ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiを紛失した時はどうすればよい?知っておきたい事から緊急連絡先まとめ

ポケットWi-Fiを紛失してしまうと、外出先でWi-Fiにつなぐことができないだけでなく、プロバイダへの連絡や解約手続きなどの手間が発生してしまいます。

焦ってしまう気持ちは非常にわかりますが、まずはひとつ一つ対応していきましょう。

そこで、今回の記事では、ポケットWi-Fiを紛失した場合の対処方法についてご紹介します。

具体的には、

  • ポケットWi-Fiを紛失した時にやるべきこと
  • ポケットWi-Fiの連絡先一覧
  • 見つからなかった時に知っておきたいこと
  • ポケットWi-Fiをなくさないためにできること

の順番にご紹介します。

ポケットWi-Fiを紛失してしまった方の参考になれば幸いです。

ポケットWi-Fiを紛失した時にやるべき事

ポケットWi-Fiには、残念ながらスマートフォンのような追跡機能がありません。

そのため、探すためにはアナログな方法がメインとなります。

また、プロバイダへの連絡も必須です。

具体的にやるべきことは、以下の4つ。

  • Wi-Fi接続情報を確認する
  • 交通機関に連絡
  • 警察に届け出
  • プロバイダへ連絡

それぞれ詳しくみていきましょう。

本当に無くしたのかWi-Fiの一覧を確認してみる

何度も探したかと思いますが、改めてもう一度探してみましょう。手元に無いだけで、意外と近くに落ちているケースもあります。

まずは、普段ポケットWi-Fiに接続しているデバイスのWi-Fi接続情報を確認してみるのがおすすめ。

まだWi-Fiが接続されている場合は、近くにある証拠です。もしつながっていない場合は、残念ながらどこかで落としている可能性が高いです。

交通機関に連絡する

デバイスのWi-Fi接続情報を確認して近くにないことが判明したら、これまで利用していた交通機関へ連絡してみましょう。

電車やバスで忘れた場合、忘れ物センターに届いている可能性があります。もし紛失したのを当日気づかなくて、数日経った場合でも連絡するのがおすすめです。

数日間は保管している場合が多いので、ぜひ連絡してみてください。

警察に届け出を出す

近くを探しても、交通機関に連絡しても見つからない場合は、近くの交番で遺失届を提出しましょう。

落し物として、警察に届けられている可能性があります

紛失したポケットWi-Fiが手元へ返ってくる可能性を少しでも高めるために、面倒くさがらずに警察へ遺失届を提出しましょう。

プロバイダに連絡する

ポケットWi-Fiを探すことと並行して、プロバイダにも連絡をしておきましょう

ポケットWi-Fiを紛失してから、見つかる気配が無い場合、第三者に悪用されている可能性があるからです。速やかに回線を停止してもらいましょう。

各ポケットWi-Fiの緊急連絡先

ポケットWi-Fiのプロバイダの緊急連絡先を一覧にしました。

プロパイダ 連絡先 受付時間
Broad WiMAX 0570-783-055 11:00 ~ 18:00(月~土 / 年末年始は除く)
BIG LOBE 0120-86-0962 9:00~18:00
(年中無休)
GMOとくとくBB 0120-377-109 10時~19時(年中無休・携帯電話、PHSからの連絡もOK)
UQ WiMAX 0120-929-818 9:00~21:00(年中無休・紛失、盗難は24時間受付可)
So-net 0120-08-0790 9:00~18:00 (1月1日、2日および弊社指定のメンテナンス日を除く)
Nifty 0120-50-2210 10:00~19:00
(年中無休)
カシモ WiMAX 03-6693-0480 10:00~19:00
(年末年始除く)
au WiMAX 直接お近くのショップへ
ソフトバンク ポケットWi-Fi 0800-919-0113 24時間自動受付(オペレータと会話したい場合は9:00~20:00)
Yahoo!Wi-Fi 0120-736-020
044-330-3621
9:00~20:00(年中無休)
Y!mobile ・ワイモバイルの電話から:116
・他社の携帯電話、固定電話などから:0120-921-156
・海外から:+81-44-382-0414
24時間年中無休

契約しているプロバイダの連絡先と受付時間を確認して、連絡をしましょう。

基本的にどこも電話対応を受け付けていますが、一部店舗で直接手続きをしなければならないサービスもあります。

見つからなかった場合に知っておきたい事

ポケットWi-Fiが、見つからなかったと言ってもそこで終わりではありません。

端末保障サービスに入っていた場合は、サービス内容を確認する必要があります。もし端末保障サービスに入っていない場合は、解約後の違約金の話などをしなければなりません。

紛失した後の対応もひとつ一つ対応していきましょう。

端末保障サービスに入っていませんか?

まずは、端末保障サービスに入っているかを改めて確認します。

全てのプロパイダが保証サービスを提供している訳ではありませんが、一部のプロパイダでは同型の機種を保証してもらえたり、上限1万円のお見舞金がもらえる可能性があります

見つからなかったポケットWi-Fiは解約扱いになる

ポケットWi-Fiを紛失し、見つからなかった場合は残念ながら解約扱いになります。

解約扱いとなるため、違約金が発生します。違約金は、プロバイダや契約期間によって異なるため確認しておきましょう。

今後ポケットWi-Fiを無くさない為には?

では、今後ポケットWi-Fiを無くさないためにはどのような対策方法があるのでしょうか。

実は、紛失防止デバイスと呼ばれるものが存在しており、キーホルダー型やシール型の物を取り付けることで、取り付けたものをスマホで位置情報を確認出来ます

紛失防止デバイスで人気を集めているのは、MAMORIOです。

MAMORIOは、いつどこで無くしたかをスマホートフォンで知らせてくれるデバイスです。スマートフォンにアプリをダウンロードして、利用します。

MAMORIOの特徴は、大きく3つ。

  • MAMORIOがスマホから離れたらお知らせしてくれる
  • 1時間ごとに位置情報を記録している
  • 検索機能があり、MAMORIOを見つけられる

MAMORIOは、一定時間スマホで検知できなかった場合にアプリへプッシュ通知を行います。

また、1時間ごとに位置情報を記録しているため、どの地点まではMAMORIOが手元にあったのかを確認できます。

さらに、MAMORIOには「みんなで探す機能」と「MAMORIOスポット」の機能があり、発見しやすくなっています。

落し物が多い方は、ポケットWi-Fiに限らず、財布や鍵などの貴重品につけておくのがおすすめです。

まとめ:見つけるための手続きを済ませた後は速やかに回線を停止しましょう

ポケットWi-Fiを紛失して見つからなかった場合は、違約金だけでは無く新たに契約する為の費用もかかり、無駄な出費が重なります

とはいえ、紛失する人為的なミスを100%なくすことは不可能ですので、対策を考えておきましょう。

普段から忘れ物などが多い人は今後、ポケットWi-Fiの端末保障サービスや紛失防止デバイスを利用して対策するのがおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください