ポケットWi-Fi

ポケットWi-FiとWiMAXの違いをわかりやすく解説

外でもYoutubeや映画などを観るのであれば、やっぱりポケットwi-fiが欲しいと考えている人は多いでしょう。

普通のスマホの通信量ではどうしても不足してしまうため、通信制限がかかって重くなることがあります。

「残り何ギガかな…?」なんて容量を気にしながら視聴するのは落ち着きませんし、容量を気にすることなく好きなだけ使いたいですよね。

無制限で高速通信ができる無線Wi-fiができる端末には「ポケットWi-Fi」「WiMAX」などいろいろなものがあります。

ですが「何が違うの?」「どれにすればいいの?」と気になっている方も多いでしょう。

そこで今回はポケットWi-FiとWiMAXの違いについて詳しく解説していきます。

ポケットWi-FiもWiMAXもどちらもモバイルルーター

ポケットWi-fiもWiMAXも、どちらも持ち運びができる無線ルーター端末です。

「モバイルルーター」とも呼ばれていて、Wi-fiを拾ってそこからスマホやパソコンに電波を送り、通信を行います。

使い方のイメージは下画像の通りです。

ポケットWi-Fiはワイモバイルの商標

「ポケットWi-Fi」は元々はワイモバイルの商標(商品名)で、持ち運びが出来るインターネットはイーモバイル(ワイモバイルの前身会社)が提供するポケットWi-Fiが主流でした。そのため利用者は持ち運びできるインターネットを「ポケットWi-Fi」と呼ぶうようになりました。

今でも持ち運びが出来るルーターのことをほとんどの人が「ポケットWi-Fi」と呼びますが、ポケットWi-Fiの商標を持っているのはワイモバイルなのでワイモバイルと親会社のソフトバンク以外では「データ通信端末」や「モバイルWi-Fiルーター」と表記されています。

ドコモの公式サイト

auの公式サイト

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供するWi-Fi

また同様サービスとしては現在UQコミュニケーションズが提供する「WiMAX」が知名度が高いですね。

ポケットWi-Fiはワイモバイル一社が取り扱っているものですが、WiMAXはさまざまな代理店が取り扱っているため、WiMAXはポケットWi-Fiに比べると料金設定やキャンペーンなどの種類が豊富です。

「ポケットWi-fiは売っている場所が1か所で、WiMAXは色々な代理店が独自の料金プランやキャンペーンを実施しながら売っている」と認識しておくといいでしょう。

WiMAXの方が月額料金が安い

前述したようにWiMAXは色々な代理店がから販売されています。

その中には月額料金が安く、高額キャッシュバックといったキャンペーンを実施している代理店もあります。

ワイモバイルはこれらの代理店に比べるとキャンペーンの充実度が高くなく、月額料金の割引のみの実施となっています。

商品名 月額 キャンペーン
ポケットWi-FiプランL 4,380円 キャッシュバックなし
So-net WiMAX 1〜36ヶ月目:3,280円 キャッシュバックなし
GMOとくとくBBWiMAX 1~2カ月目:3,609円
3~24カ月目:4,263円
キャッシュバック最大42,000円
BroadWiMAX 1〜2ヶ月目:2,726円
3〜24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
月額大幅割
(左料金適用済)

キャッシュバックを受けたい、できる限り安く使いたいという方はWiMAXを選ぶことをおすすめします。

契約期間、違約金の違い

契約期間・違約金・注意点をまとめると以下の通りになります。

プラン名 契約期間 解除料金等
Pocket WiFiプランL 3年で自動更新 9,500円
+機種代分割残額
so-net WiMAX 2年で自動更新 12ヶ月以内:19,000円
13~24ヶ月以内:14,000円
26ヶ月目以降:9,500円
GMO WiMAX 2年で自動更新
Broad WiMAX 3年で自動更新

いずれも最低利用期間が決められており、契約期間の更新月に解約しなければ違約金がかかります。

ポケットWi-fiは更新月となる契約から38カ月目・39カ月目なら違約金は不要ですが、最低でも3年は使わなければならないので要注意。

一方WiMAXでは2年の自動更新となっている代理店もあります。違約金をかけずに解約したい場合は契約から2年後の更新月に解約すればOKです。

ただし2年未満で解約する場合の違約金はポケットWi-fiよりも高額になってしまうので注意しておきましょう。

3年の利用期間が長いと感じる方は利用期間が2年となっているWiMAXがオススメです。

WiMAXは20日間以内であればキャンセルOK

WiMAXは申し込みから20日以内であれば無料でキャンセル受付してくれます。

「契約したものの通信状況が悪く、使い物にならなかった」といった場合はキャンセルが可能なので安心して申し込めます。

対象エリアに大きな差はない

通信が可能となる対象エリアはどちらも同じです。

ただしワイモバイルのポケットWi-fiは無制限通信できるエリアが限られているので注意しておきましょう。

【ポケットwi-fi(ワイモバイル)の対象エリア】

全てのエリアで無制限の通信を行うには「アドバンスオプション」という月684円の有料オプションに加入しなければなりません。オプション未加入の場合は青色に塗られたアドバンスモード対応エリアでは通信制限がかかるので要注意。
ポケットWi-fiのエリア確認はこちら

【WiMAXの対象エリア】
WiMAXのエリア確認はこちら

まとめ

ポケットWi-FiもWiMAXもどちらも持ち運びができる無線ルーターという意味では同じものですが、ポケットWi-Fiはワイモバイルの商標です。

その他にもご紹介したように金額やキャンペーン、契約内容などに違いはありますが自分に適したものを選ぶといいでしょう。

どちらがいいのか迷ったら、WiMAXがオススメ。

WiMAXは月額料金が安く高額キャッシュバックを行っている代理店もあります。

申し込み後20日以内であればキャンセルもできるので、実際に試した上で納得して使うことができます。

高額キャッシュバックがあればよりお得ですし、使用し続けるなら月額料金ができるだけ安い方がいいですよね。

通信制限を気にせずゲームや動画など様々なインターネット通信を楽しむためにも、WiMAXの導入を検討してみてくださいね。

高額キャッシュバックのGMOとくとくBBWiMAX申し込みページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください