ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiを使ってパソコンをインターネットに接続する手順

ポケットWi-Fiは端末があれば、インターネットに接続できる便利なものです。

すでに端末を持っていて、「パソコンをインターネットに接続して使いたい」という人もいるのではないでしょうか。

結論からいうと、ポケットWi-Fiを使って無線LANに対応しているパソコンをインターネットに接続するには、パソコン側で無線LAN接続をする設定を行わなくてはなりません。

本ページでは、ポケットWi-Fiでパソコンをネット接続する方法について紹介します。

接続方法が解らなくて困っている方、ポケットWi-Fiを活用してパソコンをネットに繋いで利用したいと検討している方はチェックしてみて下さい。

まだポケットWi-Fiを持っていない人、選び方はこちらからお読みください。

パソコンが対応しているか確認しよう

Wi-Fi接続するためにはパソコンがWi-Fi対応している必要があります。

持ち運びがしやすいモバイルノートパソコンや比較的新しいノートパソコン等はほぼ対応していますが、古いノートやデスクトップパソコン等は対応していない場合があります。

パソコンを立ち上げて右下にWi-Fiのマークが付いているか確認しましょう。

※windws10のWi-Fiマーク

※windows7のWi-Fiマーク

いずれも未接続の場合でも対応していれば表示されます。

未対応のパソコンは外付けで子機を付ける

デスクトップパソコンの場合Wi-Fiに対応していないことが多いです。

未対応のパソコンはアマゾン等で1,000円前後で買えるWi-Fi子機を利用しましょう。

ポケットWi-Fiでパソコンをネット接続する方法

ポケットWi-FiとWi-Fi対応PCがあれば接続することは可能です。

スマホやタブレットに比べて、PCは設定が複雑で分かりづらいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際の手順はたったの2しかなく、非常に簡単です。

下記では、ポケットWi-Fiでパソコンをネット接続する方法を説明しているので、具体的な手順をみていきましょう。

①ポケットWi-FiのSSIDとアクセスキーを確認する

まず、ポケットWi-Fiの端末に電源を入れます。無線LAN機能が有効になると、ポケットWi-Fiがネット接続を開始します。

次に電源が入ったら「SSIDとアクセスキー(パスワード)」を確認してください。

それぞれは、下記のような役割をしています。

  • SSID:ポケットWi-Fiに割り当てられた名前で英数字
  • アクセスキー:Wi-Fiに接続するときに必要になるパスワード

SSIDで自分のWi-FIを確認したら、セキュリティーキーを見てください。

できれば、ポケットWi-Fiの画面に表示させておくか、メモを取っておきましょう。

SSID、アクセスキーはポケットWi-Fi本体の操作によって表示することができます。

一般的には無線LANの設定、無線LANの情報等の項目から表示することが可能です。ボタン、メニューは少ないのですぐわかると思いますが、表示方法が分からない場合は説明書などを確認しましょう。

②パソコン側でWi-Fiに接続する設定を行う

SSIDとセキュリティーキーをチェックしたら、パソコン側の設定をします。

無線LAN機能を有効にしてインターネットに接続しましょう。OSによって設定方法は違います。

WindowsとMacの場合をそれぞれ説明するので、確認してください。

Windowsの場合

デスクトップ画面(起動時の待機画面)の右下にあるWi-Fiマークをクリックします。

※下画像はWindows10のもの。Windows7でも同様のマークがあります。

クリックすると現在受信しているWi-Fiを選択する画面が表示されます。ここに表示されている英数字がSSIDです。

ポケットWi-Fiの電波がしっかり飛んでいれば、本体で確認したSSIDがここに表示されます。

受信したいWi-FiのSSIDが確認できたら後はアクセスキーを入力するだけです。

※SSIDをクリックすると下のような画面が表示されるのでWi-Fi端末で確認したアクセスキーを入力。

正確に入力が出来たらこれだけでWi-Fi接続が可能です。

 

上記の方法はWindows10の場合ですが、Windows7/8でも同様の手順で接続が可能です。

Macの場合

デスクトップ上部にあるメニューバーから電波のアイコンを選択「ネットワーク」を開きます。

Wi-Fiを選択し、Wi-Fiを「入」に設定してください。ネットワーク名のプルダウンリストから①で確認したSSIDを選択し、セキュリティーキーを「パスワード」に入力して「接続」をクリックします。

おすすめのポケットWi-Fi

ご紹介したように簡単な設定でポケットWi-Fiとパソコンをつなぐことができます。気軽にパソコンでネットができるので、外出先で使用することはもちろん、固定回線代わりとしてポケットWi-Fiを使用することもオススメです。

ポケットWi-Fiの代表格であるWiMAXのおすすめプロバイダをいくつか紹介します。

月額料金重視ならBroadWiMAX

通常WiMAXでは月額4,000円前後ですが、BroadWiMAXの月額料金は2,726円~。3ヶ月以降は3,411円になりますが、それでも安いです。

  • 1~2ヶ月  :2,726円
  • 3~24ヶ月:3,411円
  • 25ヶ月以降:4,011円

月額料金が安いので、後述するキャッシュバックはついていません。

とにかく月額料金が安いものを選ぶのならBroadWiMAXがおすすめです。

BroadWiMAXの公式サイトはこちら

キャッシュバック重視ならGMOとくとくBB

WiMAXは契約時にキャッシュバックがあることで有名ですが、その中でも一番お得なのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは契約時のキャッシュバックが39,500円。他プロバイダと比べても頭1つ抜けています。

  • 1~2ヶ月  :3,609円
  • 3~24ヶ月:4,263円
  • 25ヶ月以降:4,263円

キャッシュバック重視でお得に使いたい人はGMOとくとくBBを選びましょう。

⇒GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンを見てみる

総額で見るとキャッシュバックの方がお得

月額割引のBroadWiMAXと、キャッシュバックのGMOとくとくBB。実際にどちらがお得なのか気になるところです。

2年間の総額で見てみると、BroadWiMAXが79,894円、GMOとくとくBBが61,504円となるので、2万円ほどGMOとくとくBBの方がお得になります。

しかし、キャッシュバックを受け取るのは契約から約1年後になり、メールにて所定の手続きが必要になります。

その手続きを忘れるとキャッシュバックはもらえないため、結局高くなってしまうリスクがあるのです。

キャッシュバックの受け取り手続きが面倒、忘れそうという人はBroadWiMAXで月額料金の割引を受けておくと良いでしょう。

まとめ

ポケットWi-Fiとパソコンを接続する方法は非常に簡単です。外出先でパソコンを使いたい方、固定回線代わりにWi-Fiを使いたいと考えている方はぜひポケットWi-Fiを入手してみましょう。

また、パソコンとポケットWi-Fiをセットで使用することを検討している場合は、本ページでご紹介したようなセット販売をチェックすることをオススメします。

別々に購入するよりもお得になるケースが多いですし、すぐにパソコンとWi-Fi機器の2つを同時に手に入れられます。

パソコンとのセット販売を行っているWi-Fiルーターはたくさんありますが、選べるパソコンの種類が限られていますし、キャンペーンが充実していないこともあります。

オンリーモバイルのように高額なキャッシュバックキャンペーンを実施している場合はお得ですが、キャッシュバック自体が無い場合もあるのでキャンペーン内容などもしっかりチェックしておくといいでしょう。