ポケットWi-Fiまとめ

やさしくねっと.

目的別おすすめポケットWi-Fiまとめ

 

img_20160919_143924

ポケットWi-Fi(モバイルルーター)は持ち運びが出来るインターネットとして非常にコスパが良く便利ですが、販売している会社やプランがたくさんありすぎてよくわからないと感じている人は多いと思います。

本ページでは主にガシガシ使いたいヘビーユーザー向けの通信制限なしプランと、7GBで制限が掛かるライトユーザー向けのプランを中心におすすめを紹介したいと思います。

月間速度制限なしのプラン(ヘビーユーザー向け)

wimax2

始めに月間通信制限なしのプランから紹介します。

無線タイプのインターネット(ポケットWi-Fi)で通信制限なし、無制限としているのは主に下記の2つがあります。

が、いずれも3日間で3GBの通信制限はあります。

WiMAXギガ放題が圧倒的にオススメ

月間通信制限なしの無線タイプのインターネットでは圧倒的にWiMAXがおすすめです。

2016年1現在WiMAXには二種類の定額プランがあり、それが後述の『Flatツープラス』と今回紹介する『Flatツープラス ギガ放題(以下ギガ放題)』です。

WiMAXのギガ放題は基本的に二年契約で月額料金は4,380円(税別)ですが、プロバイダ(WiMAX提供業者)によっては新規申込特典によりこれよりも安く利用することが出来ます。

参考記事:WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきこと

WiMAX登場時、そして最新バージョンであるWiMAX2+登場時(2013年10月~)は他の回線(ドコモやau、Softbank)等と比較してエリアが狭いことがよく取り上げられていましたが、現在では都市部(地方都市を含む)であれば他と比較しても遜色ありません。

そればかりか、インターネット専用回線ということもあって回線品質は非常に高いです。通信速度は最大220Mbpsとなっており、環境にもよりますがHD動画の視聴も問題なく可能です。

WiMAXの中でもso-netが安くておすすめ

WiMAXは現在auショップや家電量販店の他、so-netやビッグローブ等数多くの企業、プロバイダ業者で契約を受け付けています。

その中でもインターネット回線のプロバイダ業者として知名度の高いso-netは信頼性があり、月額料金が安くなると言う分かりやすさで人気です。

私(運営者)もWiMAXはso-netから申し込みをしました。

参考記事:評判が良かったso-netのWiMAXを契約してみたので申込方法等解説

『ギガ放題』の場合利用開始月はなんと無料、翌月と翌々月は2,980円、その後24ヶ月目までは3,680円(それぞれ税別表記、WiMAX料金にso-netモバイルコース料金を加算)で使用可能となっており利用開始月以外は毎月600円ほどお得となっているのが分かります。

ちなみにso-netのウェブサイトを見るとさらに安い月額料金で表記されていますがそれには『so-netモバイルコース料金(月額200円)』が含まれていないので注意が必要です。

⇒so-net WiMAXの公式サイトはこちら

WiMAXギガ放題の解約料金

WiMAXは基本的に2年契約です。解約月以外で解約してしまった場合の違約金は最大で19,000円(税別)。他回線だと最大で40,000円(端末残金を含む)を超える場合もあるので、この金額は比較的良心的なものと言えるでしょう。

また、他キャリアの制限無しプランにも往々にして言えることですが、月単位では制限無しでも直近三日間で3GB以上のデータ通信があった場合には一定期間(WiMAXの場合は翌日昼頃から翌々日昼頃まで)速度制限が適用されますので注意が必要です。

Yahoo!Wi-Fiの502HW

かつて『ポケットWi-Fi』と言えばイーモバイルという時代があり(そもそも『ポケットWi-Fi』という言葉自体がイーモバイルの登録商標だったりします)、その後イーモバイルはさまざまな経緯を経てY!mobileとなりました。

Y!mobile取り扱い機種は同系列のsoftbankやYahoo!Wi-Fiでもほぼ同等の契約が可能となっていますがオプションや月額料金に若干差異があり少々わかりにくくなっています。

その中でも速度制限なしで行くのであればYahoo!Wi-FiとY!mobileから販売されている502HWがおすすめです。

Yahoo!Wi-FiとY!mobileは機種ごとで契約できるプランが異なりますが、『502HW』という機種だと月額4,380円(税別)でデータ通信量上限無しとすることが可能です。

さらに2016年10月現在では契約から六ヶ月間割引キャンペーンが適用されるので月額3,696円(税別)で使い放題とますますお得になっており積極的に活用すべきと言えます。

注意点としてこの機種はLTEとAXGPという二種類の電波帯に対応していますが上限無しでデータ通信が可能なのはAXGPのみです。

都市圏はある程度押さえているとは言えLTEはもちろんWiMAX2+と比べても範囲が狭いので契約前にエリアをよく確認しておきましょう。

ちなみにsoftbankでも似たような価格帯で『4G/LTEデータし放題フラット』プランによるY!mobile端末契約が可能ですが、こちらは名前から受けるイメージとは違い月7GB制限があります。



下画像がワイモバイルのAXGPのエリアです(Softbankの子会社であるWIRELESS CITY PLANNINGから確認することが出来ます)

axgp%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%a2

下画像はWiMAX2+ギガ放題のエリアです。

wimax2エリア1

価格重視の通信制限ありプラン(ライトユーザー向け)

続いて比較的安価な通信制限のあるプランについて解説します。

Y!mobile系列の401HW

Y!mobileで月額料金最安のプランは『401HW』という機種で契約できる『Pocket WiFiプランSS』で月額2,480円(税別)です。

本来は月5GBまでですが現在は『Pocket WiFiメガ得キャンペーン2』の適用により7GBまでとなっています。

この端末は主流のものよりLTE通信速度・Wi-Fi通信速度ともに遅めなので速さを重視される方は気をつけましょう。

Yahoo!Wi-Fiだと同機種同プランで月額3,696円(税別)と割高ですが『Yahoo!プレミアム会員』(月額462円)の方であれば月額2,480円(税別)、さらに契約から六ヶ月間は1,980円(税別)と逆に最安値になりますので以前から会員だった方はYahoo!Wi-Fiで契約するのがオススメです。

⇒Yahoo! WiFiのお申し込み・詳細はこちら

Y!mobileで『401HW』以外のポケットWi-Fi

Y!mobileで上限無しプランの契約が可能な『504HW』や『502HW』は月7GB制限の『ポケットWiFiプラン2』というプランでも契約が可能であり、その場合は月額3,696円(税別)です。

性能はこちらの方が優れているとは言え上記『401HW』の2,480円(税別)と比較してしまうと価格重視で使うには少々魅力が薄いかもしれません。価格と性能のバランスを重視したい場合には検討してみると良いでしょう。

WiMAXの『Flatツープラス』

WiMAXには上記の『ギガ放題』のほかに月7GBまでは制限がかからない『Flatツープラス』があり、UQコミュニケーションズ直だと月額3,696円(税別)です。

こちらは『ギガ放題』のようにso-netから契約しても同内容で月額3,695円(税別、so-netモバイルコース料金を加算)とほぼ同額ですが、利用開始月が無料なぶん若干so-netの方がお得と言えるでしょう。

WiMAXはY!mobileと違い機種ごとのプラン固定ではないので高性能な機種でも月額料金を抑えめにして契約できるのは嬉しいポイントですね。

まとめ

毎月7GB以上データ通信を行うヘビーユーザーならso-net経由のWiMAX『Flatツープラス ギガ放題』がオススメです。

大元のUQコミュニケーションズによるWiMAXより月額料金が安く、Y!mobile系列と比較しても価格・エリアともに優れています。

⇒so-net WiMAXの公式サイトはこちら

一方、価格重視でいくならY!mobile系列の『Pocket WiFiプランSS』で決まりでしょう。

月7GBで月額2,480円(税別)という金額は格安sim(月7GBで月額1,900円前後)によるsimフリーモバイルルーターと比べてもさほど差が生まれず、端末代を考慮すればむしろこちらの方が安く済むほどです。

注意点としては二年ではなく三年契約となること、そして違約金が他キャリアと比べて高額となる傾向にあることです。逆に言えば数年単位で使い続ける予定なら特に心配する必要は無いと言えるでしょう。

⇒Yahoo! WiFiの公式サイトはこちら

 

ポケットWi-Fi    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。