2カ月目:3609円
3~24カ月目:4263円
3609円
キャッシュバック26,000円~33,900円
受け取り方法11カ月後に振り込み
他キャンペーンクレードル無料
選べる機種W04、WX03、W03、W02、Speed Wi-Fi HOME L01、Home+CA、Uroad-Home2+
支払方法クレジットカードのみ
解約方法マイページ

キャッシュバックに特別な条件等はなく、契約する端末の機種(Wi-Fiルーター本体)によって若干金額が変わってきます。

型落ちの旧機種だと最高額が受け取れます。最新機種でもタイミングによっては3万円以上のキャッシュバックを得ることが出来るのでGMOとくとくBBは非常にお得なWi-Fiと言えるでしょう。

 

so-net WiMAX2+(月間制限なし)

大手プロバイダで安心!

大手プロバイダ、so-netは現在月額料金大幅割引とキャッシュバックキャンペーンのいずれかのキャンペーンを選ぶことが出来ます。

毎月のコストを抑えたい方には月額料金大幅割引キャンペーンがおすすめです。

 

【月額大幅割引キャンペーン適用時】

1~2カ月:1,680円
3~24カ月:3,680円

25カ月目以降:4,379円

 

契約から2年間は通常のWiMAXと比較して月額約1,000円程度安く利用することが出来ます。

WiMAXの契約は2年間なので月額料金が上がるタイミング(解約月)で解約しても構いません。

so-netのWiMAXの詳細

詳細は下表のとおりです。

項目ギガ放題プラン
月額料金1~2カ月:1,680円
3~24カ月:3,680円
25カ月目以降:4,379円
通信容量月間無制限
3日間10GBで規制
初期費用3,000円
(事務手数料)
選べる機種WX03、W03、novas HOME+CA、URoad-Stick
支払方法クレジットカード
他キャンペーンセキュリティソフト12ヵ月無料等

月額料金が非常に安く、またプロバイダとしても知名度が高いため、最も利用者の多いWiMAXの一つです。

 

Yahoo! Wi-Fi 506HW(月間5GB)

業界最安のポケットWi-Fi!

業界最安を掲げるYahoo!Wi-Fiの506HWの月額料金は下記の通りです。

 

1年目:1,980円

2~3年目:2,480円

4年目以降:2,480円

 

WiMAXの通常価格は4,500円前後となっているわけですからそれと比べると非常に安いです。

ただしWiMAXと違い月間データ容量は5GBまでとなっています。

なので日常的に動画を観たり、容量の大きいゲームなどをする場合はお勧めできません。

Yahoo! Wi-Fi(506HW)

yahoo Wi-Fiの詳細は下表の通りです。

項目5GBプラン
月額料金1年目:1,980円
2~3年目:2,480円
4年目以降:2,480円
通信容量月間5GB
初期費用3,000円
(事務手数料)
選べる機種506HW
支払方法クレジットカード
契約条件Yahoo!プレミアム
(月額462円)
他キャンペーンYahoo!プレミアム6か月間無料

Yahoo! Wi-FiはYahooBBが提供するサービスで、yahooプレミアム会員(月額462円)であることが条件となっています。

プレミアムの申し込みは同時に行うこともでき、6カ月間無料キャンペーンが適用されます。

それを含めてもポケットWi-Fiとして圧倒的に安いですが、通信容量が月間5GBとなっているため、価格重視のライトユーザー向けプランとなっています。

 

ポケットWi-Fi キャンペーンの比較

上記で紹介したポケットWi-Fiと、その他のWiMAXのキャンペーンついて比較します。

名称月額料金キャンペーン・備考
GMOとくとくBB1~2か月目:月額3,609円
3~24カ月目:月額4,263円
30,000円以上
so-net初月無料
1~2カ月目:1,180円
3カ月目~24カ月目:3,680円
なし
(月額料金割)
yahooWi-Fi
(506HW)
1〜12カ月目:1,980円
13カ月目以降:2,480円
・月の通信量5GBまで
・料金はキャンペーン適応後
・別途オプション加入必要あり
スマモバ
(LTE使い放題)
3980円
(36か月間以降3,480円)
特になし
ビッグローブ1~2カ月目:3695円
3カ月目以降:4,380円
20,000円
@nifty1~3カ月目:無料
4カ月目以降:4,350円
20,100円
UQwimax1~3カ月目:3,696円
4カ月目以降:4,380円
15,000円
(商品券)
GMOペパボ1~3カ月目:3,609円
4~24カ月目:4,263円
以降:4,849円
23,500円
1~24カ月目:3,609円
25カ月目以降:4,849円
なし
(月額料金割)
BroadWiMAX
(Linklife)
1~3カ月目:2,856円
4~24カ月目:3,541円
25カ月目以降4,041円
(※要オプション加入)
なし
(月額料金割)

WiMAXは各プロバイダがサービスを追加するほか料金設定を工夫することで、オリジナリティを出しています。
GMOとくとくBBとso-netは、「割引&キャッシュバック」か「月額割引」かのどちらかを選ぶことができます。

上記の表は総合的にお得なキャンペーン(GMOはキャッシュバック、so-netは月額割引)を選んだ場合を記載しています。

料金を比較すると1〜2ヶ月目はso-netの方が安いですがキャッシュバックを考慮するとGMOとくとくBBがお得です。

また、両社共通の特典として初期費用無料(事務手数料3,000円は発生)となっています。

WiMAXの他のプロバイダと比べたら?

WiMAXを提供する会社はほかにも複数ありますが、キャッシュバック額は、GMOとくとくBBがトップクラスです。

例えばキャッシュバック額が大きいプロバイダとしてDTIWiMAXがありますが、DTIWiMAXのキャッシュバック額は2万9000円とぎりぎりですが負けています。

その分基本料金が4300円であったり、安心サポートが2か月無料といった具合で別の部分でカバーをしています。

一方月額割引プランに関しては他社にはあまりありません。

月額料金が安いWiMAXはいくつかありますが、「端末費用負担」など追加料金が必要になるパターンが多いです。

ですから、最終的にはSo-netの月額料金割引もより高めになることが多くなっています。

pocketWi-FiはWiMAXと異なる

ランキング3位はYahoo!Wi-Fiが提供するpocketWi-Fiですが、これはWiMAXとは別の物です。

そもそもpocketWi-Fiは厳密にはソフトバンクの商品名で、Softbankの回線を使用しています。

Yahoo!Wi-Fiの506HWは、キャンペーンを適用する事で月額1980円で利用できます。

1980円で利用する条件としては、下記の2つへの加入が必要です。

    • さんねん+アシスト108
    • Yahoo!プレミアム会員


Yahoo!プレミアム会員は月額462円が必要になりますが、Wi-Fiと同時契約で半年の間無料で利用できるというキャンペーンをおこなっています。

その上、Yahoo!が提供する動画配信サイトのGyaoのプレミアム会員に同時加入すると特典として無料お試し期間が3か月まで延長されるサービスをあり、Gyaoの月額800円の料金が500円に割り引かれます。

通信量が5Gまでと若干低めなのがネックですが、その分非常に安くなっているのでモバイルルーターをあまり使う予定がない方ヤフオクやYahoo!ショッピングがお好きな方などにおすすめです。

電波の品質はどう?

ランキングで紹介した、GMOとくとくBBとso-netはWiMAX回線になります。

WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズはKDDIの系列会社になるので、広い意味ではau系の回線だといえるでしょう。

対して、yahooWi-Fiはソフトバンク回線を使用しています。

電波の品質は、WiMAXよりもソフトバンク回線の方が優れています。
WiMAXも人口カバー率は90%を超えているので電波が入らなくて使い物にならないということはほとんどありませんが、ソフトバンクに比べて基地局の数が少なく、ビルの中・地下だと繋がりにくい傾向にあります。

ドコモ、au、ソフトバンクの回線はほぼどこでも使えますが、WiMAXは一部使えないところもある、くらいの感覚で考えておきましょう。

関連記事:いろいろあってわからない…WiMAXのエリアについて徹底解説

「できるだけ電波が安定する方がいい」という人は、ソフトバンク回線を使用しているyahooWi-Fiがオススメです。

まとめ

もっともコスパが良いWi-Fiは、やはりGMOとくとくBBです。

キャッシュバックキャンペーンを選べば、一番お得に利用することができます。

月額料金を抑えたいという場合はso-netを選択するのも良いでしょう。

「ネットをそこまで使わない」という人はYahoo!Wi-Fiを選びましょう。

月5GBまでという制限はありますが、料金は最も安いです。
つまり、ネットをよく使う人はGMOとくとくBBWiMAX、ネットをあまり使わない人はYahoo!Wi-Fiがオススメです。

 

ポケットWi-Fi    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。